1. さよならさえも言えなくて歌詞

「さよならさえも言えなくて」の歌詞 sacra

2005/6/8 リリース
作詞
木谷雅
作曲
木谷雅
文字サイズ
よみがな
hidden
あらいざらいをして
きみかいってはなしあえばよかった
つらいことからして
よる彷徨さまよってうつむいてはいてた

どんなふうつたえりゃいいのかも
からないでひとふるえてた
ああ いつも
ぼくきみきみぼくあまえていたんだろうか

さよならさえもえなくて
またえるようながして
はなれていく背中せなかてた
あたりまえのものなどない
気付きづいたとこでもうおそ
運命うんめいひと そうめていたはずなのに

たのしかったことばかり
おもしちゃうんだ
わらごえがこだまする

たがいにしたとげかないよ
だってこんなかなしいうたはふたついらない
つけるたび みるたび背負せおってく罪悪感ざいあくかん

とき母親ははおやのようなひと
とき子供こどもひとみをした
えらんだみちただしかったのかな
きみ出逢であえてよかった
いつわらないでえるから
しあわせになってくれよ きっと こころから

自分自身じぶんじしんきずつくことより
きずつけるほうこわかったよ いつも
ぼくきみきみぼく
本当ほんとうあいしていたんだ

さよならさえもえなくて
またえるようながして
はなれていく背中せなかてた
きみ出逢であえてよかった
べつみちあるした
二人ふたりまえ あいわらずに
明日あす