1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. インタビュー
  5. SUPER☆GiRLS
  6. SUPER☆GiRLSの新メンバー7人のプロフィールを掘り起こす!

【インタビュー】SUPER☆GiRLSの新メンバー7人のプロフィールを掘り起こす!

今年1月にメンバー5人が卒業。オーディションで選ばれた新メンバー7人が加わり、11人体制で第4章をスタートさせたアイドルグループ「SUPER☆GiRLS」(略称:スパガ)。 新体制初となる通算21枚目のシングル『コングラCHUレーション!!!!』を2月27日にリリース!そこで今回は、金澤有希・石丸千賀・坂林佳奈・井上真由子・門林有羽・樋口なづな・松本愛花の新メンバー7人に直撃インタビュー!(1月19日、大阪市内にて)

2019年2月27日

Interview&Photo

ポッター平井


この記事の目次
  1. ・金澤有希 高校野球と箱根駅伝にハマった理由
  2. ・石丸千賀 ロシアでのバレエ留学時に身に付けた特技
  3. ・坂林佳奈 なかなか共感されない嫌いな食べ物
  4. ・井上真由子 メイクが濃すぎたら…
  5. ・門林有羽 茂造じいさん大好き!
  6. ・樋口なづな 埼玉はダサくない!
  7. ・松本愛花 実姉HKT48松本日向からのアドバイス!?
  8. ・新曲は新生活応援ソング!
  9. ・先輩メンバーに追いつき追い越したい!
  10. ・プレゼント応募について
  11. ・SUPER☆GiRLS 最新情報
  12. ・リリース情報
  13. ・SUPER☆GiRLS Profile

金澤有希 高校野球と箱根駅伝にハマった理由

──まずは、自己紹介をしていただいて、プロフィールなどから気になったことを聞いていきたいと思います。金澤さんからお願いします!

金澤「北海道出身のスパガ最年長25歳、超絶カラーはサン・イエローの“ゆうきりん”こと、金澤有希です!」

▲金澤有希

──金澤さんはスパガの妹分グループのGEMのメンバーでした。今回スパガのオーディションを受けるにあたって、いろんな感情があったかと思います。

金澤「そうですね。GEMが解散した3月の時点では、もうグループ活動はしないと思っていたんですけど、ソロで対バンに出させていただいたり、舞台をやったり、モデルをやったりして、数ヶ月たった時に、スパガのオーディションのことを考え始めました。当時メンバーだった、みやり(宮崎理奈)さんとか、なぁぽん(浅川梨奈)とか、いろんな人に相談に乗ってもらって、最終的には自分の意思で、頑張ろうって決めました。3期生はアイドルストリートでは私より後輩なので、私が入ったらやりづらくなるんじゃないかとか、いろいろ考えたんですけど、自分の経験をここで活かそうと思って、決意しました」


──そんな金澤さんは箱根駅伝と夏の甲子園(高校野球)が大好きということで、それぞれの魅力を聞かせて下さい。

金澤「もともとお父さんが体育会系で、私は吹奏楽部に入りたかったんですけど、<運動系に入ったら根性も鍛えられるし、礼儀も学べるし、人間力も高められるから>と言われて、バスケットボール部に入りました。そこからスポーツが好きになって、地元が苫小牧なんですけど、駒澤苫小牧高校が甲子園で連覇した姿を見て、頑張っている人ってすごいなって思ったし、頑張っている人を応援する楽しさを知って、高校野球が好きになりました。箱根駅伝は毎年おじいちゃんと一緒に観ていて、一人の頑張りがみんなに繋がっていくところがいいなと思います。毎年同じコース、同じ人数で走っているのに、それぞれの年でストーリーがあって、一人で頑張ってるんじゃないんだなって感じられるので、大好きです」


石丸千賀 ロシアでのバレエ留学時に身に付けた特技

──続いて石丸さん、お願いします!

石丸「福岡県出身の22歳、超絶カラーはシュプリーム・ブルーの“ちかぴ”こと、石丸千賀です!」


──石丸さんは18年間バレエを習っていて、ロシア留学もされていたそうですが。

石丸「3歳の時に自らバレエをやりたいと言って、始めさせてもらいました。初めてロシアに行ったのは11歳の時なんですけど、その時は短期留学という形で、13歳の時に、ボリショイバレエ学校の先生にお声がけいただいて、ロシア生活を始めました」


──ロシアにはどのくらい住んでいたんですか?

石丸「合計すると4年間ぐらいなんですけど、子どもの頃から足のケガが多いタイプだったので、時折日本に帰って来て、治療を受けて、ロシアに戻る生活を続けていました」


──そのバレエが特技ですが、もうひとつの特技が「折り紙(日本折紙協会会員)」?

石丸「ロシア人のみんなに日本のお土産を持って行った時に、和紙とか和柄の折り紙がすごく喜ばれたんですよ。それをきっかけにプレゼントするだけじゃなくて、コミュニケーションを取るために、一緒に折り紙を折る機会を自ら設けたんです。折り紙を折っているうちに、楽しいなと思って、検定とかないのかなと思って調べました。日本折紙協会の会員になったら、折紙講師の資格を受験できるということで、会員になりました。その資格の取得を目指して頑張っています」


──どんな作品を折るんですか?

石丸「<柴犬>をひたすら折るのが好きです。無心で30体ぐらい折っている時もあります」


──では、折紙を用意しましたので、今から<柴犬>を折っていただいてもいいですか。後ほど、それを持った写真を撮らせて下さい。

石丸「はい!」

▼石丸千賀 折り紙で折った「柴犬」はこちら!



坂林佳奈 なかなか共感されない嫌いな食べ物

──続いて坂林さん、お願いします!

坂林「兵庫県出身の21歳(*現在は22歳)、超絶カラーはスプリング・グリーンの“かなぽん”こと、坂林佳奈です!」

▲坂林佳奈


──坂林さんのプロフィールで気になったのは、嫌いな食べ物が「蒸されたキャベツの芯」

坂林「なかなか共感してもらえずに、悔しい思いをしていたんですけど、今日の特典会で共感してくれた方がいました(笑)」


──それは、ロールキャベツとかですか?

坂林「それもそうなんですけど、味が薄い蒸されたキャベツの芯を出されたら…」

金澤「この間、みんなでごはんを食べに行った時に、せいろ蒸しを食べたんですけど、私も白菜の芯を無意識に残していて、こういうことなのかなと思いました(笑)」

坂林「キャベツと白菜はちょっと違うんです」

金澤「違うんかい!」(一同爆笑)


──あと、趣味・特技が「ランニング、筋トレ」と。

坂林「一本線を見たら走りたくなるタイプで、闘争心というか、走ったら気持ちいいだろうなって思って、いきなり走り出したりします(笑)。私のリフレッシュ方法はスポーツだと思っていて、走っている人と競ったり…。これは走っている人は気付いてないかもしれないですけど、私は競ってます(笑)」


井上真由子 メイクが濃すぎたら…

──続いて井上さん、お願いします!

井上「兵庫県出身の21歳、超絶カラーはウルトラ・マリンの“まゆちゃん”こと、井上真由子です!」

▲井上真由子

──井上さんは、自己紹介ソングの『恋してYES~これが私のアイドル道~』の歌詞に、<おしゃれ大好き ファッション担当>というフレーズが入っています。

井上「おしゃれなメンバーがたくさんいるので、おこがましいなと思っているんですけど、頑張ります!(笑)」


──メイクとかで普段から心掛けていることは?

井上「もともと顔が濃いんですよ。濃すぎたら、(こち亀の)両津勘吉みたいになっちゃうので、出来るだけナチュラルにと思っています」


──濃くても両津勘吉にはならないと思いますが(笑)。好きな食べ物は「和菓子」。

井上「和菓子、大好きです!あんこが好きなんですよ。たい焼きとか、大福とか、あんこが入っていたら何でも大好きです!」


──つぶあん派?こしあん派?

井上「絶対つぶあんです!こしあんはあまり好きじゃないです」

次ページ : 門林有羽 茂造じいさん大好き

メンバーが可愛いアイドルBiSHって?…

セクシー!ワイルド!でも、かわいいKA…