1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. 歌詞コラム

特集一覧 女性アイドル & 歌詞コラム

夢みるアドレセンスが『教えてシュレディンガー』で歌う「ハコ」の意味

夢みるアドレセンス、通称夢アドは5人組アイドルグループ。アドレセンスは思春期の意味で、メンバーが皆思春期であることから名がつけられています。2012年結成、2015年メジャーデビュー。

信じた道は愚直に進め。こぶしファクトリー『チョット愚直に!猪突猛進』

こぶしファクトリーは、ハロー!プロジェクト所属の8人組アイドル。2015年にメジャーデビューしたばかりの新星です。持ち曲はまだ少ないですが、明るい曲が多いのが特徴。 2016年2月発売のシングル『チョット愚直に!猪突猛進』も、このグループらしい勢いのある楽曲。この曲は、ヒャダインこと前山田健一作詞作曲です。もともと、つんくへの憧れがあり、アイドル楽曲を多く手掛けている前山田健一。特にこの『チョット愚直に!猪突猛進』に関しては、歌詞も曲調もつんくを意識しています。

文化祭ガールズバンドのありそうな風景を描く岩里祐穂の作詞術!Buono!『ロックの神様』

岩里祐穂はベテラン作詞家。2016年5月には自ら作詞した楽曲を集めたアルバム『Ms.リリシスト』をリリースしました。ももクロの『サラバ、愛しき悲しみたちよ』や大ヒットしたアニソン『創聖のアクエリオン』など、様々な楽曲の作詞を担当しています。

清竜人25が『A・B・Cじゃグッと来ない!!』で示した世界の構造

清竜人25は、清竜人がプロデュースするアイドルグループ。一夫多妻制アイドルという異色の形態をとります。 『A・B・Cじゃグッと来ない!!』は2015年発表曲。このグループの代表曲の一つです。アイドルソングでこのタイトルであれば、歌詞に「あいつらどこまでシテるの?」とあるように、ABCが何を指すのかが見当がつきます。俗にA=キス、B=ペッティング(愛撫)、C=セックスの隠語である、という恋愛の隠語としてのABC。この曲は、そういったいわゆる恋愛のABCの意味に加え、世の中がアルファベットにより成り立っていることを指摘しています。

AKB「恋チュン」より少し前に、駅の発車メロディーに使われていた乃木坂46の曲

3月31日から、東京メトロ日比谷線の秋葉原駅では、AKB48の楽曲「恋するフォーチュンクッキー」が発車メロディーとして流れています。それより少し前の3月26日、千代田線、乃木坂駅の発車メロディーとして流れたのが、乃木坂46の「君の名は希望」という楽曲です。

卒業する深川麻衣を重ねる歌詞。乃木坂46『ハルジオンが咲く頃』

乃木坂46は、AKB48の公式ライバルグループ。美人ぞろいで、清楚な雰囲気を持ち味としています。2016年3月発売の『ハルジオンが咲く頃』は、ストリングスを効果的に使った春らしい楽曲。深川麻衣の最初で最後のセンター曲であり、歌詞は深川麻衣の卒業を表現していると言われています。

勢いだけじゃない!夢みるアドレセンス『ファンタスティックパレード』のファンタスティック三段変化

夢みるアドレセンス、通称夢アド。タンバリンアーティスツ所属の5人組アイドルグループです。アドレセンスは思春期の意味。メンバーの年齢が10代なので、このグループ名がつけられています。「国民的大女優を目指す」というコンセプトがあり、メンバーはそれぞれドラマなどに出演しています。

乃木坂46『制服のマネキン』は身分違いの恋を叶える純愛ソング

乃木坂46の4thシングルである『制服のマネキン』。この曲は当時の乃木坂46にしてみれば、それまでの『ぐるぐるカーテン』や『おいでシャンプー』などからイメージをがらりと変えたシングルであった。歌のキーは低めに設定され、笑顔も極力抑えるというパフォーマンスになっている。

Yes Happy!(Lovelys!!!!)『natural may good』でハンバーグとカレーライスを作る

Yes Happy!(いえす はっぴー)は、アップフロント関西に所属する2人組ユニット。アップフロント関西は、ハロプロが所属するアップフロント傘下の企業。ハロプロとアーティスト同士の交流はないですが、ハロプロの曲をカバーしていたりします。所属アイドルは、関西地域で主に活動中。

バンギャがヘドバンする歌は、青春を音楽にかける歌でもある。BABYMETALの『ヘドバンギャー!!』

BABYMETALは、アイドルとメタルの融合をテーマにしたグループ。2016年4月に2枚目のアルバムをリリースし、自身初の東京ドーム公演を2016年9月に行います。

目指せチャンピオン!アップアップガールズ(仮)の『アッパーカット!』

アップアップガールズ(仮)はアップフロント所属の7人組アイドルグループ。ハロプロエッグ(現在のハロプロ研修生)を修了した7人で2011年に結成されました。知らない人には分かりにくいですが、元ハロプロ研修生でありながら、モー娘。等のハロプログループとは全く異なる道を歩んでいるグループです。(仮)は「かっこかり」と読み、ここまで含めて正式名称。いつか(仮)をとることを目標にしています。一般的知名度は低いものの、アイドル界隈ではよく知られているグループ。

泣き顔は見せないPop Star。チームしゃちほこの『Cherie!』

チームしゃちほこは、ももクロの妹分にあたる、スターダスト芸能3部に所属するアイドル。名古屋を拠点にしています。6人組ですが、2016年4月現在、めまい症で1人活動休止中。2016年4月7日に発売の『Cherie!』のMVでは、そんな休止中メンバーのカラー、ピンクをそれぞれのメンバー衣装に入れています。春らしい可愛い雰囲気の曲。CMJKの大胆なアレンジが曲をドラマチックに彩ります。

未知の道へ踏み出してみる勇気。「逆回転MV」で魅せるSKE48『未来とは?』

SKE48『未来とは?』は爽やかで疾走感のあるアップテンポな楽曲。明るく力強い前向きな歌詞が、ストイックさを売りにするSKE48にぴったりな曲だ。 そんなこの曲のMVは、砂時計で落ちるはずの砂が上へ吸い込まれてゆき、街を歩く通行人は前を向いているのに後方へ進んでいる。しかし、メインとして映っているSKE48メンバー達の動きだけは、映像の中では通常の動きをしているのだ。

これぞ中身たっぷり現代日本。LADYBABY『ニッポン饅頭』は食べればお腹いっぱい間違いなし。

LADYBABYは二人の少女とヒゲのオッサンからなる異色のアイドルユニット。代表曲『ニッポン饅頭』もインパクトのある曲です。メタルダンスユニットBABYMETALと比較されることもありますが、まったく関係ありません。しかし、ロック・メタル要素を取り込みつつ海外展開も狙うあたりは似ているとも言えます。

「でんでんぱっしょん」が「渇き。」に負けなかった理由

2013年リリースのでんぱ組.incの代表曲「でんでんぱっしょん」。 作詞は「もってけ!セーラーふく」や「ラブライブ」楽曲でも有名な畑亜貴。ラップ詞はディアステージ社長であるもふくちゃん。作曲はWinnersの玉屋2060%です。玉屋はでんぱに何度も楽曲提供した縁もあり、Winnersとしてでんぱと共演しています。