1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. King Gnu
  6. King Gnu『白日』で真っ白にしたい事とは何なのか?

【歌詞コラム】King Gnu『白日』で真っ白にしたい事とは何なのか?

このアーティストの関連記事をチェック

King Gnu『The hole』愛…

King Gnu「ユーモア」が描く人生…

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌にもなったこの楽曲の歌詞は、冤罪をかけた者とかけられた犠牲者、冤罪を晴らすために弁護する冤罪弁護士、三者の心情が表現されていて、ドラマの内容にも沿った作品になっている。

公開日:2019年7月29日 更新日:2019年7月29日


この記事の目次 []
  1. ・冤罪をかけた者の後悔
  2. ・冤罪犠牲者が歩む険しい道
  3. ・冤罪弁護士の葛藤と決意
  4. ・苦しみを味わいながらも生きていかなくてはならない人生

冤罪をかけた者の後悔


犯罪を犯した者だけではなく、人は自分でも気づかない内に人を傷つけてしまうことがあるものだ。傷つけられたものは、遅かれ早かれ傷つけた者の元からは遠のいていくだろう。

----------------
時には誰かを
知らず知らずのうちに
傷つけてしまったり
失ったりして初めて
犯した罪を知る
≪白日 歌詞より抜粋≫
----------------

この歌詞には、人を傷つけてしまった側の者が、後になって自分が傷つけってしまっていたことに気づく後悔の気持ちが表れている。

また、罪のない者に罪をかぶせてしまった冤罪をかけてしまった者の気持ちでもあるのだ。

冤罪犠牲者が歩む険しい道


冤罪犠牲者は、罪を犯していないにも関わらず“犯罪者”というレッテルを貼られて、世間から冷たい視線を浴びる。出たくもないメディアにも取り上げられたりもするだろう。

そのような世間からの攻撃で、心身ともに弱てしまった冤罪犠牲者の悲痛な心情が描かれているのがこちらの歌詞だ。

----------------
戻れないよ、昔のようには
煌めいて見えたとしても
明日へと歩き出さなきゃ
雪が降り頻ろうとも
≪白日 歌詞より抜粋≫
----------------

家族や友人、身近にいる人達が、一度犯罪者に仕立て上げられた自分に対しての見る目は変わってしまう。

普通に過ごしていた日常を取り戻すことにも時間がかかるかもしれない。自分だけが自分が悪くはないと知っていても、冤罪だと認められなければ犯罪者という扱いになってしまうのだ。

雪は沢山降ると視界が悪くなり、前が見えなくなることがある。冤罪犠牲者が未来を悲観した心情が「雪が降り頻ろうとも」という歌詞から読み取れる。

冤罪弁護士の葛藤と決意


----------------
今の僕には
何ができるの?
何になれるの?
誰かのために生きるなら
正しいことばかり
言ってらんないよな
≪白日 歌詞より抜粋≫
----------------

冤罪犠牲者の為にも、冤罪を晴らそうと奮起する冤罪弁護士。しかし、冤罪と断定することは容易なことではない。犯罪者となった者が無実であるという証拠を探し、明確な根拠がなければならないのだ。

この歌詞での「正しいこと」とは周りに同調することだ。

“この人は犯罪者だ”という人が多く存在すれば、その人たちの意見が「正しいこと」としており、その多くの人の意見を覆す為、冤罪を晴らす為に“自分には何ができるだろうか?”と考える冤罪弁護士の正義心が読み取れる。

苦しみを味わいながらも生きていかなくてはならない人生


冤罪をかけた者、冤罪犠牲者、冤罪弁護士と三者それぞれの心情が描かれた歌詞の中に、三者全員の心情と今を生きる私達の人生について代弁してくれている歌詞がある。

----------------
後悔ばかりの人生だ
取り返しのつかない過ちの
一つや二つくらい
誰にでもあるよな
そんなんもんだろう
うんざりするよ
≪白日 歌詞より抜粋≫
----------------

時が経った過ちに対しては対処できないことが多い。その過ちにどんなに後悔の念があったとしても、どうにもできないことが多いもの。だからこそ大切なことは、今後の人生で同じような過ちをしてしまうことがないように生きることなのだ。

----------------
真っ白に全てさよなら
降りしきる雪よ
今だけはこの心を凍らせてくれ
全てを忘れさせてくれよ
≪白日 歌詞より抜粋≫
----------------

ここでいう「真っ白」や「雪」は、思い出したくない過去や自分の犯した過ちを消し去ってリセットしたいという気持ちを比喩したものである。

そしてタイトルの「白日」は明るく輝く太陽のことを意味する。歌詞では、後悔や葛藤など辛い心情を表しているが、過去を悔やむ人や過ちを犯してしまった人が希望を持ち、前向きに生きれるような意味合いを込めてこのタイトルにしたのだろう。

TEXT 蓮実 あこ
         
 

東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。 その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。 SXSW2017、Japan Nite US Tour 2017出演後、2017···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ARASHIベストアルバム「5×20」…

理想の恋ここに有ります!moumoon…