1. 歌詞検索UtaTen
  2. the GazettE
  3. 春雪の頃歌詞

「春雪の頃」の歌詞 the GazettE

2005/11/23 リリース
作詞
流鬼.
作曲
大日本異端芸者の皆様
文字サイズ
よみがな
hidden
the day of graduation
「まだすこさむいね」とマフラーにかおめているきみ
ぼくとなりちいさくこごおも将来しょうらいはな
なにげなくごし、あたりまえのようにおもってた三年さんねんかん
いまじゃその大事だいじさ、はかなさに気付きづさびしさがにじ

きみおもい、きみつなげないかくした
あるれたはずの坂道さかみちもやがてとおくなって…

きみわらぼくもふざけて真似まねしてみた
かえやわらかい空気くうき裏側うらがわでは いつも
アルバムをひらなつかしさにひたないでしいと
つよねがっていた
おもの1ページじゃあまりにもさびしいと こころいてた

いつもより すこながきみ背中せなか見届みとどけた
見飽みあきてたかえみちも あともうすこしなんだね
きみおもい、きみれ、またおもい…。とどかなくて
かぞえたらきりの不器用ぶきようぎるあお日々ひび

ずっとずっとわらず ずっと このままでもいいから…
せめてきみわすれないで 記憶きおく欠片かけらじゃ かなしい

春雪しゅんせつはな三月さんがつわかれの
たくさんの「さよなら」はえないおもになる
きみおもい、きみれ、きみあるいたこのみち
こころからきでした」 せなかったこと

ずっとずっとわらないものなんていと理解わかってる
おもたび がれるむね
アルバムひらけばそこに…

一枚いちまいだけの卒業そつぎょう写真しゃしん 満開まんかい春雪しゅんせつした
きみぼくあお日々ひびのまま せない笑顔えがおあふれてる