1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. コラム
  5. アップアップガールズ(仮)
  6. 『美女と野獣』じゃない!『美女の野獣』なんだ!アップアップガールズ(仮)は!

【コラム】『美女と野獣』じゃない!『美女の野獣』なんだ!アップアップガールズ(仮)は!

アップアップガールズ(仮)は、7人組アイドルでした。2017年4月、仙石みなみと佐藤綾乃の2人が卒業発表。今年は、グループが変わっていく節目になります。

2017年11月5日


この記事の目次
  1. ・アプガ アッパーカット!
  2. ・日ごろから鍛えているアスリートアイドル
  3. ・『美女の野獣』であるアプガ
  4. ・アップアップガールズ(仮) 最新情報
  5. ・アップアップガールズ(仮)リリース情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・レギュラー情報
  8. ・アップアップガールズ(仮) Profile
このグループはグループ名どおりアッパーな曲が多いのが特徴。2015年の『美女の野獣』も、そんなアプガらしさにあふれた一曲です。

元ネタである『美女と野獣』は、もともとはフランスの小説。ディズニーがアニメ映画化し、これが大ヒットを記録しました。2017年の春には実写映画版も公開され、こちらも好評です。『美女と野獣』というタイトルがあまりに有名で、このタイトルのパロディがいたるところに存在しますね。アプガの『美女の野獣』というタイトルには、いかなる意味が込められているのでしょうか。

アプガは、2012年に発表した『アッパーカット!』という曲で注目されるようになります。代表曲である『アッパーカット!』は、アップテンポで勢いのある曲。この曲が、その後のこのグループの方向性を決めました。アスリートアイドルという道です。

アプガ アッパーカット!



“UP UP !夢じゃ物足りない”


歌いだしから「I’m a beast」とスタートする『美女の野獣』。タイトルは、自分達は「美女であり、かつ野獣である」意味なんですね。

“JUMP JUMP!踊る リズム乗って
勝ち進む 未来へ DANCING GIRLS
じゃんじゃん繰り出すHit&Away
決めてやんぜ! アッパーカット!”



「格好ばかりで中身がなければ ただのお人形でしょう?」というフレーズが登場。自分達はただのお人形ではないことを伝えています。アイドルが、えてして「格好ばかりのお人形」であると見られがちなことに対する反抗でもあります。

「燃えるような心、身体、瞳」身体という表記がアプガらしいところ。このグループは運動量が多く、まさに身体を燃やしているからです。

日ごろから鍛えているアスリートアイドル

“ピーチなパンチじゃ 倒れんよ
ピンチな時も 笑顔って立ち向かうの”



「鍛えぬいた躰 野獣のように」この歌詞どおりに非常に鍛えているグループです。富士山頂ライブや駅伝後ライブなど、体力勝負の企画が多いアプガ。「I’m a beast」と歌うだけあり、日ごろから鍛えているアスリートアイドルなんですね。

“目指すチャンピオン アッパーカット!
JUMP JUMP!踊る リズム乗って
勝ち進む 未来へ DANCING GIRLS
じゃんじゃん繰り出すHit&Away
決めてやんぜ! アッパーカット!”



「誰にも真似できない世界へ」が佐保のパートなのもポイント。空手有段者である佐保は、板割り、瓦割り、バット折りを披露してきました。2016年の武道館公演では、なんと氷柱割りにも挑戦しています。少なくとも日本のアイドルでこれを真似しようとする人は、なかなかいないでしょう。Twitterでやたらたくさんの「!」を使う人としても知られています。『美女の野獣』の歌詞も「!」がいたるところにつきますが、こういった「!」がたくさんつくような勢いを象徴するメンバーとも言えます。

『美女の野獣』であるアプガ



“テンポ早いと 踊るのきついね…!
今日のご飯のおかずは何だろうねー…
「休憩おわり(*`ω´)!!」”



『美女の野獣』であるアプガは、アイドルフェスの常連。しかし、『美女と野獣』に比べるとはるかに知名度が低いこのグループは、おそらくいまだにハロプロとの関係もよく理解されていないでしょう。アプガのメンバーは全員ハロプロエッグというハロプロ研修生の前身出身ですが、ハロプロに入れなかった人達です。だからこそ、独自の道を歩みました。このグループが「不屈の精神で」「世界を変えるまで」と歌うのは、困難な状況を自分達の精神力で変えていく意味があります。

このグループが様々なことに挑戦する精神は結構すごいので、もっと存在が知られるといいですね。

アップアップガールズ(仮) 最新情報

アップアップガールズ(仮)リリース情報

5th アルバム(仮)


2018/6/19
TPRC-0204
¥3,000+税

1.Overture(仮)NEO(作曲・編曲:michitomo)
2.唇はナイフ(作詞:ヒワタリスツカ/作曲・編曲:Ryuichi Kawasaki)
3.KOMEDIUM(作詞・作曲:大森靖子/編曲:michitomo)
4.Be a Girl(作詞:ヒワタリスツカ/作曲・編曲:Ryuichi Kawasaki)
5.最高シャイガール(作詞:児玉雨子/作曲:michitomo/編曲:KOJI oba)
6.Lady→GO!(作詞:菊池諒・ヒワタリスツカ/作曲・編曲:Dr.Usui)
7.Fighting Girls(作詞:田中秀典/作曲・編曲:春尾ヨシダ)
8.ナイトフライト(作詞:ヒワタリスツカ/作曲・編曲:Ryuichi Kawasaki)
9.上々ド根性(作詞:児玉雨子/Rap詞:マチーデフ/作曲:michitomo/編曲:かずぼーい・michitomo)
10.PROMISE TRAIN(作詞:SHIN/作曲・編曲:彦田元気)
11.ネヴァーマインド!(作詞・作曲・編曲:佐藤陽介)
12.勝ってたいんだよ(作詞:児玉雨子/作曲:の子/編曲:michitomo)
13.私達(作詞:上中丈弥/作曲:久保裕行/編曲:michitomo)

ライブ情報


■TOKYO IDOL FESTIVAL 2018
日程
2018年8月3日 (金) 4日(土) 5日(日)

会場
お台場・青海周辺エリア

アップアップガールズ(仮) 出演予定
8月4日(土)
HOT STAGE 19:50~20:20

■アップアップガールズ(仮)夏の終わりにサマービーム!
9月15日@NEW SIDE BEACH!!

■アップアップガールズ(仮)Road to Live of All Songs
10月28日新宿BLAZE

レギュラー情報


【テレビ】※準レギュラー
テレビ東京「The Girls Live」毎週月曜25:00~
【ラジオ】
ラジオ日本「アップアップガールズ(仮)のガチアゲフィーバー」毎週金曜20:30~
【WEBラジオ】
「アップアップガールズ(仮)のオールナイトニッポンi」
【WEB】
DeNA showroom 「アップアップガールズ(仮)の戦場(仮)」

アップアップガールズ(仮) Profile

◆アップアップガールズ(仮)とは? 
7人の織り成すカラフルなボーカルと激しいダンスパフォーマンス、そしてEDMサウンドを軸とした楽曲で人気を集めるアイドルグループ。2011年4月から活動をスタートし、翌年4月にCDデビュー。
鍛えられた体で、富士山の山頂や陸の孤島でライブを行うなど、いつ何時、どんな場所でも熱いライブを繰り広げるLIVEアスリート集団。2016年11月8日には初の日本武道館単独公演を開催。2017年には、22枚目のシングル「アッパーディスコ/FOREVER YOUNG」を発売、アップアップガールズ(2)・アップアップガールズ(プロレス)といった妹分グループができるなど、さらなる進化と飛躍を目指し邁進中。

・アップアップガールズ(仮)公式HP http://www.upupgirlskakkokari.com/
・アップアップガールズ(仮)公式ブログ http://ameblo.jp/upfront-girls/
・アップアップガールズ(仮)ニュースブログ http://ameblo.jp/upfront-girls-news/

Twitter:https://twitter.com/uugirlsofficial(公式)

アカシック「プリチー」から学ぶギャルの…

ザ・タイマーズ『デイドリームビリーバー…