1. 歌詞検索UtaTen
  2. sumika
  3. 下弦の月歌詞

2018.4.25 リリース

「下弦の月」の歌詞 sumika

iTunesで購入
曲名
下弦の月
アルバム
Fiction e.p
金額
¥255
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
「おはよう」
テレビのなかのキャスターはうんだよ
ぼくはまだ30

きみはどう?
かみかして
あさしらせを
素直すなおいているの

つながれて
って
せるように
じゃれていた

時計とけいはり
6
あかるみしたそら
二人ふたり愚痴ぐち
こぼしていた

このままよるのまま
あさないようにふたをして
って
いだって
時計とけいにらんでは
子供こどものようにまた
駄々だだをこねる

このままよるのまま
あさないようにふたをして
ああでもない
こうでもない
二人ふたりった
カーテンの隙間すきまから
かぶ
下弦かげんつき

「おはよう」
挨拶あいさつよりもしなやか
きみのその寝癖ねぐせ

おだやかな気持きもちで
「やれやれ」
みずにつけて
ぐしかした

ああ
何度なんどやんだって
何度なんどしんだって
何度なんど見返みかえしたって
わらない今日きょう

ねむらせられない
わらせられない
ぼくだけが
ばくだけがまだ

それでもあさ
ねたかみ一人ひとりかして
おなじような寝癖ねぐせをつけていた
ひとのこと
おもして
またかしつけている

あのみたつきのような
ねたかみいま何処どこにいて
ああでもない
こうでもない
だれなか
うでなか
むねなか

下弦かげんつきした

かげんのつき/すみか

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:下弦の月 歌手:sumika

リンクコード:

ブログ用リンク:

sumikaの特集

sumikaの特集を全て見る