1. 寺嶋由芙、衝撃のタイトル『知らない誰かに抱かれてもいい』は何故うまれたの?【インタビュー】

寺嶋由芙、衝撃のタイトル『知らない誰かに抱かれてもいい』は何故うまれたの?【インタビュー】

古き良き時代からやってきた真面目なアイドルこと、寺嶋由芙さん。彼女の最新シングルのタイトルが『知らない誰かに抱かれてもいい』。この衝撃的なタイトルに、「えっ、ゆっふぃーどうしたの?」と驚きの声を上げた人たちも多いのでは? なぜ、この衝撃のタイトル曲が生まれたのか?現在、全国ワンマンツアー中の彼女に話を聞いてきました。

2017年11月21日

Interview

長澤智典


この記事の目次
  1. ・これ言っちゃったら、うちのヲタクたちが病んでしまうのではないか?
  2. ・「春に出会い、夏に仲良くなって、秋に破局する」という展開を持った三部作
  3. ・ばっさり自毛を切ってみたい気持ちもあります
  4. ・私のあふれるゆるキャラ愛を汲み取ってもらった歌詞
  5. ・「好き」シリーズの第3弾になります
  6. ・新たなゆるキャラとの繋がりを作れるワンマンライブ
  7. ・プレゼント応募について
  8. ・寺嶋由芙 最新情報
  9. ・商品情報
  10. ・ライブ情報
  11. ・寺嶋由芙 Profile
  12. ・INFOMATION

これ言っちゃったら、うちのヲタクたちが病んでしまうのではないか?

──『知らない誰かに抱かれてもいい』というタイトルを聴いたとき、「えっ、ゆっふぃーどうしたの?」と思いました。タイトルに驚きを覚えた人たち、けっこう多いんじゃないですか?


寺嶋:タイトルのことは、だいぶ突っ込まれます(笑)

──寺嶋さん自身、『知らない誰かに抱かれてもいい』というタイトルをどのように受け止めています?



寺嶋:最初に「失恋ソングにしたい」「大人っぽい感じがいい」という内容は制作の方々と情報共有をしていたんですけど。ここまでタイトルがストレートに来るとは思っていなかったから、私がどうこうよりも、「うちのヲタクたちは大丈夫かな?」(タイトルを読んで衝撃を受けないかな?)。これを言っちゃったら、うちのヲタクたちが病んでしまうのではないか?とちょっと心配になりました。

──本人は、そこまで気にすることはなく?

寺嶋:私自身は、歌うことに抵抗はなかったです。

──『知らない誰かに抱かれてもいい』に登場する女性は、彼氏が浮気するあまり大胆な行動に出ます。その行動が、男性側の立場からすれば怖さを覚えますが、そもそもの原因を作ったのは男性側。この歌に出てくる男性は…。

寺嶋:どうしようもない人です(笑)。

──相手の女性へ自分をアピールするため、車の助手席へ長い黒髪を残してゆく。それ、男性にしてみれば、とても身震い覚える存在バレな行為だなと思いました。

寺嶋:車の助手席へ髪の毛を落としていく心境、女性ならわかります。私も、この歌と同じ立場になったら、いくらでも髪の毛を落としていきます(笑)。最初は、車の助手席にピアスを落としてく設定だったんです。それを、私のイメージに合わせ、作詞をしてくださったいしわたり淳治さんが長い黒髪にしてくださいました。
この歌を聴いたヲタク男子のみんなが「女の子には優しくしなきゃいけないんだな」「誠実でなきゃ駄目なんだな」と学んでくれたらいいなと思います。

──寺嶋さんのファンって誠実な方が多いイメージもあります。

寺嶋:私もそういう印象を強く持っています。みなさん、一生懸命真面目に応援してくださる方ばかり。今、ツアーやキャンペーンを全国各地で行っているんですけど。何処の会場でも「マナーもいいし、新規の人たちを仲間へ迎え入れようという動きなど、由芙ちゃんのヲタクファンはいい人が多いね」とよく言われるように、いいヲタクたちに恵まれてるなというのは感じてます。


「春に出会い、夏に仲良くなって、秋に破局する」という展開を持った三部作

──『知らない誰かに抱かれてもいい』に記された二股恋? 本命がいながらも浮気をしてしまう恋って、一般的には有り得るテーマ性だなとも感じています。


寺嶋:こういうテーマは普遍的なもの。だから、いろんな方たちに聞いてもらえるんじゃないかと思います。

──最初に「失恋をテーマにしたと聞いてた」と言ってましたが、まさかこう来るとは…。

寺嶋:驚きました。最初はストレートな悲しい歌や切ない歌をイメージしていたんですけど。まさか、こういうひねりを加えた失恋ソングが来るとは…。そこは、「さすが、いしわたり淳治さんだな」と思いました。

──女心がとても伝わる内容ですが、書いてるのは男性ですもんね。

寺嶋:そうなんですよね。女心をわかって書いてくださってるってすごいですよね。

──『知らない誰かに抱かれてもいい』の中、寺嶋さんがお気に入りの歌詞も教えてください。

寺嶋:全部好きなんですけど。「頭がいいのに バカ バカ バカ」と「バカ」を3回繰り返すところは歌ってて気持ちいいし、歌詞の中でも一番可愛らしさが出てるところだから、そこは注目して聞いていただきたいです。

『知らない誰かに抱かれてもいい』をライブで初披露したときから、みんなそこのフレーズが強烈に残ったようで、みんなが「頭がいいのに バカ バカ バカという歌だった」とツイートしてくれていたんですね。実際、耳に残るフレーズだから、そこの部分はぜひ覚えてください。

──その言葉を、本気で怒ってるのではなく、好きだからこその気持ちの現れとして温かく歌っているところにもグッときちゃいました。

寺嶋:今回の歌も、シチュエーションがとても思い浮かびやすかったんです。

──そこ、ぜひ教えてください。

寺嶋:前作の『わたしを旅行につれてって』も、いしわたり淳治さんに作詞をしていただいたんですけど。『知らない誰かに抱かれてもいい』はその続きの歌という意識が私の中にはあって。一緒に旅行へ行くまでに仲良くなった彼だったのに、こんなこと(浮気)になってしまうという流れを意識しながら歌いました。じつは前々作の『天使のテレパシー』が、「春の出会い」を書いた歌。テイチクさんへ移籍してからのシングルは、「春に出会い、夏に仲良くなって、秋に破局する」という展開を持った三部作になっています。そのストーリーを歌詞を通して追いかけていただけたら、より楽しめるんじゃないかと思います。実際にMVは、続き物として作っていますから。

──あっ、だからMVのエンドロールに…。

寺嶋:『天使のテレパシー』も『わたしを旅行につれてって』のMVの最後も「つづく」で終われば、今回の『知らない誰かに抱かれてもいい』のMVのエンディングには「おわり」と出てきます。こちらも3作品並べて見ていただけたらなと思います。

■わたしを旅行につれてってMV


──『天使のテレパシー』『わたしを旅行につれてって』『知らない誰かに抱かれてもいい』と続けて聞くことで、物語として歌を楽しめるのは嬉しいポイントですね。

寺嶋:3作品を並べて聞くことで、より『知らない誰かに抱かれてもいい』に記された悲しさや可哀相さが強まるんじゃないかなと。もちろん、実際に同じような経験をしている方に共感して欲しい気持ちもあるんですけど。いかんせん、ヲタクのみんなは経験がないかも知れないから、そういう方はシングル三部作を続けて聞きながら、「あっ、恋愛ってこういうこともあるんだ」と学んでいただけたらいいなというか、「人生、上手くいかないな」と感じてもらえたらいいんじゃないかと思います。



次ページ : 好きの終点は私でお願いします(笑)

Stager Live、音楽メディアU…

人気を博したロカビリーバンド、MAGI…