1. 歌詞検索UtaTen
  2. sacra
  3. 夏の幻歌詞

「夏の幻」の歌詞 sacra

2005/9/7 リリース
作詞
木谷雅
作曲
足土貴英
文字サイズ
よみがな
hidden
たった一度いちどきりの人生じんせい 悪戯いたずらみたいな運命うんめい
かぜ歌声うたごえまぎ悪魔あくまこいうた
このぼくがまとってる正義せいぎがまがいものだとしても
全力ぜんりょくであなたのすべてをまもろうとしていた

わらって茶化ちゃかして大事だいじ話題わだいにごして
それでもつながっていたいとおもったなつ
あなたのこころ裸足はだしけた日々ひび

短命たんめい花火はなびのこけっしてやさぬようにと
次々つぎつぎそそいでく情熱じょうねつ "あいとはちがうかなあ"
ひざあたりくらいまでらして波打なみうぎわはしゃいで
水面すいめんかんでた満月まんげつ ながめていたっけな

じつはさ どこかで気付きづいていたんだよ
二人ふたりこい永遠えいえんじゃないと
子供こどものようにあまえる仕草しぐさ余計よけいにこのむねをしめつける

神様かみさまわなあやまちのさがとおけて あまいキスを
さよならの言葉ことば せるなみがさらったなら あついキスを

たった一人ひとりきりの部屋へや自分じぶんむねあて
映画えいがのフィルムのなか二人ふたりもどしていたんだよ
おもみこんだリストバンドあらながすとしても
きっとあのときあつおも生涯しょうがいえないでしょう

あなたもどこかで気付きづいてしまったね
二人ふたりこいなつまぼろし
言葉ことば途切とぎれて なみだがこぼれて
夜風よかぜがこのむねける

神様かみさまわなあやまちのさがとおけて あまいキスを
さよならの言葉ことば せるなみがさらったなら あついキスを
こんなときがいつかおとずれるものとっていたから あついキスを

さよなら さよなら 二度にどとはもどれない
出逢であった場所ばしょにはかえれないから
ありがとうなつ
あなたのこころ裸足はだしけた日々ひび
ふるえるこころきしめた日々ひび