1. 歌詞検索UtaTen
  2. 鈴木紀代の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

鈴木紀代の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

121 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

灘のおとこ節

みやま健二

歌詞:播州平野の ど真ん中 太鼓が響く けんか祭り 吹く風つめたい

花火

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:倖せ続くと 信じてた ひび割れ砕けた この心 淋しさ逃れて

赤・青・黄色の歌

柳澤純子

歌詞:赤のあの字はね あこがれのあ 赤信号だよ 交差点 止まれ止まれ

無人駅

柳澤純子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 岡千秋

歌詞:風に桐一葉 舞い落ちて 終わった恋を 知る私 愛した胸に

じょんから未練

越川ゆう子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:恋もしました 夢も見た 涙にまみれた 明日への扉 津軽中里

望郷ひとり言

越川ゆう子

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:寄る辺なくした 都会の隅で ぽっかり穴が 空いた胸 諦め切れない

古傷

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:まぶたにおまえが 浮かぶ夜 心の古傷 また痛む… 別れちゃいけない

生かされて

北島三郎

作詞: 鈴木紀代

作曲: 原譲二

歌詞:昭和 平成 令和へと 時節も移り 道のりは

向かい風

北島三郎

作詞: 鈴木紀代

作曲: 原譲二

歌詞:広い世間の 片隅で 日暮れに吹く風 向かい風 先の見えない

笑顔の花

古都清乃

作詞: 鈴木紀代

作曲: 岡千秋

歌詞:つめたさ寒さを 耐える冬 春に華やぐ 淡墨桜 つぼみが一輪

雪の交差点

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:雪がはらはら 肩に舞う 行く人来る人 曲がる人… 別れたあの女

三年たったらここで…

浅田あつこ

歌詞:バカね… あなたと私 愛し合ってる はずなのに ダメね…

泣くんじゃないよ

北川大介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 叶弦大

歌詞:星を見上げて 泣いてたね 母さん恋しと 泣いてたね うぶで無邪気な

網走3番線ホーム

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:君への電話も つながらないし 胸に不安が 又よぎる 願いは一つ

あゝおふくろよ

みやま健二

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:おふくろを 楽にしたくて 俺は故郷 後にした 一人前に

太鼓男祭り

みやま健二

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:一年一度 男が燃える 四国新居浜 秋まつり 心を合わせて

正念場

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:夢とロマンを 追いかけて あの日故郷 後にした 雨の日風の日

夕霧挽歌

パク・ジュニョン

作詞: 鈴木紀代

作曲: hanzo

歌詞:釧路駅から 北大通り 足が覚えた 道を行く おまえに逢える

私も女

可愛ゆみ

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:私の心に 棲みついた あなたを追いだし切れないの… 男ぎらいと 言われるけれど

下北ひとり

可愛ゆみ

作詞: 鈴木紀代

作曲: 西つよし

歌詞:野辺地の駅を 後にして 各駅停車で 大湊 泣いて泣いて泣いて

いさりび鉄道

浅田あつこ

作詞: 鈴木紀代

作曲: 杉尾聖二

歌詞:北へ北へ ひたすら北へ 女が一人 旅をする 足がおぼえた

野付半島

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:根室海峡 潮風受けて 君と歩いた 野付半島 かすかに見える

風蓮湖

山内惠介

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:釧路 厚岸 霧多布 人もまばらな バスに乗る

灯り

坂井一郎

作詞: 鈴木紀代

作曲: 叶弦大

歌詞:本気で生きて 来た道で 待っていたのは 落とし穴 真っ暗闇で

男の日記帳

坂井一郎

作詞: 鈴木紀代

作曲: 叶弦大

歌詞:今夜は男の 日記帳 何故か読みたく なった俺 ページを重ねた

絆道 -きずなみち-

飛鳥とも美

作詞: 鈴木紀代

作曲: 岡千秋

歌詞:たとえ火の中 水の中 命にかえても 守り抜く いくつになっても

恋はぐれ

森進一

作詞: 鈴木紀代

作曲: 森進一

歌詞:身もだえするほど 好きだった 男の背中の そっけなさ 倖せ束の間

日豊本線

池田輝郎

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:小倉駅から 列車に乗れば おまえの面影 また浮かぶ 惚れているのに

叱り酒

松尾雄史

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:日暮れを待てずに 昨日も今日も 赤提灯の 暖簾をくぐる 夢に向かって

肥前路の女

松尾雄史

作詞: 鈴木紀代

作曲: 水森英夫

歌詞:泣き泣き別れた 佐世保の駅で いるはずもない 君をさがしてる バカだった