1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 男性アイドル
  4. 歌詞コラム

特集一覧 男性アイドル & 歌詞コラム

【歌詞コラム】会社で働く毎日、アラシのオススメは「ナイスな心意気」

嵐が漢字の嵐としてではなく、カタカナの「アラシ」名義で発売したシングルがあるのをご存知だろうか?それは2002年4月17日に発売された、通算8枚目のシングル「ナイスな心意気」だ。この楽曲は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のエンディングテーマになっており、グループ初のアニメタイアップソングだ。

【歌詞コラム】KinKi Kids なら表現できる!一流の音楽家が彼らに託す訳とは!?

KinKi KidsはKinKi Kidsを超えていく。常に自らの作り上げた“KinKi Kidsのクオリティ”を更新し続ける彼らのベスト。ベストアルバムを作るタイミングがだんだん早くなる傾向にある音楽業界でも、本当の意味でベストだといえる作品がどれだけあるだろうか。

【歌詞コラム】7人の総力戦で挑むこれからのキスマイの音楽的可能性をこれでもかと押し広げた革新的アルバム!

5周年を盛大に駆け抜け、新たな一歩をどんなカタチで踏み出すのか。周年というイベントの次の一手というものは、アーティストにとってかなり重要な意味を持つ。今までとガラッと変わった世界観で驚かせるのか。斬新なコンセプトを通して新たなイメージを作り出すのか。

【歌詞コラム】みんなに『Thank youじゃん!』鈴木おさむがキスマイに託した言葉とは?

2014年末にKis-My-Ft2が12枚目のシングルとしてリリースした『Thank youじゃん!』。実は現在彼らの中で唯一、デビュー曲「Everybody Go」の初動売上記録を超えたシングルとなっている。 作詞は彼らの冠番組の構成も務める放送作家、鈴木おさむ。キスマイ直属の先輩であるSMAPの楽曲でも何度か詞を提供している。しかしそれ以外のジャニーズにおいて、しかもシングルの作詞というのはこれが初めてのことだった。

【歌詞コラム】Zeroから始めたABC。A.B.C-Z『明日の為に僕がいる』に秘められた物語

A.B.C-Zの『明日の為に僕がいる』という曲を、おそらくファン以外に知る人はまだ少ないだろう。この曲は彼らがデビュー前から歌ってきた曲であり、A.B.C-Zというグループの歴史の始まりを飾った曲でもある。

【歌詞コラム】世界が終わる最後の日だとしても、お前を愛す!デビュー曲「Live For You」に込められた龍雅の決意

エイベックスと男性アーティスト専門ネット番組「だんぜん!!LIVE」、May J. やクリス・ハートが所属する「NEW WORLD PRODUCTIONS」が主催の「DANZEN AUDITION 2015」にて選ばれた5人によって結成されたのが、男性ダンスボーカルグループ「龍雅-Ryoga-」。メンバーは俳優としても活躍する井出卓也、ダンスボーカルグループ「Vimclip」の元メンバー・三谷怜央、KRUMPというジャンルのダンスで世界2位の実力を持つ後藤慶太郎、そしてオーディションで選ばれた新人・岸本勇太と清水啓太の5人だ。