1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 東京女子流
  6. 4人になった東京女子流が歌う『純白の約束』は何を約束しているのか

4人になった東京女子流が歌う『純白の約束』は何を約束しているのか

東京女子流と言えば、知らない人からは「あーそんなアイドルいたような…」と言われる知名度

公開日:2016年10月4日 更新日:2018年5月23日




分かってる。東京女子流と言えば、知らない人からは「あーそんなアイドルいたような…」と言われる知名度であり、アイドル好きからも「アーティスト宣言したんでしょ(笑)」と言われるような立ち位置であることは。

東京女子流は2015年の1月にアーティスト宣言して、一部の可愛い曲は封印してる。しかも、よりにもよって、アーティスト宣言してから歌割りが多かったメンバーが腰痛で卒業しちまってる。正直なところ、絶賛苦戦中である。

4人体制になってからの楽曲とか知らないだろ?『純白の約束』とか結構イイ曲なんだぞ!「え、それタイトルからしていかにもアイドルっぽい(笑)純白って(笑)結局アイドルなの(笑)」とか思ってんだろ!



“変わらないままで 君はそのままで
此処に居てほしい”


今はいない「君」との約束を僕は忘れない、って感じの内容の歌詞なんだが。たとえば「変わらないままで 君はそのままで 此処に居てほしい」この歌詞よ。これはヲタの声でもあるわけだ。女子流かわいい!変わらないでアイドルのままでいて!という声をくんでるわけだ。女子流はアーティスト宣言で路線を変えているけどね!

“もうなにも失いたくないよ
遠い君が住む場所まで
僕のメロディーが届きますように”


こことかも見て下さいよ、「もう何も失いたくないよ」!このグループは実際のところ、小西という歌唱メンを失っている。「もう何も失いたくない」って、めっちゃ切実な歌詞だからね!「遠い君が住む場所まで」って歌詞も、芸能界を引退した小西にも向けているからね!また、離れていったヲタにも向けてるからね!

“瞳が合えば すぐにわかるよ
ココロの声だって。”


極め付けはこのフレーズですよ!エースの新井ひとみに「瞳が合えば」と歌わせて、MVでもひとみが瞳合わせてくるここね!「ココロの声だって。」なぜ「ココロ」がカタカナなんだ?しかもわざわざ「。」までつけて強調してる、このフレーズは何なんだ?そう、これは封印曲の『おんなじキモチ』とかけている。人気曲の『おんなじキモチ』を封印することを惜しむ声があるのは、ヲタと「瞳が合えばすぐにわかる」んだ!やってる側だって今でも、ある程度は「おんなじキモチ」なんだ!



しかしそれでも、分かっている上で、新たな路線に進む!それはなぜか?それはアイドルでもアーティストでもない時に、もっと最初に、音楽の楽しさを味わった瞬間に持っていたはずの、音楽の楽しさを伝えるという、純粋な自分に課した「純白の約束」を守る為だ!自分に課した約束を守るためには、音楽の道をもっと突き詰めていくには、同じことばっかりやってらんねーんだ!あえて修羅の道に進んでんだ!歌詞の「君」とは自分達のことでもあるんだ!

(笑)をつけてる君もそうだろ?嘲笑う為に音楽を聴いてたわけじゃないだろ?アイドルかアーティストかの議論をするために生まれてきたわけじゃないだろ?多分、小さい頃に自分自身で決めた「約束事」とかもあるだろ?そういうのを刺激する曲なんだよ、これは!

今の絶妙な立ち位置の女子流が歌うから意味があるんだよ!

だから、4人体制になってからの女子流の曲、もうちょっと知ってもらいたいよね。この絶妙な立ち位置ならではの魅力を感じられること、私が「約束」しますから!

TEXT:テイキけん

▷東京女子流Twitter ▷東京女子流Instagram ▷東京女子流公式LINE ▷東京女子流 オフィシャルホームページ YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=jtvglLRuv5A

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

まこみなが作詞に初挑戦した「てをつなご…

アニメ【食戟のソーマ】初代OP ウルト…