1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. インタビュー
  5. アップアップガールズ(仮)
  6. 「アップアップガールズ(仮)」私たちはまだまだ解散しません!

【インタビュー】「アップアップガールズ(仮)」私たちはまだまだ解散しません!

「アップアップガールズ(仮)」(略称:アプガ)が、通算25枚目となるトリプルA面シングル『アゲノミクス!!/キミロス/阿破乱舞』を2月19日にリリース!今回は2月8日、タワーレコード梅田NU茶屋町店で、古川小夏・森咲樹・佐保明梨・関根梓・新井愛瞳のメンバー全員にインタビュー!

2019年2月15日


この記事の目次
  1. ・2年ぶりのタイ遠征!
  2. ・前代未聞の全曲ライブ!
  3. ・新元号初のギネス記録達成に挑戦!
  4. ・久しぶりにアプガ感のある曲が帰って来た!
  5. ・これからもアプガらしいことをやっていきたい
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・アップアップガールズ(仮) 最新情報
  8. ・アップアップガールズ(仮)リリース情報
  9. ・アップアップガールズ(仮) Profile


2年ぶりのタイ遠征!

──1月下旬にタイで開催された「JAPAN EXPO THAILAND 2019」に出演!2年ぶりのタイはいかがでしたか?

古川「相変わらずタイの皆さんは熱くて、ライブがすごく盛り上がって、楽しかったです!」

「5人体制になって初めてのタイだったので、不安もあったんですけど、私たちが手を振ったり、ハイタッチをしに行ったりしたら、盛り上がってくれる方も多くて、楽しくライブが出来ました。食べ物も美味しかったです!」

──2日連続でグリーンカレーを食べたそうですが。

「本場のグリーンカレーは比べ物にならないくらい辛かったですね。でも、その辛さが病みつきになって、毎日グリーンカレーでもいいかなと思っちゃいました(笑)」

▲森 咲樹

──佐保さんは?

佐保「前回、タイに行った時は、タイのことをよく知らずに行ってしまって、日本に帰って来てから、タイ料理にハマったんですよ(笑)。だから今回はすごく楽しみで、パッタイ(タイ風の焼きそば)を2回食べたんですけど、(日本で食べるものと)全然違いました!具が大きいです!パクチーも苦手なんですけど、本場のパクチーは食べやすくて、タイ料理が更に好きになりました。食べ物の話しかしてない(笑)」

▲佐保 明梨

──全然いいですよ(笑)。関根さんは?

関根「海外でのライブがすごく好きなんです。言葉は伝わらなくても、音楽を聴いて盛り上がってくれるので。流れた曲に身を任せて楽しんでくれている感じが好きです」

──タイでは特に『パーリーピーポーエイリアン』が大人気だそうですね。

関根「そうなんですよ。今回もイントロが流れた瞬間、一番テンションが上がっていました。何ででしょうかね?(笑)」

▲関根 梓

──タイの皆さんと波長が合うんですかね(笑)。新井さんは?

新井「ライブでは、2年前も来たよっていう方や、シンガポールとかタイ以外の国から来た方がいらっしゃったり、いろんな方とお会い出来て、嬉しかったです。今回は撮影で象に乗らせてもらったり、ファンの皆さんと一緒にワットポーに行ったり、いろいろ観光も楽しめて、タイを満喫できました」

──去年11月にオープンしたばかりのバンコクの新名所「マハナコンスカイウォーク」(地上314mに位置する展望デッキ)にも行っていましたね。下が見える透明のガラスのところで写真を撮っていましたが、怖くなかったですか?

新井「小夏ちゃんと私は全然平気で、天気も良くて、いい日向ぼっこが出来ました(笑)。でも、森ティーは高所恐怖症で…」

「完全アウトでした(笑)」

▲新井 愛瞳


前代未聞の全曲ライブ!

──12月27日にZepp Tokyoで全曲ライブを開催!3部構成で80曲と、サプライズで新曲1曲の合計81曲を披露されていましたが、古川さん、いかがでしたか?

古川「81曲を1日で披露するということで、始まるまでは不安が大きかったんですけど、最後まで元気でいられるかとか、歌詞やダンスを間違える曲もあるんじゃないかとか。でも始まったら、あっという間で、きついとか苦しいとか思う暇もなかったです」

──アプガさんのライブは1回だけでも運動量が多いじゃないですか。

古川「そうですね。自分たちでセットリストを組んだんですよ。盛り上がるライブを作りたいがために、どうしても最後に激しい曲が残ってしまって、自分たちを苦しめることになったんですけど、それがまた気持ち良かったです。お客さんが1曲1曲リアクションしてくれるのも嬉しくて、それが私たちのパワーにもなって、どんどん加速していった感じです。リハーサルの時は、きっとこの時はボロボロで、みんなで号泣しながら、ここまでやって来れて良かったねって言っているんだろうねって想像していたんですけど、みんなケロッとしてました(笑)」

▲古川 小夏

──佐保さんは「(倍の)160曲いけるような気がする」と、おっしゃっていました。

佐保「そのためには曲を増やさないといけないし、時間が経てば経つほど、私たちもファンの皆さんも年を取るので、みんなで体を鍛えて、元気なおじいちゃん、おばあちゃんになりたいですね(笑)」


新元号初のギネス記録達成に挑戦!

──その全曲ライブでギネス記録に挑戦することが発表されまして、先日その詳細が明らかになりました。5月1日に100人で反復横跳びリレーの最速タイムを目指すということですが、その記録に挑戦することになったいきさつを教えて下さい。

古川「やっぱりアプガらしく、体を動かす運動だったり、多少の過酷さがないとチャレンジにならないかなと思ったので。でも、どんな方でも気軽に参加してもらいたかったので、誰もが一度はやったことがある反復横跳びだったら、みんな出来るんじゃないかなと」

──100人で4分以内ならギネス記録になるそうですが、それに向けての練習はやっているんですか?

全員「まだやってないです」

「YouTubeで森咲樹トレーニング、略して森トレを、全曲ライブに向けて体力をつけよう!みたいな感じでやっていたんですけど、今回は、そのギネス記録に向けてのトレーニングをやろうということで、この間、1回目を更新したんですよ。それが結構辛くて、これは前々から準備しないとやばいなって、自分で発信しながら感じました。体力だけじゃなくて、瞬発力もちゃんと鍛えたいなと思います」



次ページ : 久しぶりにアプガ感のある曲が帰って来た

幅広い層から愛される国民的音楽グループ…

イケメンだらけのお祭り集団!祭nine…