1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. ライブレポート
  5. SUPER☆GiRLS
  6. 9人のステージも残りわずか…。SUPER☆GiRLSがワンマン開催!!

【ライブレポート】SUPER☆GiRLS、見納めカウントダウンワンマンがスタート!

このアーティストの関連記事をチェック

【インタビュー】「SUPER☆GiRL…

「SUPER☆GiRLS」が悲喜こもご…

9人組アイドルグループ・SUPER☆GiRLSが11月4日(日)、AiiA 2.5 Theaterを舞台に、卒業メンバー発表後では初となる、9人のSUPER☆GiRLSによるワンマンライブと、「SUPER☆GiRLS 超LIVE 2018 & 超オーディション!!!!」が行われた。その日のレポートをお届けします!

公開日:2018年11月6日 更新日:2018年11月6日


この記事の目次 []
  1. ・SUPER☆GiRLS 超LIVE 2018 & 超オーディション!!!!
  2. ・「好きです」の連発に、気持ちは嬉しくアガりっぱなし
  3. ・この9人で立てるステージは残り3回
  4. ・溝手るか コメント
  5. ・途切れぬ興奮という嬉しい革命を起こしてくれた
  6. ・セットリスト

SUPER☆GiRLS 超LIVE 2018 & 超オーディション!!!!

2019年1月11日・Zepp DiverCity(TOKYO)で行われるワンマン公演をもって、SUPER☆GiRLSより渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩の5人の卒業が発表になったときは、まさに衝撃だった。同時に、SUPER☆GiRLSとしては第四期となる新メンバーのオーディション「SUPER☆GiRLS 超オーディション!!!!」も、「MBSラジオ/SHOWROOM/FRESH LIVE」と3つのルートでスタート。選ばれたメンバーのお披露目となるのが、5人の卒業の日となる2019年1月11日・Zepp DiverCity(TOKYO)。

この日は、現SUPER☆GiRLSの一つの歩みの終わりであり、渡邉幸愛、石橋蛍、阿部夢梨、長尾しおり。そして、今回のオーディションで選ばれたメンバーによる新生SUPER☆GiRLSとしての始まりの日にもなる。何より、その日へ向けたカウンドダウンはすでに始まっている。

11月4日(日)・AiiA 2.5 Theaterを舞台に、卒業メンバー発表後としては初となる9人のSUPER☆GiRLSによるワンマンライブと、「SUPER☆GiRLS 超オーディション!!!!」が行われた。


先に、3つのルートで行われたオーディションで勝ち抜いたメンバーたちによる最終オーディション「SUPER☆GiRLS 超オーディション!!!!」を開催。舞台上には、「MBSラジオ」ルートで勝ち残った6人、「SHOWROOM」ルートで勝ち上がった7人、「FRESH LIVE」を通してチャンスを手にした5人の計18人が登壇。審査方法は、3つのルートごとに、それぞれが自己紹介をした後に、チームとして『花道!!ア~ンビシャス』をパフォーマンスする形で実施。この日は、オーディションの模様を「SHOWROOM」と「FRESH LIVE」でも生配信。ネット上を通してその模様を観ていた人たちも多かったのではないだろうか。

オーディション中は、挑戦者それぞれのファンたちも熱烈に応援。審査の結果は、2018年12月19日・TSUTAYA O-EASTで行われる8周年記念ライブ「SUPER☆GiRLS 超 LIVE2018 8thDEBUT Anniversary~NEW GENERATIONS!!!!~」でお披露目発表になる。

【写真】SUPER☆GiRLSワンマンのライブ写真を全て見る

「好きです」の連発に、気持ちは嬉しくアガりっぱなし

「SUPER☆GiRLS 超オーディション!!!!」に続き、ここからはSUPER☆GiRLSのライブ「SUPER☆GiRLS 超LIVE 2018 & 超オーディション!!!!」へ。

胸に左手を当て、舞台上に現れた9人。

ライブは、11月14日発売となる最新シングル『わがまま GiRLS ROAD』からスタート。彼女たちは最初から凛々しい表情と力強いステージングを魅力に、「夢を見ることはわがままじゃないんだ」と観客たちへ勢い良く挑み出す。

ほとばしる熱情をラテンビートに乗せ、セクシーにせまる彼女たち。『赤い情熱』でSUPER☆GiRLSは、胸に秘めた想いを爆発させるように歌唱。真っ赤に燃えた情熱の炎が、満員の観客たちも刺激する。続く『女子力←パラダイス』を通し、SUPER☆GiRLSはみんなを心弾む、華やかなパラダイスへ連れ出した。


気持ちがウキウキと騒ぎだす、彼女たちと一緒に楽園の中ではしゃぎたい。そんな気持ちを嬉しく挑発するように、SUPER☆GiRLSは情熱ラテンナンバー『華麗なるVICTORY』をプレゼント。誰もがカラフルでファンキーな楽曲へ飛び乗り、身体を揺らし、心を踊らせていた。このパーティ、早くもテンションは限界値を越えるレッドゾーンへ向けアガり出した!!



ここで、先に行われたオーディションを楽屋で観ていた感想を話し始めたメンバーたち。みんながワイワイ楽しく話をしていく中、三期生メンバーの阿部夢梨は、三期生としてSUPER☆GiRLSへ加入した頃のことを思い出し、一人涙ぐむ場面も。その素直さが可愛いじゃない。
三期生メンバー 阿部夢梨

オーディション話の流れから披露したのが、先に課題曲になっていた『花道!!ア~ンビシャス』。舞台上を目一杯使い、彼女たちは観客たちの爆発した気持ちをグイグイと引き出し、会場を「うっほっ」の熱い声飛び交う大騒ぎの空間へ塗り上げていった。「やはり本家は違う」と思わず唸るほど、長年アイドルシーンを勝ち抜け続けていた実力を、圧倒的な存在感と迫力を持ったステージングを通して実感。メンバー紹介を軸に据えた可愛いポップチューン『恋してYES~これが私のアイドル道~』を通し彼女たちと一緒に無邪気にはしゃげば、「がんばって!!」の声に刺激を受け、心に漲るパワーを覚えた『がんばって青春』と、気持ちの熱がどんどん膨らみだす。



続く『シェルターなんかいらない』を、渡邉ひかる/内村莉彩/阿部夢梨/長尾しおりが歌唱。4人は大人な色気も醸しながら、情熱的かつファンキーに歌を届けてゆく。続いて宮崎理奈/溝手るか/渡邉幸愛/浅川梨奈/石橋蛍の5人が、胸をキュッと疼かせる『Girl's Party-my friend Jenny-』を、マイクスタンドも駆使しながらセンチメンタル&ロマンチックに歌いあげてくれた。

まばゆい光を掻き集め明るく情熱的にせまった、カラフルポップチューンの『キラキラ☆Sunsine』。目の前で告白を受けているような気分になったのが、『恋愛ルール』。メンバーそれぞれが「好きです」というたびに、フロアーからは興奮の声が上がるのだが、なぜか宮崎理奈のときだけはクスッと笑いが起きるのも、彼女の親しみあふれるキャラクターがあってこそ。何より、「好きです」の連発に、気持ちは嬉しくアガりっぱなしだ。



この9人で立てるステージは残り3回

中盤には、胸をキュッと疼かせるミッドメロウな曲たちをラインナップ。片思いの心模様を、触れた人たちの心へ染みるように歌った『いそいでアダム』。片思いって、なんで何時もこんなにイヴのようなセンチでロマンチックな気持ちへ染めていくのだろう。「君が大好きだよ」と歌いだす『「サヨナラ」なんて』を通して感じた、後悔の思い。恋にまつわる心の過ちの歌ほど、胸を痛く叩いてゆく。だからこそ、その気持ちに寄り添わずにいれなかった。



「これまで9人で歩んできた思い出を胸に歌います」と語った後に歌った新曲の『おもいでアップデート』には、まさに、これまで一緒にSUPER☆GiRLSとして歩みながら抱いてきたメンバーたちの想いが刻まれている。言葉の一つ一つを、これまで積み重ねてきたメンバーたちとの心の絆と想いを重ねるように歌う彼女たちを見ながら、早くこの歌へ一緒に心を重ねたい気持ちになっていた。

溝手るか コメント

「2019年1月11日を持ちまして、渡邉ひかる、宮崎理奈、浅川梨奈、内村莉彩、そしてわたくし溝手るかの5人がSUPER☆GiRLSを卒業いたします。

1ヶ月経ってもなかなか実感が沸かなくて。何時まで経ってもみんなとふざけている時間が楽しくて。リハーサルをしていても、みやりんがふざけ始めて、そこへなおぽんとこうめが全速力でノリに行って、そこへ誰よりも楽しく入ってくるうっちーがいて、蛍としおりがちょっと伺いながらノッて入ってきて、ゆめりが嬉しそうに入ってきて、みんなにゆめりに総突っ込みをする。最後に入ってきたひかりちゃんが全部持ってくっていうね。このSUPER☆GiRLSの今の関係性も『おもいでアップデート』にすごく込められているなぁと思いました。

今日を入れて、この9人で立てるステージは残り3回ですけど。あのライブのあの瞬間最高に楽しかったなぁという思い出を、メンバー同士もそうだし、ファンのみなさんとも作っていけたらなと思っております」

途切れぬ興奮という嬉しい革命を起こしてくれた

ここからは、ラストへ向けてスパートだ。胸をキュンと疼かせるキラキラと輝きを放つポップチューンの『スイート☆スマイマル』。


胸の内から込み上げる想いを携え、光に向かって走りだす気持ちに包まれた『ごめんね。のとなりで』。フロアー中から沸き起こった「イッチャって♪ヤッチャって」の声に熱く気持ちが揺さぶられた、『イッチャって♪ヤッチャって♪』。『EveryBody JUMP!!』に合わせ、みんなで一緒に飛び跳ねながら心解き放てば、眩しい光に包まれメンバーと一緒にはしゃぎまわった『キラ・ピュア・POWER!』では、心一つに溶け合った想いを実感。



最後に届けた『ギラギラRevolution』でも、会場中の人たちが「オー!イエー!!」と声を上げ、熱狂したい気持ちへ途切れぬ興奮という嬉しい革命を起こしてくれた。


アンコールで届けた『MAX!乙女心』では、客席へ姿を現し歌いだす嬉しいサプライブな演出も登場。もちろん、そのステージングに触れ、ときめきが止まらなかった。



最後に届けた『ラブサマ!!!』でも、会場中を熱狂の楽園に染め上げながら、SUPER☆GiRLSはこの日のライブでも、心を夢中にさせてくれた。

今のSUPER☆GiRLSに出会える日は限られている。だからこそ、その出会う機会を大切にしたい。改めてその気持ちを教えてくれたライブだった。



TEXT:長澤智典

【写真】記事に掲載されてない写真はコチラから

セットリスト

1.『わがまま GiRLS ROAD』
2.『赤い情熱』
3.『女子力←パラダイス』
4.『華麗なるV!CTORY』
5.『花道!!ア~ンビシャス』
6.『恋してYES~これが私のアイドル道~』
7.『がんばって青春』
8.『シェルターなんかいらない』
9.『Girl's Party-my friend Jenny-』
10.『キラキラ☆Sunsine』
11.『恋愛ルール』
12.『いそいでアダム』
13.『「サヨナラ」なんて』
14.『おもいでアップデート』
15.『スイート☆スマイル』
16.『ごめんね。のとなりで』
17.『イッチャって♪ヤッチャって♪』
18.『EveryBody JUMP!!』
19.『キラ・ピュア・POWER!』
20.『ギラギラRevolution』

-ENCORE-
21.『MAX!乙女心』
22.『ラブサマ!!!』

2010年エイベックス初の大規模なアイドルオーディション「avexアイドルオーディション2010」開催。全国7000名の応募から選ばれた12名が合格し、2010年6月12日「SUPER☆GiRLS」が誕生。 2010年12月22日新レーベル「iDOLStreet」第1弾としてアルバム「超絶少女」でメジャーデビュー。 2011年第53···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

桃色革命が、王道アイドルとしてアイドル…

フラフラ…耳にするとハマってしまう!?…