1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. ライブレポート
  5. BiS
  6. プー・ルイ卒業、レンタルトレード終了を迎えたBiS 新展開を予感させる、美学さえ感じられたステージ 【ライブレポート】

プー・ルイ卒業、レンタルトレード終了を迎えたBiS 新展開を予感させる、美学さえ感じられたステージ 【ライブレポート】

7人組アイドルグループのBiSが4日に、東京・両国国技館にて東名阪ライブツアーのファイナル公演『2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL?』を行った。

2018年3月7日


この記事の目次
  1. ・一つの儀式、そして7人での最後の時が始まる
  2. ・成長を感じさせた瞬間
  3. ・美学すら感じさせたステージ、そして新たなステップへ
  4. ・2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL セットリスト
  5. ・BiS 最新情報
  6. ・BiS Profile
その破天荒な活動で話題を呼んでいるBiSは2010年に結成、その後2014年に一度解散したものの、リーダーのプー・ルイを中心に2016年に再始動、2017年に2度目のメジャーデビューを発表と、これから益々の活動が期待されるグループである。

が、その一方でこの日はグループの絶対的リーダーであるプー・ルイが卒業、そして2017年に行われたメンバーのアヤ・エイトプリンスと、姉妹グループであるGANG PARADEのとカミヤサキのレンタルトレードが終了という大きな節目ともなっている。またこの日ライブを行った両国国技館は、2013年に当時グループでは最大規模の会場としてライブを行っている。新たなグループ史の始まりとなるその衝撃的な瞬間を目撃すべく、5000人ほどの研究員(BiSファンの呼称)がこの日会場を埋めた。


一つの儀式、そして7人での最後の時が始まる

 ステージにはツアータイトルである「WHO KiLLED IDOL?」という文字を背に、一番高い位置に絞首刑台が。そしてステージ後ろには不気味に光る大鎌を立てかけた岩が7つ。そんな不気味さを湛えるオブジェが、スタート前の会場にホラーチックな空気を醸し出していた。



 そして会場は定刻を迎えた。そこに登場したのは、BiSの所属事務所であるWACKの代表・渡辺淳之介。最初に同事務所の新人・内田珠鈴を紹介し、続いてGANG PARADE、そしてBiSの面々が集まり、アヤ・エイトプリンスとカミヤサキの“レンタルトレード終了の儀”が行われた。

それはアヤがリクエストした「Beyond the Mountain」、カミヤサキがリクエストした「FOUL」を、それぞれが加わったGANG PARADEの面子にてプレーするというもの。その儀も程よく会場を温め、いよいよBiS第二期メンバー7人による最後の時を迎えた。



 儀式終了後、程なくして会場がゆっくり暗転し始めると、観衆からの大きな歓声が上がり始める。そして新曲「DiPROMiSE」のイントロを用いたSEが会場に響く。暗闇の中、最初に光を向けられたのは、ステージ上の絞首刑台。徐々に照明は一つ、また一つと点灯され、やがて動きを見せ始める。カモフラージュされた光の動きの中、いつの間にか7つの岩の横に立っていたメンバーが、照明の動きの停止に伴って皆の前にあらわになる。そして大歓声の中ステージはスタートした。



成長を感じさせた瞬間



 オープニングナンバーは、BiS再始動の狼煙となった「BiSBiS」。観衆がプー・ルイの名を叫ぶ声がいくつも聞こえてくる。「アリーナ!枡席!2階より上!最後だからって、2階より上も埋まりやがって!でも愛してるよ!」と叫び応えるプー・ルイ。2013年の同会場では、「アリーナ!枡席!2階、居ない!」と冗談を飛ばし笑いを誘っていた彼女だったが、この叫びはその自分たちの成長を改めて実感する言葉であるようにも聞こえた。

 強烈なビートに合わせて、BiSの熱演が始まる。「Give me your love全部」「nerve」と、ほぼ止まることなく展開していくステージ。アヤが「国技館、今日は最高のぶつかり稽古にしようぜ!」とあおり、さらに観衆の興奮を高めていく。さらに5曲目ではパン・ルナリーフィが「BiSは、2013年にも国技館のステージに立ちました。そして今、この7人で満員の両国国技館のステージに立っている3月4日、1曲1曲を噛み締めて歌います」とコメント、この日の彼女らの、意気込みをしっかりと表す。

 ここからラスト前の「primal.」まで怒涛のごとく、MCを挟む間もなく彼女らは歌い、踊り、パフォーマンスを続けた。もちろん観衆へのアピールはあれど、まるでそのパフォーマンスの完成度を追及するためにステージに立っているといった、ある意味殺気立った雰囲気まで、時にその真剣な表情に醸し出していた。



美学すら感じさせたステージ、そして新たなステップへ



 いよいよ迎えた7人最後の時。ステージに7人が横並びで立つ中、マイクを持ったプー・ルイが語り始める。第二期のBiS始動当初、未経験者のメンバーをどう引っ張っていくかで悩んでいたこと、そして今、メンバーの成長、そしてBiS自体の成長を実感するとともに、自身の時が止まっていることに改めて気づく。そんな自分の思いを「BiSは、私の人生の中で、1番の汚点であり、1番の誇りです。今日はBiSと私の戦いに、自分の手で決着をつけてやろうと思います。止まってしまった時間を進めます」と締めくくる。そしてその決着の歌となる、BiSの始まりの歌「BiS」へ。そして訪れてしまった、別れの時。再び7人は観衆に向け横並びで、プー・ルイのリードで、7人は観衆に向け深々と一礼をしステージを去った。



 彼女らがステージを去った後には「プー・ルイやめないで!」という観衆の声が、あちこちから響き、やがて一つの大きなうねりとなった。そのしばしの時を過ぎると、ステージには新たな衣装をまとった、プー・ルイ以外の“新体制”の6人のメンバーがステージに登場した。メンバーを代表し、ペリ・ウブが47都道府県を周る全国ツアー『I don’t know what will happen TOUR』の開催を発表するとともに「BiSはいつだって最高でした。でも私たちが、最高の、最高の、最高のBiSを作ります!私たちがBiSです!胸いっぱいの愛を込めて!」と新たな一歩を踏み出す覚悟を宣言した。

 ラストナンバーは新曲「WHOLE LOTTA LOVE」を初披露。



かつて世界的なロックバンドのレッド・ツェッペリンが同タイトルの曲を発表しているが、その何十倍ものへヴィなサウンドと、激しいパフォーマンスで彼女らは自身の覚悟を表現、そして「誰もIDOLは殺せない!」というキカ・フロント・フロンタールの叫ぶ一フレーズでパフォーマンスを終えた。



 パフォーマンスが終わったとともに会場はパッと暗転し、再び照明が点灯した後に、ステージには誰もいなかった。会場では観衆が再びプー・ルイの名を叫ぶ声が幾重にも重なったが、彼女らが再びステージに現れることはなかった。今にも泣き出しそうになるのをじっとこらえ、震えるような声で最後にコメントしたプー・ルイ。7人での活動にしっかりと区切りをつけ、アンコールを受けながら再びステージに現れることのなかったプー・ルイ。MCなどほぼ無し、最初から最後まで飛ばしたBiSのパフォーマンス、そして最後の挨拶なく「誰もIDOLは殺せない」というメッセージを残して消えた6人。そこには何か演者、パフォーマーとしての美学のような姿勢も感じられた。

 ツアータイトルの『WHO KiLLED IDOL?』というキーワードに対し「誰もIDOLは殺せない」という言葉には、自分たちのアイドルとしてのプライドや、アイドルの新たな姿への探究心など、唯一無二の存在を目指して邁進する彼女ら自身の、ポジティブな姿勢も感じられる。彼女らはおそらく今後、何かをしでかすだろう。そう思えてならないひと時だった。



TEXT:桂伸也
Photo:sotobayashi kenta

2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL セットリスト

『2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KILLED IDOL?』
2018/3/4 @東京・両国国技館

セットリスト
01. BiSBiS
02. Give me your love 全部
03. nerve
04. My Ixxx
05. レリビ
06. CHANGE the WORLD
07. IDOL
08. SOCiALiSM
09. 太陽のじゅもん
10. ロミオの心臓
11. NOT the END
12. Never starting song
13. SAY YES
14. I can't say NO!!!!!!!
15. 明日が来るなら
16. NOT SPECiAL
17. Human after all
18. primal.
19. gives.
20. BiS

encore
E01. WHOLE LOTTA LOVE

BiS 最新情報

<リリース情報>
BiS1st
New SG「アゲンストザペイン」
2018年11月14日発売
●完全生産限定盤※数量:2,000枚(完全限定生産)
(5CDS+Blu-ray+Photobook+BiS.LEAGUE券封入)
CRZP-38 / ¥12,800(tax in)

●初回限定盤(CDS+DVD、BiS.LEAGUE券封入)
CRCP-10416 / ¥3,240(tax in)

●通常盤(CDS、BiS.LEAGUE券封入)
CRCP-10417 / ¥1,080(tax in)

※BiS.LEAGUE券:各タイプの初回生産分のみ封入


・完全生産限定盤
※数量:2,000枚(完全限定生産)
【DISC-1(CDS)】
M-1:アゲンストザペイン
M-2:YPP
M-3:イツカヤラレルゾ
M-4:アゲンストザペイン (instrumental)
M-5:YPP (instrumental)
M-6:イツカヤラレルゾ (instrumental)

【DISC-2(CDS)】
M-1:アゲンストザペイン (ゴ・ジーラ Ver.)

【DISC-3(CDS)】
M-1:アゲンストザペイン (アヤ・エイトプリンス Ver.)

【DISC-4(CDS)】
M-1:アゲンストザペイン (パン・ルナリーフィ Ver.)

【DISC-5(CDS)】
M-1:アゲンストザペイン (トリアエズ・ハナ Ver.)

【DISC-6(Blu-ray)】
■BiS1st「アゲンストザペイン」 (Music Video)
■MAKiNG OF アゲンストザペイン (Music Video & Photography)

【PHOTOBOOK (100P)】

・初回限定盤
【DISC-1(CDS)】
M-1:アゲンストザペイン
M-2:YPP
M-3:アゲンストザペイン (instrumental)
M-4:YPP (instrumental)

【DISC-2(DVD)】
■BiS1st「アゲンストザペイン」 (Music Video)
■BiS1st「アゲンストザペイン」 (Music Video) コメンタリー (ゴ・ジーラ Ver.)
■BiS1st「アゲンストザペイン」 (Music Video) コメンタリー (アヤ・エイトプリンス Ver.)
■BiS1st「アゲンストザペイン」 (Music Video) コメンタリー (パン・ルナリーフィ Ver.)
■BiS1st「アゲンストザペイン」 (Music Video) コメンタリー (トリアエズ・ハナ Ver.)
■A DOCUMENTARY OF BiS1st

・通常盤
M-1:アゲンストザペイン
M-2:YPP
M-3:アゲンストザペイン (instrumental)
M-4:YPP (instrumental)

※BiS1st:ゴ・ジーラ、アヤ・エイトプリンス、パン・ルナリーフィ、トリアエズ・ハナ


BiS2nd
New SG「アゲンストザペイン」
2018年11月14日発売
●通常盤(CDS、BiS.LEAGUE券封入)
CRCP-10418 / ¥1,080(tax in)【CD】

※BiS.LEAGUE券:各タイプの初回生産分のみ封入

・通常盤
M-1:アゲンストザペイン
M-2:YPP
M-3:アゲンストザペイン (instrumental)
M-4:YPP (instrumental)

※BiS2nd:
キカ・フロント・フロンタール、ペリ・ウブ、YUiNA EMPiRE、ムロパナコ、ネル・ネール、ミュークラブ

-----
<ツアー情報>
「I Don't Know What Will Happen TOUR」

09月29日(土)福島:郡山HIP SHOT JAPAN
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
09月30日(日)岩手:盛岡Club Change WAVE
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
10月06日(土) 愛媛:松山W studio RED
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
10月07日(日) 香川:高松DIME
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
10月11日(木) 東京:渋谷CLUB QUATTRO
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
10月20日(土) 長崎:DRUM Be-7
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
10月21日(日) 佐賀:ROCK RIDE
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
10月27日(土) 長野:松本ALECX
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
10月28日(日) 山梨:甲府KAZOO HALL
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
11月03日(土) 北海道:cube garden
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
11月04日(日) 北海道:cube garden
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
11月10日(土) 福岡:DRUM LOGOS
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
11月17日(土) 愛知:ボトムライン
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
11月24日(土) 宮城:Rensa
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
12月02日(日) 広島:CLUB QUATTRO
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
12月24日(月・祝)大阪:味園ユニバース
[2nd] OPEN12:30/START13:30 [1st]18:30/START19:30
12月29日(土)東京:Zepp Tokyo
[1st/2nd] OPEN16:00/START17:00

BiS Profile

【BiSオフィシャルtwitter】
http://twitter.com/BiSidol

【BiS HP】
http://www.brandnewidolsociety.tokyo/

【歌う動画トップテン:3/12付】今週…

【インタビュー】急成長の歌唱力と大迫力…