1. 「大阪☆春夏秋冬」の新成人メンバーはどこまで大人なのか!?【インタビュー】

「大阪☆春夏秋冬」の新成人メンバーはどこまで大人なのか!?【インタビュー】

2018年1月8日、「大阪☆春夏秋冬」のMAINA、ANNA、MANA、EONが、地元の東大阪市で成人式に出席。新成人としてのスタートを切った。 そこで、成人式の余韻が冷めやらぬ、振り袖姿のままの4人に直撃インタビュー!

2018年1月20日

Interview&Photo

ポッター平井


この記事の目次
  1. ・20歳の目標「SKY」とは?
  2. ・生まれた年の出来事を振り返ろう!
  3. ・大人のオンナ度チェック!
  4. ・プレゼント応募について
  5. ・大阪☆春夏秋冬 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ライブ情報
  8. ・大阪☆春夏秋冬 Profile

20歳の目標「SKY」とは?

──まずは自己紹介をお願いします!

ANNA「メガネ担当のANNAです!」
MANA「くしゃくしゃ笑顔のいじられっ子、MANAです!」
MAINA「ボーカルのMAINAです!」
EON「トーク担当のEONです!」

──今日はこの4人ですが、新成人おめでとうございます!

4人「ありがとうございます!」

──成人式はいかがでしたか?


MAINA「成人の日を無事に迎えることが出来て嬉しいです。20歳になって改めてもっとしっかりしないといけないなって思いました。母親が着ていた振袖を着ているんですけど、おばあちゃんがすごく喜んでくれて、ちょっとだけ親孝行できてるかなって思いました。」

MANA「私のところは、おじいちゃんもすごく喜んでくれました。77歳なんですけど、LINEで、<MANAちゃん、おめでとう!すごく似合ってるよ。かわいいよ>って、ハートを10個ぐらい送ってくれました(笑)」

──おちゃめなおじいちゃんですね。今日、久しぶりに会った人とかはいましたか?

MAINA「会いました!中学の時の友達に会って、もう子どもがいてる子もいたし、いろんな記憶が甦ってきて、楽しかったです。外見は成長できていないと思うんですけど(笑)、積んできた経験は分厚くなっているかなって思います。」

──ANNAちゃんは?

ANNA「やっぱり家族とか、中学・高校の恩師の先生方とか、すごくお世話になった方々に晴れ着姿を見せることが出来たのが嬉しかったです。今回、新成人代表で挨拶をさせていただいて…」

MAINA「その時はメガネオフやったね。」

ANNA「そう!メガネオフで挨拶をさせていただいたんですけど、すごく緊張しました。考えた文章を覚えていったんですけど、やっぱり台本を見ながら言いたくなくて、下向いちゃうし、みんなにちゃんと伝わってほしいから、ちゃんと覚えて、最後まで無事に言えました。その挨拶をしている時に、成人としての決意が固まったというか、覚悟が決まった感じがするのと、改めて20年間、関わってきて下さった、家族とか先生とか友達とかファンの皆さんも合わせたら、1000人、2000人っているじゃないですか。その方々に恩返しが出来るような大人になっていけたらと思いました。」

MANA「4人が、しゅかしゅんのメンバーとして、同じ式場で、この日を迎えられたっていうのがすごく嬉しいです。」

──他のグループではなかなかいないですよね。

EON「ちゃんとハガキが届いてますから(笑)」

ANNA「ハガキも届いて、自分が座る場所もあって、成人式を迎えられて嬉しいです。」

MANA「振袖を着てから10時間ぐらい経つんですけど、今もまだ自分が新成人っていう実感があんまりなくて、お母さんの振袖を着させてもらって、改めてしっかりしないとあかんなと思いました。家でも、今日の主役はMANAみたいな感じで、お兄ちゃんが会場まで車で送ってくれて、お姫様気分を味わえたり、おばあちゃんが朝早くから写真を撮りに来てくれたりとか、みんなが優しくしてくれるのを実感しました。私の20歳の目標は<SKY>で、<素直に謙虚に優しく>なんですけど、まわりにいる皆さんを幸せに出来るような人になりたいなって思いました。」

──「SKY」って、DAIGOさんみたいですね(笑)EONちゃんは?

EON「私の振袖はレンタルなんですけど、自分が気に入ったものを選べて満足しています。成人の日をこんなに特別に思えたことが初めてで、成人式に出て、ANNAの挨拶を聞いていたら、20歳になって自覚と責任が増えていくんやなって、すごく感じました。今まで結構親に甘えて生きているんですけど、早く恩返しして、<好きなもん、買い>って言えるくらいに頑張りたいなって、改めて成人の日を迎えて思いました。」

──EONちゃんの真っ赤なベレー帽と手袋がかなり目立ちますね。

EON「ベレー帽と手袋は私物なんです。子どもの頃から他人と同じことをするのが好きじゃなくて、目立ちたい!みたいなところがあって、赤とかピンクの振袖は多いなと思ったので、違う色にしたくて、和っぽい感じも入れたいと思って、この振袖になりました。」

MAINA「ほんまにファッションセンスいいと思う。私物って知らんかった。」

──成人式で、ベレー帽をかぶる人はいないですよ。

EON「時代を変えていきたいなと。」

MAINA「EONは高校の卒業式の時もすごかったんですよ。1人だけ、えっ!?みたいな。」

EON「みんな袴を着てたんですけど、ドレスを着たくて、ウェディングドレスを買って…。」

MAINA「その度胸はスゲーって思いました。」

ANNA「最初、EONちゃんってわからなくて、椎名林檎さんみたいな個性的な人がおるなって思ってたら、EONちゃんでした(笑)」

MANA「成人式が終わってから取材をしていただくということで、みんなバラバラになった後、集まる時に、赤のベレー帽探して!って、そこに集合みたいな感じで(笑)」


EONさんの赤のベレー帽


生まれた年の出来事を振り返ろう!

──そんな新成人を迎えた皆さんが生まれた1997年は、どんなことがあったのか、主なトピックスをまとめてみました。


<出来事>
消費税3%から5%に
フジテレビが台場の新社屋から本放送スタート

<流行>
たまごっち/ベルギーワッフル/キシリトールガム/失楽園

<音楽>
安室奈美恵『CAN YOU CELEBRATE?』オリコン年間1位
モーニング娘。結成
広末涼子『MajiでKoiする5秒前』でCDデビュー
Kinki Kids『硝子の少年』でCDデビュー

<映画>
もののけ姫/タイタニック

<テレビ>
ひとつ屋根の下2/ラブジェネレーション/踊る大捜査線
「おはスタ」スタート/「踊る!さんま御殿!!」スタート


EON「『おはスタ』スタート?ビックリや。」
ANNA「たまごっち!私たちが小学2年生ぐらいの時にも爆発的に流行したんですよ。」
MANA「トイザらスの開店時間に親と並びましたもん。」
MAINA「たまごっち、3つぐらい首からぶら下げてた!」

ANNA「消費税もビックリ!」
EON「私たち、5%からしか知らないので、5%から8%になる時の恐怖がすごかったんですけど、3%から5%になる時もすごかったんやろなって…。」

──もともと消費税自体がなかったですからね。0%から3%になる時が、世間的には一番騒がれたと思います。

MAINA「今度また8%から10%になりますよね?(EONに)アウディ、どうする?
EON「アウディの消費税、ハンパない(笑)」

MANA「私が気になったのは、広末涼子さんの歌手デビュー!『MajiでKoiする5秒前』を何年か前のライブで、ソロで歌う機会があって、MANAが生まれた時の曲なんやって、今知りました。広い世代に知れ渡っている曲ってすごいなって。私たちもそういう曲が出来たらいいなって思います。」

MAINA「もののけ姫とか、タイタニックも、知らない人がいないですよね?あっ!さんま御殿も始まってる!」

EON「踊りまくってたんやね、この年は(笑)」(*踊る大捜査線&踊る!さんま御殿!!)

次ページ : 大人のオンナ度チェック!

私の親友はあなただけ。宇多田ヒカルの…

逆転しない世界と消えない味覚の関係―t…