1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. ライブレポート
  5. KICK THE CAN CREW
  6. KICK THE CAN CREW「俺らを受け止められんのっ?」908 FESTIVAL 2015前夜祭!【ライブレポート】

KICK THE CAN CREW「俺らを受け止められんのっ?」908 FESTIVAL 2015前夜祭!【ライブレポート】

昨年からその期待に応えるように活動をおこなっているKICK THE CAN CREWが今回はメンバーKREVAの10周年を締めくくるライブ「908 FESTIVAL 2015」に出演、その前夜祭である「前夜祭 KREVA & KICK THE CAN CREW」にUtaTenが取材に行ってまいりました!

公開日:2015年9月9日 更新日:2017年5月24日

Report

愛香


この記事の目次 []
  1. ・KICK THE CAN CREW 最新情報
  2. ・リリース情報
  3. ・配信情報
  4. ・KICK THE CAN CREW Profile
  5. ・KREVA 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ライブ情報
  8. ・KREVA Profile
1.jpg

かつてのようにコンスタントに活動してくれることをどれだけの人が望んでいただろう。
昨年からその期待に応えるように活動をおこなっているKICK THE CAN CREWが今回はメンバーKREVAの10周年を締めくくるライブ「908 FESTIVAL 2015」に出演、その前夜祭である「前夜祭 KREVA & KICK THE CAN CREW」にUtaTenが取材に行ってまいりました!

会場である日本武道館には仕事帰りであろうスーツ姿のファンや、小学生くらいであろう子供の姿も見え、前夜祭にも関わらず1階から3階まで満員であった。
KREVAが1曲目に選んだのはデビュー曲「音色」悲鳴にも似た歓声で迎えられ会場のボルテージは一気にMAXまで振り切り、MCタイムでさらにファンのきもちを高ぶらせ2曲目から7曲目までノンストップで駆け抜けた。
どの曲も前奏で歓声が沸き起こった中でも4曲目「基準」の有名な高速ラップは何度聴いても圧巻で、鳥肌が立つほどであった。
聴いている人に自分の歌が伝えることを一番に考え、伝わったことが一番の喜びであるような表情でパフォーマンスする彼は、MCに入る度にまず「ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べ15曲を歌い切る。

2.jpg
と、ここでKICK THE CAN CREWと書かれた看板が登場し彼らがステージ中心に姿を現すと、歓声と拍手がドッと起こりその存在感に吸い込まれていくようなある意味神秘的ともいえる空間が生まれた。
3曲披露した後、「KREVAです」「MCUです」「LITTLEです」「3人合わせてKICS THE CAN CREWです!」の挨拶でファンを沸かせ、その後もヒット曲を連発、MCでは無口だったリーダーのLITTLEもマイクを取りクールなイメージとは逆に「かわいい」との声が会場から聞こえたりもした。
それぞれソロとしては活動してきた彼らだが、やはり3人揃った時に観客を圧倒させる存在感は未だかつて類を見ない。
最後の曲「アンバランス」を披露した彼らはアウトロの流れる中クールにステージを去っていった。
すぐに会場からはアンコールが起こり、少しするとダウン姿の3人が登場。908 FESTIVAL 2015の前夜祭ということで歌詞に「終わらない 前夜祭」とある「クリスマス・イヴRAP」を熱唱。
MCを挟み再びKREVAのソロ「Na Na Na」を会場と一体となり歌い上げたところで、MCUとLITTLEが11周年を迎えるKREVAへ花束を贈り、最後はDJとドラムも含めた5人で手をつなぎ大きく礼で締めくくった。

ラップがより多くの人に聞かれる先駆けとなった彼らは今も変わらない魂を胸に秘め、リリックを聴き手に届けることに常に全力である。
活動休止期間を経て培った大人の色気や包容力とこれからの活躍にも注目だが、今回のライブにも見受けられた活動休止中に生まれた世代にも末永く彼らの曲が聴かれることを期待したい

TEXT:愛香

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
-セットリスト-

1.音色
2.THE SHOW
3.BESHI
4.基準
5.挑め
6.ストロングスタイル
7.成功
8.It’s for you
9.王者の休日
10.ビコーズ
  今夜はブギーバック
  ビコーズ
11.I Wanna Know You
12.トランキライザー
13.Have a nice day!
14.C’mon,Let’s go
15.KILA KILA

【KICK THE CAN CREW】
1.タカオニ2000
2.スーパーオリジナル
3.カンケリ 01
4.BREAK 3
5.GOOD TIME
6.ONE WAY
7.ユートピア
8.地球ブルース~337~
9.マルシェ
10.イツナロウバ
11.sayonara sayonara
12.アンバランス

EN1.クリスマス・イヴRAP
EN2.Na Na Na

【CD商品情報】
■■SINGLE「Under The Moon」

4.jpg
発売日:2015年2月25日(水)/ PONY CANYON
[CD only] PCCA-04151 / 本体価格¥1,200+TAX
※初回生産分のみ「蓄光ジャケット仕様」(9,080枚限定)

M1:Under The Moon
M2:これでよければいくらでも
M3:47都道府県ラップ
M4:Under The Moon (Inst.)
M5:これでよければいくらでも(Inst.)
M6:47都道府県ラップ(Inst.)

■■Amazonで購入

GLAYが出向いた音楽世界。「夏音」に…

ラジオ"パワープレイ"を大特集!!世界…