1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. ライブレポート
  5. Do As Infinity
  6. 【ライブレポート】ライブツアーで大盛り上がりのDo As Infinity、東京国際フォーラムで生きる喜びを叫ぶ!

【ライブレポート】ライブツアーで大盛り上がりのDo As Infinity、東京国際フォーラムで生きる喜びを叫ぶ! (2/2)




沸き上がるパッションを解き放たずにいれない。



ここからはラストに向け、Do As Infinityの2人はノンストップで立て続けに熱狂を描き出した。その幕開けを切った『科学の夜』では、アバンギャルドなデジタルグルーヴの上で、伴 都美子がより一層感情を震わせながら歌唱。スケール感満載な楽曲の中へ、ジワジワと熱を這わせれば、サビでは壮麗に歌いあげる面も。そして…。

ワイ ルドでダーティなロックンロールプレイが炸裂。豪快に走り出した『Gates of heaven』の演奏の上で、伴 都美子が雄々しく歌いあげてゆく。フロアー中から突き上がる無数の拳。楽曲が進むごとに上がってゆく熱、何より、存在感を増す歌声と演奏に気持ちが強く強く惹かれていた。

続く『under the sun』を通し、ダーティでワイルドなロックモードは、さらに熱狂のレベルを上げだした。タンバリンを手に歌う伴 都美子。挑発的な演奏へ触発され、感情が燃え盛ってゆく。沸き上がるパッションを解き放たずにいれない。舞台上で繰り広げられる熱いロックなセッション。

その熱い空気を、より攻めな表情へ増加するように、Do As Infinityは『化身の獣』を投影。雄々しい姿を持って。まるで野獣と化したような様で、メンバーらも、フロアー中の観客たちも、理性の留め金を外し、熱狂の中で戯れることに喜びと興奮を覚えていた。

上がり続ける熱を覚ますなんてヤボなことは不必要だ。『JIDAISHIN』でも2人は興奮した観客たちを、もっともっとと挑発し続けてゆく。フロアーでは、満員の観客たちが大きくタオルを振りまわし、会場中へ熱気を攪拌させていた。サビでタオルがくるくるとフロアー中で回る光景の、なんと圧巻だったことか。

「わん・つー・さん・しー」の声を合図に『本日ハ晴天ナリ』が飛び出した。高揚した楽曲に身を預け、会場中の人たちがオイオイ大声を張り上げ、高ぶる情熱を舞台上へぶつけてゆく。サビで一緒に歌えば、晴れ渡る楽曲に合わせ、気持ちまで心地好く澄み渡っていた。



最後は、伴 都美子もアコースティックギターを手に『遠くまで』を熱唱。観客たちも一緒に歌を口ずさみながら、誰もが『遠くまで』を通し心を嬉しく開放していった。互いに気持ちを解き放ったとき、そこには舞台と客席という境界線さえ消え、とても至近距離で肩を組み交わし歌いあうフリーダムな世界が生まれていた。そんな感覚さえ感じていた。



何時しか誰もが満面の笑みを浮かべ、2人とライブを介し、じゃれ合っていた。




「この曲を歌うたびに、ツアーを通して各地を旅していた風景を思い出す」と語ったあと、アンコールでは、ツアーの日々を歌にした『ワンダフルライフ』を披露。心地好い歌の風に吹かれながら、2人と一緒に僕らも歌の旅へランデブー。ついスキップ踏みたくなる気持ちのまま、爽やかな音の景色の中で無邪気に戯れてゆく。



最後も、これまでの熱狂を晴れ晴れと昇華するように『For the future』を歌唱。どんどん上がり続ける爽やかな熱狂。何時しか誰もが満面の笑みを浮かべ、2人とライブを介し、じゃれ合っていた。2人もまた最高の笑顔を浮かべ、心の扉を開け放ちながら、この瞬間を全身で、全力で味わっていた。なんて光の中、一つに解け合える笑顔あふれるライブだろう。この解放感が、ほんとたまんない!!



Do As Infinityは、来年デビュー20周年を迎える。そのためにも、新しい挑戦として必要だったのが、デビュー19周年を新鮮に彩ったアルバム『ALIVE』の存在だった。

2人が次はどんな新しい景色を目の前に描きだすのか、まずは、次なる一歩を楽しみにしてようか。

TEXT:長澤智典

セットリスト

■『Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-』
5月20日@東京国際フォーラム ホールCセットリスト

00. 〜Prologue〜
01. Alive
02. GET OVER IT
03. Perfect World
04. To Know You
05. 深い森
06. Iron Hornet
07. アリアドネの糸
08. 陽のあたる坂道
09. Silver Moon
10. Lovely Day
11. 火の鳥
12. 唯一の真実
13. 科学の夜
14. Gates of heaven
15. under the sun
16. 化身の獣
17. JIDAISHIN
18. 本日ハ晴天ナリ
19. 遠くまで

Encore
EN1. ワンダフルライフ
EN2. For the future

Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE-概要

5月19日(土) 名古屋ダイヤモンドホール 開場16:15/開演17:00
5月20日(日) 東京国際フォーラム ホールC 開場17:00/開演18:00
5月26日(土) 大阪エルシアター 開場17:15/開演18:00
6月3日(日) 熊本 B.9 V1 開場16:15/開演17:00
7月7日(土) 横浜ランドマークホール 開場16:15/開演17:00

Do As Infinity LIVE TOUR 2018 -ALIVE- in TAIPEI

7月21日(土)、22日(日) 台北・Legacy Taipei 開場17:00/開演18:00 (予定)

伴 都美子(Vo.)、大渡 亮(Gt.&Vo.)からなるロックバンド。 1999年結成。 デビュー前から渋谷ハチ公前を中心に100回以上路上ライブを行い、同年9月29日、シングル「Tangerine Dream」でavex traxよりデビュー。 2005年11月25日に日本武道館でラストライブをもって6年間の活動を終了したが···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【インタビュー】22歳の大学生シンガー…

ぬかるんだ恋にご用心『助演女優症2』