1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. Mrs. Green Apple
  6. ミセスの「僕のこと」で語られているのは僕のことだけではない

【歌詞コラム】ミセスの「僕のこと」で語られているのは僕のことだけではない

このアーティストの関連記事をチェック

綺麗事だけじゃ生きられない。 それで…

Mrs.GREEN APPLE 「イン…

第97回全国高校サッカー選手権大会応援歌になったMrs.GREEN APPLEの『僕のこと』は、“僕”のことだけを描いたものではなく、聴き手を含む僕以外の誰かの苦悩や喜びに満ちた日々のことを歌っている。

公開日:2019年2月5日 更新日:2019年2月5日


この記事の目次 []
  1. ・誰もが抱える不安や苦悩
  2. ・幸せと不幸は紙一重
  3. ・聴き手を惹きつける歌詞
  4. ・Mrs. Green Apple 最新情報
  5. ・配信情報
  6. ・リリース情報
  7. ・Mrs. Green Apple Profile


誰もが抱える不安や苦悩



“悩みのない人なんていない”。

この言葉をたまに見聞きした時は、“その通りだ”と感じる。

人は物心ついた頃から、悩み、時に不安な気持ちを抱えることも多いが、それだけではなく、楽しい事や喜ばしい事もあるから生きていけるのだ。

----------------
僕と君とでは何が違う?
おんなじ生き物さ 分かってる
でもね、僕は何かに怯えている
みんなもそうならいいな
がむしゃらに生きて誰が笑う?
悲しみきるには早すぎる
いつも僕は自分に言い聞かせる
明日もあるしね。
≪僕のこと 歌詞より抜粋≫
----------------

このメロ部分では、自分と他人との比較が表現されている。

同じ人間同士だけど、自分よりも能力が高い人、何事も流暢にこなせる人など、うまく生きていけてるように見える人間のことを羨ましく思い、自分に劣等感を抱く。頑張ってるのにうまくいかない時、悔しさと悲しみがこみあげる時もある。そんな風に立ち止まってしまうような気持ちがあっても、日々は待ってはくれない。

歌詞中の「みんなもそうならいいな」は、“自分1人だけが悩んでいるわけではなく、他の人にも、きっと人には言えない悩みを抱えていたりするだろう”という前向きな憶測をして、「明日もあるしね」は、今日が辛くても、明日はもしかしたらいい日かもしれないという希望を持っていることが読み取れる。


幸せと不幸は紙一重

歌詞のサビ部分では、生きていること、今の自分が在ることへの喜びが表現されている。
----------------
ああ なんて素敵な日だ
幸せに悩める今日も
ボロボロになれている今日も
ああ 息をして踠いている
全て僕のこと
≪僕のこと 歌詞より抜粋≫
----------------

悩んでいることやボロボロに心が傷つくことも、生きているからこそできることだと言い、そのことを幸福にさえ感じている。

日々は、自分の気持ちの持ちようで、幸せにも不幸にも変わるのだ。

聴き手を惹きつける歌詞

       
全体的な歌詞を見て気になった、序盤と終盤に登場する“君”という存在。

一見友人や仲間の1人のことを表しているように思うが、実は私たち聴き手のことなのだ。
聴き手に問いかけることによって、より歌詞の世界観に入り込みやすくなり、“僕”の思いにも寄り添うことができる。

人は1人1人育ってきた環境や価値観も違う。今までの人生で味わった喜びや悲しみを含めた様々な感情や沢山の人との出会いや繋がりが今“僕”や“君”をつくりあげたと言っても過言ではない。

生きていることの素晴らしさを噛みしめることができ、悩みや不安も吹き飛んでしまうような楽曲だ。


TEXT 蓮実 あこ

Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)は、大森元貴(ボーカル・ギター)、若井滉斗(ギター)、藤澤涼架(キーボード)、山中綾華(ドラムス)、髙野清宗(ベース)からなる男女5人組ロックバンド。メンバーで、女性は山中だけであるが、中性的なイメージを出したいという希望があり、グ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

名曲「スタンド・バイ・ミー」そばにいて…

北の大地で生存競争サバイバル「ゴールデ…