1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 桑田佳祐
  6. ディランにボウイ、三平まで!桑田佳祐が歌う『ヨシ子さん』って誰よ?

【歌詞コラム】ディランにボウイ、三平まで!桑田佳祐が歌う『ヨシ子さん』って誰よ?

このアーティストの関連記事をチェック

『白い恋人達』の祝福。桑田佳祐、冬のラ…

知れば知るほど好きになる!多彩な活動が…

桑田佳祐の新曲タイトル『ヨシ子さん』だぞ!2016年にこんなタイトルのシングル出せるのは桑田佳祐ぐらいなもんですわ。なんせ桑田佳祐が作詞作曲した曲には、『マンピーのG★SPOT』とかあるからな!こんなタイトルをシングルで出せるの、桑田佳祐がいるサザンぐらいだからな!

公開日:2016年7月19日 更新日:2017年5月23日


この記事の目次
  1. ・桑田佳祐 最新情報
  2. ・リリース情報
  3. ・桑田佳祐 Profile


桑田佳祐の新曲タイトル『ヨシ子さん』だぞ!2016年にこんなタイトルのシングル出せるのは桑田佳祐ぐらいなもんですわ。なんせ桑田佳祐が作詞作曲した曲には、『マンピーのG★SPOT』とかあるからな!こんなタイトルをシングルで出せるの、桑田佳祐がいるサザンぐらいだからな!



この『ヨシ子さん』もね。一見バカバカしいタイトルのふざけた曲にしか見えないわけだ。チキドン、エロ本とか言ってるしょーもねー曲にしか見えないわけだ。

でもさ。歌詞をよく見てくれ。

“R&Bって何だよ、兄ちゃん?
HIPHOPっての教えてよ もう一度
オッサンそういうの疎いのよ 妙に
サタデー・ナイトはディスコでフィーバー”


スタートは、R&Bって何だ?HIPHOPって教えてよ?と始まってる。おいおい、桑田佳祐ほどR&BもHIPHOPもうまく歌謡曲に溶け込ませてるオッサンはいないだろ!そういうツッコミから始まってんだ。映画『サタデー・ナイト』がディスコでフィーバーする文化を広めたことまで歌詞にしてる。そう、桑田のボケは高度なんだ。

“EDMたぁ何だよ、 親友?
“いざ”言う時に勃たないヤツかい?
“サブスクリプション”まるで分かんねぇ
“ナガオカ針”しか記憶にねぇよ”


次のここらへんもすげーぞ!
「EDMたぁ何だよ」と聞いてる。「いざという時に勃たないヤツかい?」と聞いて、EDM(Electronic Dance Music)と勃起不全のED(Erectile Dysfunction)とをかけているわけだ。

「サブスクリプションまるで分かんねぇ」という歌詞もね。聴いてるこっちも知らねーよ!という単語で。「サブスクリプション」は、ここでは定額で音楽を聴き放題のサービスを指してて、続く「ナガオカ針」と対比させてるわけだな!ナガオカはレコード針で有名な会社。要するに、レコードで音楽聴いてたオッサンは今の音楽配信なんて知らねーよ!と歌ってるわけだが、そんな単語使うのかよ!と、まあ驚くよね。

“可愛い姐ちゃんに惚れちゃったんだよ
ヨシ子さん 好きさ
「くよくよするな」ってディランが歌ってた”


ほらここで「ディランが歌ってた」という歌詞が来たよ。ディランといや、ボブ・ディラン。アメリカの有名すぎる歌手ですわ。ディランには、日本語タイトル『くよくよするなよ』って曲があるわけで、これをうけてる。これは、おおざっぱに言えば「女と別れて落ち込んでるだろうがくよくよするなよ」と歌ってる曲。可愛い姐ちゃんにホレたが、フラれてるという状況がこれで分かるんだな!

“イイ歳こいて捨てられたんだよ
ヨシ子さん ノー・リターン
「ブラックスター」でボウイさんが別れを告げた”


『ブラックスター』は、デビッド・ボウイの最後のアルバムタイトル。「ボウイさんが別れを告げた」という歌詞からも分かるように、このアルバムを最期にボウイがこの世から去ったことを言ってる。そして、女に捨てられたことを、この偉大なミュージシャンが去ったこととかけてる、っていうね。

いやいやこの歌詞のオッサン、めちゃくちゃ音楽詳しいじゃねーか!と。R&BもHIPHOPもEDMも知らねえと言っておきながら、詳しいじゃねーか!と。これが桑田の戦略だ!

『ヨシ子さん』っつータイトルもね。初代林家三平の歌からきているらしいわけよ。落語家の初代林家三平『好きです(ヨシコさん)』っつータイトルの曲出してて、これに出てくる好きな相手が「ヨシコさん」だっつーね。この歌が、まあ好きですキスさせて、っていう曲なんですわ。「ヨシコさん」は「可愛い姐ちゃん」の象徴である、と。

このねえちゃんに関しても「姉」じゃなくて「姐」の字を使ってるだろ?これさ、「姉」の漢字だと実の姉で、「姐」の字だと飲食や水商売のねえちゃんなんだって!どんだけ巧みに考えてんのよ桑田!

“笑ってもっとベイビー Smile!!
ニッポンの男達よ ヤッちゃえ ほい”


あげくのはてはこれですわ。「笑ってもっとベイビー」のフレーズは、桑田自身のサザンの曲『いとしのエリー』のサビで何度も歌うフレーズだよね。あえて今回は「ニッポンの男達」に歌ってる。「ヤッちゃえ ほい」と歌ってる。

このバカみてーな曲は、なんと日本の男達への応援歌になってたわけだ!ホントは音楽に相当詳しいくせに、オッサンだから最近の音楽よくわかんね~な~と始まる。でもなんかエロ足んね~な~、もうちょっとぐらいハジケていいんでないの、とひそかに本音を潜ませる。もっとチキドンして、暴れてハイになって楽しんでいいんじゃないの?と言ってるんだ、桑田は!

しょうもねえ歌と思わせて実は意味深な桑田佳祐の技!まったく、とんでもねー60歳だわ!



TEXT:テイキけん

桑田佳祐は、日本の男性歌手。神奈川県出身。バンド、「サザンオールスターズ」のバンドマスターでもある。所属はアミューズ。レーベルは1982年がInvitation、1987年以降がタイシタレーベルである。1986年、1年限定のソロプロジェクト「KUWATA BAND」の結成がソロ活動開始のスタート。「BAN BAN BA···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

『大人になったら』この世の全てが解るの…

CUBERS 「ここで一つになろう」と…