1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. インタビュー
  5. 東京パフォーマンスドール
  6. 【インタビュー】新体制スタート!「東京パフォーマンスドール」櫻井紗季・橘二葉が愛してやまないものとは?

【インタビュー】新体制スタート!「東京パフォーマンスドール」櫻井紗季・橘二葉が愛してやまないものとは? (2/2)




櫻井紗季の「知性」&橘二葉の「地元愛」は本物なのか?

――6月11日がCDデビュー4周年記念日だったということで、当日の夜、SHOWROOMで特番を配信していましたよね。私もリアルタイムで観ていましたが、メンバー6人に対して、TPDのスタッフさんが7人現場に来たと(笑)」

2人「ビックリしました(笑)」


――その特番で、TPDメンバー内の様々な№1を視聴者投票で決めていましたが、櫻井さんは「知性№1」に認定されました。

櫻井「ありがたいですね。知性ないんですけど(笑)。
私、TPDの中の立ち位置と、友達の中の立ち位置が違うんですよ。友達の中では、テキトーで、だからよく注意もされるし、怒られたりもするんですけど、TPDの中だと年上なので…。」

「メンバー的にも、テキトーな感じの人が割といるから。」

櫻井「ボケキャラが多くて(笑)。私が普段の感じだったら、やばいなと思って(笑)」


――勉強は出来る方ですか?

櫻井「普通です。」


――知識は豊富?

櫻井「他のメンバーと比べたら(笑)。私の友達がこの話を聞いたら、めっちゃビックリしますよ。知性がある?うそーっ!って言われると思います。」


――TPDの中で、しいて言えば知性№1ということですね(笑)。橘さんは「伸びしろ」「天然ボケ度」「愛され力」の3部門を制覇しました。

「嬉しいですねー。」

櫻井「絶対、二葉ファンが多かったんですよ(笑)」


――異議ありですか(笑)。その3つの中で一番納得できるのは?

櫻井「愛され力かなぁ?やっぱりデビューの時から年下キャラだし、メンバーからも、ファンの皆さんからも愛されてると思います。」


――橘さん自身は、「地元(和歌山)愛№1」だと主張していました。

櫻井「それはないですねー。」


――というふうに、他のメンバーから総ツッコミを浴びていましたが(笑)

「最近、東京の良さに気付いて(笑)」


――(笑)せっかくなので、ここで地元愛をアピールしましょうか。

「和歌山って、自然が豊かなんですよね。」

櫻井「田舎の人が絶対言いますよね(笑)」

2人空気が違う!(笑)


――声が揃いましたが、櫻井さんは山口県出身です(笑)。「自然が豊か」の他には?

「パンダがたくさんいます!パンダは上野動物園のイメージが強いと思うんですけど、和歌山も負けてないぞって。和歌山のアドベンチャーワールド、みんな行ってみて!って思います。」(*現在5頭を飼育)


――白浜もいいですよね。

「白浜の海、めっちゃキレイなんですよ。『溺れるナイフ』っていう映画のロケ地にもなっていて、自慢できます。」


――和歌山のおすすめの食べ物は?

「みかん!醤油!和歌山ラーメンがおいしいです!」


6人のシンクロダンスを観てほしい!



――6月6日にニューシングル『Shapeless』が発売されました!テレビアニメ『BEATLESS』の2クール目のエンディングテーマですが、ウィークリーチャートで、オリコン8位、タワーレコード渋谷店1位、ビルボードジャパンのアニメチャートで1位を記録しました!

2人「嬉しい!」


――新体制初のシングルになりますが、どんな曲ですか?

櫻井「この曲の世界観が、アニメ『BEATLESS』に寄り添っているので、アニメのファンの方は、この曲を聴いた時に、アニメと通ずるものを感じてもらえるんじゃないかなと思います。

アニメを知らない方には、大切な人や、大切なものを思い浮かべながら聴いていただければと思います。人の意見とか、いろいろな情報に左右されそうになっても、自分の本音や意志を強く持って、貫いていこうというメッセージが込められた曲です。

「Shapelessは、形のないものっていう意味なんですけど、本当に自分が大切にしていることって何なんだろう?っていうのを、改めて考えさせられる曲だなって思います。


――『Shapeless』の特に好きな歌詞の部分を教えて下さい。

櫻井「2番のサビなんですけど、"たとえどんな 結末だって この想いが 届いたら 自分だけは この温度が アイなんだと 信じれるよ"の部分が、すごく響きました。
今、自分が頑張っていることの結果が、どんなものでも、それまでの過程だったり、自分の中で生まれた感情を大事にしていれば、自分の中で答えが見つかるっていうメッセージが、すごくいいなって思います。」



――MVの見どころは?

櫻井「メンバーとともに映像が派手に動いているのが印象的だったんですけど、色合いも、爽やかなサウンドに合っていて、夏にもぴったりだなと思います。」

6人のシンクロしたダンスを観てほしいなと思います。
手の動き、指の形、足の置き位置とか、ひとつひとつをみんなで確かめ合って、練習してきたので。」



――橘二葉さんと浜崎香帆さんとのユニット曲『BURN ME OUT』も、カップリング曲として収録されています。改めてその曲の聴きどころを。

「とにかくセクシーです。夜を遊んでいる女性を描いた歌詞にも注目して、聴いてほしいなと思います。」



――激しいダンスナンバーですが、浜崎さんは「2.5曲分ぐらいの体力が必要」と、おっしゃっています。

「本当にその通りで、この曲を踊ったら、次はもう歌えないねっていう覚悟で踊っています。
まだ2回しか披露していないんですけど、これから披露する機会が増えると思うので、香帆ちゃんと息を合わせて、やっていきたいなと思います。」


――櫻井さんのおすすめのカップリング曲は?

櫻井「どの曲も好きなんですけど、『Kiss×Bang Bang!』は、女の子の恋心をストレートに描いていて、それを全員曲でやるっていうのがすごく新鮮でした。振付もかわいいので、ライブでも観てほしいなと思います。」



――この曲は、櫻井さんメインの曲ですよね?

櫻井「真ん中の一番前っていうのが慣れなくて、鏡を見ながらリハーサルをやるんですけど、真ん中にいる自分が気持ち悪くて、笑えなかったりしたんです。
でも今は、主人公の女の子になりきって、パフォーマンス出来ていると思います。」


――最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

櫻井「6人体制で新たにスタートしたんですけど、7月以降もワンマンライブが決まっていますし、11月には2ndアルバムもリリースされるので、もっともっと6人でパフォーマンス力を上げて、感動してもらえるようなステージを作っていきたいと思います。」

「6人になって、なんか減ったなとか、勢いがなくなったなって言われたくないです。7月からも、いろんなフェスやイベントにも出演させていただくので、6人のシンクロしたダンスを観ていただけるように、頑張っていきたいと思います。」




上西星来はファッション誌「Ray」の専属モデルとして4年目に突入。浜崎香帆は4月から朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)にレギュラー出演中で、個人活動も目立つTPD。

結成6年目を迎え、更なる飛躍を誓う6人が目指すのは、先代が立った日本武道館、横浜アリーナのステージ。「先代を超えてみせる!」その想いが未来へと繋がっていく。

TEXT&PHOTO:ポッター平井


プレゼント応募について

Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
アイドルUtaTenのTwitterアカウント(@UtaTen_idol)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

②UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

③応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、アイドルUtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。





【応募締め切り】
7/8 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utaten_idolからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!


篠原涼子、EAST END×YURIの市井由理、穴井夕子などを輩出した伝説のグループ・東京パフォーマンスドール(通称:TPD)が、約17年の 時を経て、2013年6月19日、全国8,800人の中から選びぬかれた新メンバーで復活! 初代TPDのDNAを継承し、唯一無二のパフォーマンスグループを目指して、高嶋菜七、上西···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【インタビュー】瀧川ありさ「パーソナル…

【インタビュー】 橋本裕太「究極の愛を…