1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. インタビュー
  5. たこやきレインボー
  6. 渾身のアルバムをリリースする「たこやきレインボー」甘えん坊な清井咲希にメンバー困惑!?【インタビュー】

渾身のアルバムをリリースする「たこやきレインボー」甘えん坊な清井咲希にメンバー困惑!?【インタビュー】

大阪を拠点に活動中の「たこやきレインボー」(通称:たこ虹)が、2月21日に2ndアルバム『ダブルレインボー』をリリース!堀くるみ、彩木咲良、清井咲希、根岸可蓮、春名真依のメンバー全員にインタビューをしました。

2018年2月18日

Interview&Photo

ポッター平井


この記事の目次
  1. ・またタイに行きタイ!
  2. ・優しさ溢れる元ももクロ有安杏果さんとのエピソード
  3. ・根岸可蓮とイチャイチャする清井咲希
  4. ・彩木咲良と春名真依の愛犬も甘えん坊
  5. ・堀くるみが「NIF」で抱いた決意
  6. ・大塚 愛さんの仮歌を聴ける特権
  7. ・卒業ラブテイスティMV
  8. ・清井咲希が学食で好きだったメニューとは?
  9. ・たこ虹の新たな一歩を見届けてほしい!
  10. ・プレゼント応募について
  11. ・たこやきレインボー 最新情報
  12. ・リリース情報
  13. ・イベント情報
  14. ・たこやきレインボー Profile
甲子園球場での単独ライブを目標に、大阪を拠点に活動中の「たこやきレインボー」(通称:たこ虹)が、2月21日に2ndアルバム『ダブルレインボー』をリリースする。
前作に続き、ヒャダインこと前山田健一が監修を手掛けたこのアルバムのテーマは「新しいステージへの旅立ち」
堀くるみ(くーちゃん/18歳)、彩木咲良(さくちゃん/15歳)、清井咲希(さきてぃ/18歳)、根岸可蓮(れんれん/17歳)、春名真依(まいまい/17歳)のメンバー全員に話を聞いた。

またタイに行きタイ!


--1月20日、21日にタイで開催されたイベント「OSAKA BAYAREA FESTIVAL」に出演されていましたが、くーちゃん、初めてのタイはいかがでしたか?

「タイの方はもちろんなんですけど、シンガポールとか、タイ以外の国の方もたくさん来て下さって、いつも日本でやってるイベントなんかなって思うぐらい、盛り上がりました。曲のコールも一緒にやってくれたり、通りすがりの方も立ち止まって観て下さって、手を振ると振り返してくれたりもして、めっちゃ楽しかったです!」

--ショッピングモールのステージでしたよね。さくちゃんは?

彩木「私はタイの街並が好きなんですよ。屋台が並んでいたりして、賑やかで、大阪と似てるなぁって思いました。あと、タイの方がすごく優しくて、こんなにいい国なんやって知ることが出来ました。また行きタイです。」

春名「タイだけに(笑)」

清井「タイに行くって決まってから、メンバーLINEがダジャレばっかり(笑)」

春名「ブログに、タイに行きますって書いたら、虹家族の皆さんから、行ってらっタイとか、僕も行きタイとか、コメント欄がダジャレで溢れていました(笑)」

--「タイ」は使いやすいしね(笑)。さきてぃは?

清井「私、タイ料理を家でも作ったり、お店を探して食べに行ったりするぐらい、タイ料理が大好きで、家族でタイ旅行に行きたいねっていう話をしていたんですけど、先にこうして仕事でメンバーと一緒に行けて、嬉しかったです。」

--本場のタイ料理はどうでした?

清井「やっぱり辛かったですね。でも、グリーンカレーがめっちゃおいしかったです!あと、トムヤムクンも!」

--れんれんは?

根岸「みんなでごはんを食べに行ったりした後に、お土産を探していたんですけど、めっちゃかわいくて、おしゃれなフクロウのかばんを見つけて、買いました!帰りの空港でも、タイ限定のコアラのマーチがあって、マンゴー味とチョコレートバナナ味を8個買いました(笑)」

--お土産に大満足のれんれんでした(笑)。まいまいは?

春名「タイはすごく暑くて、30度ぐらいあるって聞いていて、めっちゃ汗かくやんって思っていたんですけど、カラッとした暑さで過ごしやすかったです。タイの気候、めっちゃいいやんって思いました。日本にも導入したい(笑)」


優しさ溢れる元ももクロ有安杏果さんとのエピソード


--気候は導入できないですねー(笑)。皆さんがタイにいた頃、日本では、ももいろクローバーZの有安杏果さんの卒業ライブがありました。同じ事務所の後輩なので、共演されたことも多々あったと思います。有安さんとの印象に残っている出来事を聞かせて下さい。

『教育』っていう杏果ちゃんの曲があるんですけど、その曲を一緒に歌う機会があって、杏果ちゃんが前に番組で歌っていた時、フェイクを入れていたんです。でも、そのリハーサルの時はフェイクを入れてなかったので、杏果ちゃんに、フェイク入れたいんですって言ったら、じゃあ一人で入れていいよって言われて、嘘やん!?って思ったんですけど、本番になったら杏果ちゃんも一緒に入れてくれて、すごく嬉しかったです。」

彩木「私は杏果ちゃんに、風邪を予防するためにマスク2枚した方がいいよって言われてから、ずっとマスクを2枚重ねしています。これがプロかーって関心して、私もそうしようと思って。」

清井「杏果ちゃんは先輩やし、大好きやから、緊張して話しかけられなかったんですけど、杏果ちゃんの方から名前を呼んでくれて、背中をポンって叩いてくれたりして、緊張が和らぎました。すれ違う時とかも、ニコってしてくれたりとか、そういう杏果ちゃんの優しさがめっちゃ好きやし、2014年の<俺の藤井>の時に、ライブが終わった後、理由は忘れたんですけど、私が号泣していたら、杏果ちゃんが、何で泣いてるの?って、ギュッてしてくれたのが嬉しかったです。」

根岸「チームいつつば(有安杏果・安本彩花・廣田あいか・坂本遥奈・根岸可蓮)で、初めて一緒に歌わせていただいた時、めっちゃ緊張したんですよ。みんな歌うまいじゃないですか。そこに入って私はどうすればいいんだと(笑)。そのリハーサルが終わった後、杏果ちゃんが、大丈夫!一緒に頑張ろう!って言って、ギュッてしてくれて、すごく嬉しかったです。あと、前髪をといてもらったことがあって、キュンとしました(笑)」

春名「ももクロちゃんの初主演映画の『シロメ』の時のイベントが、LABI1なんばであって、そのステージを横から観ていたんです。『全力少女』を歌っていた時に、指を差す振付があるんですけど、杏果ちゃんがこっちを向いて、レスを送ってくれて、それが私のアイドルからもらった初めてのレスだったので、本当に嬉しくて、今でもその光景が目に浮かび上がってきます。」



根岸可蓮とイチャイチャする清井咲希


--ももクロちゃんといえば、去年の12月20日、大阪城ホールでクリスマスライブがありました。私の前の列に、たこ虹の皆さんがいらっしゃいましたが、開演前に、さきてぃが、れんれんの肩に頭を乗せて、イチャイチャしていましたね(笑)

春名「咲希、よくやる、それ!」

「あるよな~(笑)」

--さきてぃは普段からそういう感じなんですか?

清井「めっちゃ、やっちゃいます(笑)」

--それは、れんれんに限らず?

清井「みんなにやります。」

「でも、かわいい感じじゃないんですよ。全体重をかけて頭を乗せてくるから、支えられないんです(笑)」

清井「めっちゃ気持ち良くて、安心するんです。申し訳ないなぁって思いながら。」

「ホンマに思ってる?」

清井「思ってるけど、そこで引っ込めたら負けやから(笑)」

「これ、勝負なん?(笑)」

清井「(頭を)どかさないので、みんな。だから甘えちゃいます。」

彩木咲良と春名真依の愛犬も甘えん坊



--年末に通天閣で行われた干支の引き継ぎ式で、まいまいとさくちゃんの愛犬も登場しました。まいまいの愛犬、ミニチュアダックスフンドの小春ちゃんはどんな性格ですか?

春名「小春は穏やかですね。あんまり怒らへんし、でもすごく甘えん坊です。私がただいまーって帰って来たら、階段の上から顔を覗かせるんですよ。ヨシヨシしたら尻尾をブンブン振って、その場でひっくり返って、どうにでもしてくれっていう状態で。ビックリするぐらい甘えてきます。」

--小春ちゃんの誕生日、1月5日って、まいまいと同じですよね?

春名「一緒です!お母さんがペットショップで見つけてきたんですけど、その時からずっと小春って呼んでいて、我が家にやって来まして、すくすく成長して、通天閣のイベントの次の日がMV撮影だったんですけど、見事に腕が筋肉痛でした(笑)」

--ずっと抱いてましたからね。さくちゃんの愛犬、チワワのチェリーちゃんは?

彩木「その引き継ぎ式の時って、吠えてたじゃないですか。あれは、ビビりなだけなんです。自分より大きなものが来ると、すぐに吠えるんです。でも家ではすごく甘えん坊で、一人(一匹)で寝れないんですよ。だからいつも一緒に寝てるんですけど、犬っていうより、人間の赤ちゃんみたいな感じです。私ってかわいいやろっていう行動するし(笑)」

春名「あざとい(笑)」

彩木「そう、あざとい!でも、引き継ぎ式が終わった後、親の気持ちがわかりました。どれだけ吠えていても、今日は頑張ったねって思って、ちょっと泣きそうになったんですよ。家に帰ってから、めっちゃ撫でてあげました。」

堀くるみが「NIF」で抱いた決意


--そして大晦日には、「西日本アイドルフェスティバル」がありました。他のアイドルさんとのコラボ企画もあったり、大盛り上がりでしたね。くーちゃん、いかがでしたか?

「西日本からアイドル界を盛り上げようというフェスだったので、アプガさんや、東京女子流さん、いぎなり東北産さんにも、その日だけ改名していただいて、コラボもたくさんさせていただいて、本当にありがたいなって思いました。東京と比べて、大阪、西日本にはアイドルが少ないって言われるんですけど、そのイメージをこのフェスで塗り替えようっていう気持ちとか、東京には負けへんで!っていう気持ちが詰まっていたなぁって思います。これからも西日本のアイドル界を、たこやきレインボーが引っ張っていけたらなって思います。」

次ページ : 2ndアルバム『ダブルレインボー』がついにリリース!

【ライブレポート】DEAN FUJIO…

【インタビュー】BAND-MAIDが世…