1. ぴゅあ娘リローデッドが2018年1月1日にマイナビBLITZ赤坂にてワンマンライブ!現在の心境は?【インタビュー】

ぴゅあ娘リローデッドが2018年1月1日にマイナビBLITZ赤坂にてワンマンライブ!現在の心境は?【インタビュー】

エモーショナルでかわいいエモカワ系アイドルユニットのぴゅあ娘リローデッドが2018年1月1日にマイナビBLITZ赤坂にてワンマンライブを開催。ぴゅあ娘リローデッドならではライブの魅力、ワンマンライブに向けて挑戦していることや意気込みなど、彼女たちの現在の心境を伺わせていただきました。通常3,000円のところ、ご新規さんはなんと1,000円でマイナビBLITZ赤坂公演のチケットの購入もできます。

2017年12月7日

Interview

瀧澤唯


この記事の目次
  1. ・20歳になった心境
  2. ・ココだけメールについて
  3. ・月1ペースで新曲、発表中…
  4. ・初のワンマンライブが2018年1月1日
  5. ・showroom配信だったり日々のライブだったり、1つ1つを大切に
  6. ・最後に
  7. ・プレゼント応募について
  8. ・Pyuacco RELOADED 最新情報
  9. ・2018年1月1日(月祝)ぴゅあ娘 リローデッド 1stワンマンライブ
  10. ・スケジュール一覧はこちらから
  11. ・Pyuacco RELOADED Profile
  12. ・プロフィール
  13. ・ぴゅあ娘 リローデッドの最新情報はこちらから
  14. ・各メンバー ソーシャルアカウントなど

20歳になった心境



──みくめろさんとまりちょすさんは今年節目の年でもある20歳を迎えましたが、20歳になった心境はいかがですか?

みくめろ:10代じゃなくなるので、周りからも大人だねってすごく言われます。大人になったらから責任感が持てるような大人になっていきたいなって思いました。


まりちょす:誕生日が10月だったのでまだそんなに実感がないです。でも、お母さんに「20歳になったからちょっとは成長しなさい」って言われました。日々の生活を思い返すとまだ甘えていた部分とかもあったので、20歳はそういうのをなくしていきたいなっていう気持ちです。

──生誕祭はいかがでしたか?

みくめろ:20歳という節目の年だからファンの方も盛大にやりたいって言ってくれて。私自身、生誕祭はいつも気合いが入っているんですけど、20歳というのもあっていつもと違いましたね。今回は“かいぬまみく“としてソロで生誕祭をやらせてもらったんですけど、本当にすごく楽しかったです。

まりちょす:去年も開いてもらったんですけど、今年は自分でTシャツとかデザインしました。それをファンの方が着てくれていたのは嬉しかったですね。あとは、いつもお世話になっているアイドルさんも生誕祭に出演してくれました。

ゆうにゃぴ:まりちゃんは誕生日当日が生誕祭だったもんね。

まりちょす:今年は初めて誕生日当日に生誕祭をやらせていただきました。去年は台湾で今年は日本だったのでお母さんも来てくれて、みんなからの愛と優しさを感じられてすごく幸せだなって。その日、世界中で私が1番幸せだったと思います。

ココだけメールについて

──UtaTenで提供させていただいているココだけメールについてなんですが、ありがたいことにぴゅあ娘リローデッドさんは全メンバーがやっていただいているとのことで、楽しかったことや印象に残ったことについて教えていただけますか?

ゆうにゃぴ:リアルタイムでみんなから返事がきたりするので、ココだけメールでは何気ない今の瞬間を送ったりしています。ファンの方との近さを感じますね。毎日のココだけメールすごく楽しいです。


みくめろ:毎日欠かさず返信してくださるファンの方が結構いるんです。前より仲良くなれているなって感じることも多いですね。あとココだけメールは、ココだけメール限定動画とか送ったりしているので、ファンの方がすごく喜んでくれます。

まりちょす:毎日送るときにこの写真送ろうかな、どっちを送ろうかなと考えている時間が楽しいです。Twitterとかには載せていない写真を送っているので、ファンの方が返信をしてくれるのは嬉しいですね。たまに返信に名前が書いていないファンの方がいるんですよ。文章の感じで、この人誰だろうって当てるのがちょっと楽しくなったりしています。

──まだココだけメールを取っていないファンがいたら?

全員:取ってほしいです!

月1ペースで新曲、発表中…

──9月から月1ペースで新曲を発表されていると思います。まずは9月に発表された「ばいばい。」について教えてください。

ゆうにゃぴ:「ばいばい。」はぴゅあ娘リローデッドという新体制に決まってから初の新曲です。出会いと別れをテーマに描かれています。卒業したメンバーも初披露のときにいたんですよ。この曲は今までのぴゅあ娘リローデッドにはない曲になっていますね。

みくめろ:普通に聞いたら失恋ソングかなと思う人もいると思うんです。失恋だけじゃなくて友情とかも入っているのが特徴ですね。

まりちょす:少し暗めの曲なんですけど、歌詞とかにも注目しながら聞いてもらいたいです。

ゆうにゃぴ:ぴゅあ娘リローデッドにとっては新しい感じの曲ですね。

みくめろ:今まで明るくてポップな曲が多かったんです。ファンの方もこの曲を聞いて「いろいろなぴゅあ娘リローデッドが見れる」って言ってくださって嬉しかったですね。

──続いては10月に発表した「Baby,give me your smile!」について教えてください。

ゆうにゃぴ:これはまたポップな感じでかわいらしい感じの曲になっています。振りも振りコピしやすいようになっているんです。

まりちょす:「give me!give me your smile…」という歌詞の部分があるんですけど、その部分の振り付けと曲がすごく合っているんです。最後に首をかしげる振り付けがあるんですけど、そこがかわいいんで注目してほしいですね。

みくめろ:「Baby,give me your smile!」は友情がテーマになっています。私たちも3人になってより団結して、仲間という意識が強まっていきましたね。チームワークももっと大事にしていきたいなっと。私たちにも重なる部分がある曲です。

まりちょす:ファンの方も「この曲好き」とか「かわいい曲だよね」って言ってくれますね。

ゆうにゃぴ:「ぴゅあ娘っぽいね」って言ってくれます。

──最後に11月に発表した「恋の階段~青春シンフォニー~」について教えてください。

ゆうにゃぴ:テーマが学園もので、学生の恋愛と青春が描かれています。女の子の主人公がいて、先生が大事にしている花瓶を割っちゃったんですよ。どうしようってなっているときに男の子がかばってくれて、そこから恋が始まるという物語です。こんな学園生活過ごしたかったって思いますね。

──女性ファンにはやはり聞いてほしいですか?

ゆうにゃぴ:聞いてほしいです。共感できると思います。

まりちょす:2番に「偶然を装ってまちぶせ」という歌詞があるんですよ。女の子なら実際に経験がある子もいるんじゃないかなって。

ゆうにゃぴ:この曲は私が女の子役で、花瓶を割った演技も入っていたりするんです。そのときが女子高生になりきっています。

──メロディーもポップな感じですか?

ゆうにゃぴ:王道アイドルソングですね。

次ページ : 元旦初ライブはなんと!マイナビBLITZ赤坂にて

SuGが描いた「東京のシド&ナンシー」

「LA・LA・LA LOVE SONG…