1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. May J.
  6. May J.のレリゴー批判してた人は絶対ちゃんと聴いてねーだろうなと

【歌詞コラム】May J.のレリゴー批判してた人は絶対ちゃんと聴いてねーだろうなと

『Let It Go ありのままで』 。言わずと知れた2014年の大ヒット曲だ。しかし「メイジェイの」とつくことで批判が集まった曲でもある。

公開日:2015年10月1日 更新日:2019年3月13日


この記事の目次
  1. ・批判する前に、ちょっと待った!
  2. ・Let It Go ありのままで
  3. ・もう一度聴いてみたら変わるはず
  4. ・May J. 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・May J. Profile

批判する前に、ちょっと待った!


『Let It Go ありのままで』。言わずと知れた2014年の大ヒット曲だ。しかし「メイジェイの」とつくことで批判が集まった曲でもある。

メイジェイはアナ雪エンドソングを歌ったことにより名を広めたが、同時に炎上しまくった。このカラオケ芸人!カバー芸人!歌が心に響かねーんだよ!そんな批判を幾度目にしたことか。

またメイジェイ本人が紅白について6月の段階で「スケジュールは今から空けています」なんて言うもんだから、「便乗するんじゃねー!こっちは松たか子のほうが聴きてーんだ!」という反感を強めてしまったのも事実だ。

しかし、ちょっと待ってほしい。仮にもディズニーから公式に認められた歌手だ。

いとも簡単に批判してしまう人は、きっと「トイ・ストーリー」の主題歌も唐沢寿明が歌っていると思ってる。あれはダイヤモンド☆ユカイが歌ってるんだ!ディズニー公式のチョイスをなめんなよ!

メイジェイのレリゴーを批判するなら、まずディズニー公式を批判しろ!と言いたい。メイジェイバージョンは後半が歌詞からして結構違う。

Let It Go ありのままで


----------------
まわりはこんなにも 冷えてるのに
ほっとしているの さびしくないわ
≪Let It Go ~ありのままで~(映画「アナと雪の女王」日本語版エンドソング) 歌詞より抜粋≫
----------------

まず、上のようなフレーズを入れている。周囲が冷めた目で見てても、周囲が冷えててもメイジェイは売れてほっとしてるんだ!それに気づけよ!

----------------
ずっと ずっと 泣いていたけど
きっと きっと 幸せになれる
もっと輝くの
≪Let It Go ~ありのままで~(映画「アナと雪の女王」日本語版エンドソング) 歌詞より抜粋≫
----------------

も映画本編の松たか子と異なる箇所だ。ずっとずっと無名で泣いてたメイジェイが幸せになれるんだよ!もっと輝くんだよ!それに気づけよ!2006年からシングル出してたんだぞ!

さらにラスト「少しも寒くないわ」の音を上げる!これにより、より希望あふれるかたちで曲が終わる!このダメ押しっぷり!

●Let It Go ありのままで


もう一度聴いてみたら変わるはず


松たか子バージョンよりも、より「希望」の要素を強めてんだ。メイジェイの歌声とメイジェイの立ち位置がその希望に合ってるんだよ!

しかもずっとメイジェイってカタカナで書いてきたけどMay J.だからね。本名橋本芽生からわざわざ国際的な雰囲気の芸名にしてるからね。

そんなすげえ心意気のMay J.姉さんのレリゴー改めてちゃんと聴いてみろよ!批判してた人もきっと「ああ、これはこれで…イケる!」って思うはずだから。

TEXT:テイキけん

May J.は、1988年6月20日(本名:橋本芽生)東京都生まれ、神奈川県横浜市育ちの歌手。所属事務所はNEW WORLD PRODUCTIONSでレーベルはrhythm zone。圧倒的な歌唱力とパワフルで澄んだ繊細な歌声に加えて、前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を集めている。2006年ミニ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

May J. 最新情報

リリース情報

■商品概要
発売日:2019年4月17日(水)
タイトル:平成ラブソングカバーズ supported by DAM

[AL2枚組+DVD]
品番:RZCD-86826~7/B
価格:\5,000+税
DISC.1【CD】
01. ハナミズキ
02. また君に恋してる
03. M
04. キセキ
05. I'm proud
06. I LOVE YOU
07. 雪の華
08. First Love
09. PRIDE
10. 愛が生まれた日
11. Story
12. Lovers Again
13. 瞳をとじて
14. 366日
15. 糸

DISC.2 【CD】 May J. Tour 2018 -Harmony- @Zepp DiverCity TOKYO 2018.9.16
(May J. Tour 2018 -Harmony-ツアーファイナル公演ライブ音源)
01. Another Day of Sun
02. Garden
03. 月のしずく
04. 君をのせて
05. ひまわりの約束
06. 深呼吸
07. 母と娘の10000日 ~未来の扉~
08. HERO
09. Time To Say Goodbye
10. Never Enough
11. My Star ~メッセージ~
12. 絆∞Infinity
13. Shake It Off
14. Break Free
15. Let It Go ~ありのままで~(エンドソング)
16. ロンド
17. I Will Always Love You
18. SIDE BY SIDE

DISC.3【DVD】
新録2本を含むMusic Video集
「また君に恋してる」
「M」
「I’m proud」
「First love」
「ハナミズキ」

[AL] (RZCD-86828)
※[AL2枚組+DVD] (RZCD-86826~7/B)DISC.1と共通

May J. Profile

日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち、幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。

圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。

2006年ミニアルバム『ALL MY GIRLS』でメジャーデビュー。記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌(エンドソング)を担当。

同年の第65回紅白歌合戦に初出場。2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催。

▷Official HP
▷Official Facebook
▷Offcial Twitter
▷Offcial Twitter (Staff)
▷Official YouTube Channel

たった一曲が人生を変える事もある…だか…

いよいよ始まるKissBee初の全国ツ…