1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. インタビュー
  5. GANG PARADE
  6. 【インタビュー】今はLOVEが必要な時期!「GANG PARADE」からの愛のメッセージを伝えたい!

【インタビュー】今はLOVEが必要な時期!「GANG PARADE」からの愛のメッセージを伝えたい!

このアーティストの関連記事をチェック

「GANG PARADE」ユイ・ガ・ド…

「みんなの遊び場」をコンセプトに活動中の10人組アイドルグループ、GANG PARADE(略称:ギャンパレ)が、メジャー1stフルアルバム『LOVE PARADE』を11月13日にリリース!今回は、全国ツアーの大阪公演の翌日、メンバーを代表して、テラシマユウカと、ユメノユアの2人に直撃インタビュー!(9月30日・大阪市内にて)

公開日:2019年11月16日 更新日:2019年11月16日

Interview&Photo

ポッター平井


この記事の目次
  1. ・2人のプロフィールをチェック!
  2. ・ギャンパレのライブでパンストは重要なアイテム
  3. ・今出すべきアルバムが完成!
  4. ・ユメノユアがSNSで感じたこと
  5. ・テラシマユウカが感化されたメンバー
  6. ・プレゼント応募について
  7. ・GANG PARADE 最新情報
  8. ・リリース情報
  9. ・タイアップ情報
  10. ・ライブ情報
  11. ・GANG PARADE Profile

2人のプロフィールをチェック!

──テラシマさんとは今年2月以来、ユメノさんとは初めてのインタビューになります。よろしくお願いします。

2人:よろしくお願いします!


──前回、テラシマさんのプロフィールの気になったポイントをお聞きしましたので、今回は初登場のユメノさんのプロフィールをいじっていきたいと思います(笑)

ユメノ:はい(笑)



──趣味が「自炊」、特技が「ごはんを作ること」ということで、料理が好きなんですね。

ユメノ:なるべく家にいる時は自分で作って食べるようにしています。<コンビニのごはんはお家では食べない>をモットーに生きております(笑)


──最近は何を作りましたか?

ユメノ:今の悩みなんですけど、歯列矯正を始めまして、食べたいものが食べられなくて、作ったとしても味噌汁ぐらいで、ワカメは歯に引っかかって食べにくいから豆腐だけとか。あとは玉子焼きを作ったりはしました。でも、それに飽きた時に、ポタージュスープを作りました。全てすりつぶして。


──好きなものを食べられないのは辛いですね。ちなみに、得意料理は?

ユメノ:ハンバーグが好きなので、たまに作ります。


──こだわりのポイントはありますか?

ユメノ:特にないです(笑)。スタンダードな感じで。


──テラシマさんは、料理はされますか?

テラシマ:しないです(笑)。上京したての頃は自炊していたんですけど、どうしても食材が余ってしまうし、逆に節約にならないなと思って。だから最近は一切してないですね。セブンイレブンの冷凍食品がめちゃくちゃ美味しいです。種類もたくさんあるから飽きないですね。



──ユメノさんの好きなテレビ番組が「プリキュア、妖怪ウォッチ、仮面ライダー、水曜日のダウンタウン、相棒、科捜研の女」と。ストライクゾーンが広い(笑)

ユメノ:毎週必ず観れるわけでもないので、1話で完結する作品が好きなんです。


──そういう理由だったんですね。テラシマさんが好きなテレビ番組も、水曜日のダウンタウンと書かれています。

テラシマ:私、テレビをほとんど観ないので、絞り出したんだと思います(笑)。上京してから、自分が出させていただいた番組以外は観てないです。映画を観に行くので。


──映画のコラムも連載されていますしね。そして、ユメノさんの子どもの頃の夢は「パイロット」と。

ユメノ:空とか星がすごく好きなので、宇宙に行きたいなと思っていて、小学生の時に視力が悪くなってしまって、すぐに諦めました(笑)


──飛行機のパイロットじゃなくて、宇宙飛行士の方のパイロット?

ユメノ:そうです!空を飛びたいというより、宇宙に行きたいです。


──テラシマさんの子どもの頃の夢は「医者」だったんですか?

テラシマ:そういう家だったので、何の疑問も抱くことがなく、私は医者になればいいんだって、ずっと思っていたんですけど、中学生になって医者になる難しさを知って、すぐに諦めました(笑)


──プロフィールトークは以上になりますが、今日は9月30日です。明日、消費税が10%になる前に何か買いましたか?

テラシマ:ついさっき、その話題を2人で喋っていました(笑)。買おうかどうか迷っている服があって、それを買おうかなと思っています。


──ユメノさんは?

ユメノ:私は特に考えていないです。100万円ぐらい使うなら考えるんですけど(笑)。今すぐ何かを買って後悔するより、慎重に吟味してから買った方がいいなと思います。

テラシマ:私、思い出したんですけど、ソファーを買いたいです。上京して3年経ったんですけど、いまだにソファーがなくて、座るところがないんですよ。この前、友達が家に遊びに来た時にドン引きされて、ソファーを買え!って言われたので、服よりソファーを買わないといけないですね(笑)

ユメノ:ソファーはいいものを買った方がいいと思う。


──あと5時間で、いいソファーを探して下さい(笑)




ギャンパレのライブでパンストは重要なアイテム

──昨日(9/29)、全国ツアーの大阪公演が、なんばHatchで行われました。大阪出身のテラシマさんにとっては凱旋公演になりましたが、いかがでしたか?

テラシマ:大阪にずっと住んでいたので、空気感とかが落ち着きますね。そういう安心感と、ライブで盛り上がってくれるファンの皆さんの熱い気持ちがガンガン伝わってきて、やっぱり私は大阪が大好きだなって思いました。


──昨日のライブを観させていただきましたが、ファンの皆さんも熱かったですけど、テラシマさんのスピーチも熱かったです。

テラシマ:なんばHatchは、私が人生で初めて行ったライブハウスで、思い入れが強くて、GANG PARADEに入ってから、なんばHatchでワンマンライブをやりたいと思っていたので、その夢が叶って、すごく嬉しかったです。

でも、満員に出来なかったことが悔しくて、MCでも言ったのですが、自分の地元なので、少なからず責任があると思うから、まだまだダメだなと思いましたし、もっと地元への愛を伝えないといけないなと思いました。



──ユメノさんはいかがでしたか?

ユメノ:昨日は『らびゅ』のお披露目の日だったので、すごく緊張していたんですけど、その他の新曲は、やっと自分の感情をより込めて歌うことが出来るようになってきたなと思いました。大阪のファンの皆さんは熱量がすごくて、パワフルなので、大阪に来ると、もっともっと頑張らなきゃって、毎回思わせてくれます。


──(公演中のコントで)若干1名、パンストをかぶりたいメンバーがいましたが(笑)

ユメノ:(笑)パンストは、ギャンパレのワンマンライブの中でも重要なポイントでもあって、ただのコントではないんですよ。何かを打破する、自分の中にあるものをさらけ出すじゃないけど、それぞれがあの瞬間に葛藤して、脱ぎ捨てていくので、ツアーを終えて、何かが変わるかもしれないし、今までのツアーで変わった子もいるので。

私はパンストを被せられる側ではないから、客観的な意見になってしまうのですが、成長が面白いんじゃないかなぁと思って、見守っています(笑)」


──ユメノさんはパンストを被ったことがないんですね?

ユメノ:ないんですよ。でも私は、コント中はほとんどセリフがないので、なるべく顔で笑ってもらえるように、誰よりも驚いたりとか、面白い顔をするように意識しています。それは、プレイハウスっていう舞台に出させていただいて、今までは喋る子がメインで、まわりが支えるっていうイメージだったんですけど、その子をいいなって思わせるには、まわりの空気感がすごく大事だなっていうのを、その舞台で学ばせていただいたんです。

ギャンパレ全体が良くなるためには、絶対10人が必要で、その一員にちゃんとなれるようにって思いながら、あのコントの時間を過ごしています。


今出すべきアルバムが完成!

──11月13日にメジャー1stフルアルバム『LOVE PARADE』をリリース!どんなアルバムに仕上がりましたか?

テラシマ:まず、『LOVE PARADE』という、まっすぐな、わかりやすいタイトルを最初に聞いた時、驚いたんですよ。今まで私たちがリリースしてきたものとちょっと違うので。そのタイトルは、曲が全部完成してから決まったのですが、曲によっていろんな愛の形を歌っているなぁと思います。

いつもその時のグループの状況に合ったものがリリースされるのですが、今はLOVEが必要な時期なんだなと。私たちからファンの皆さんに対する愛が必要だし、ファンの皆さんから私たちへの愛も、もっともっと深く深く、大きくしていかなきゃいけない時期なのかなと思って、今出すべきアルバムなんだなと思います。



──リード曲『らびゅ』の聴きどころは?

ユメノ:この曲は特にストレートに、愛について、聴いている人に訴えられる曲になっています。私も地元の横浜公演のMCで、愛が何か、何と言ったらいいのかわからないって話したのですが、愛という言葉は概念的にすごく難しいと思っています。

でも、人間関係は愛で成り立っていると思うし、アーティストとファンという関係性も、ファンの人の愛があって、アーティストはステージに立つことが出来ると思っているので、そこはこれからも真剣に考え続けていかないといけないなと思いつつ、わかりやすい言葉だからこそ、より直接伝えないと、人には伝わらないのかなと、この曲を聴いて改めて感じました。

だから、自分のまわりの大切な人たちにはちゃんと愛を伝えようと思ったし、この曲はGANG PARADEからの愛のメッセージなので、聴いてくれた皆さんに少しでも何か響いたり、伝わっていたらいいなぁと思います。


──『らびゅ』の特に好きな歌詞の部分は?

テラシマ:本当に全部、素敵な歌詞だなと思っているのですが、この曲の歌詞を読んで、愛って何だろう?と考える時間が増えて、なんばHatchで私がMCをすることが決まった時に、この歌詞を何回も読んで、毎日聴き続けたんですよ。でも、わかりやすい言葉で書かれているからこそ、その中に込められた思いを読み解くのがすごく難しくて、個人的に今までで一番難しかったです。

私はもはや愛を知らないんじゃないかっていう落ち込み方もしたんですけど、♪みんなで 今何ができるだろうか♪とか、♪一人じゃ 今何もできない♪とか、そういう当たり前といえば当たり前なんですけど、愛って一方通行じゃ成り立たないから、私たちは、遊び人(=GANG PARADEのファンの総称)の皆さんがいるからこそ、成立している愛があるし、遊び人の皆さんも、いろいろ大変な日々を乗り越えて、私たちのライブを観に来てくれて、愛を伝えてくれているから、私たちはもっともっと遊び人の皆さんのことを今まで以上に愛して、愛を返していかないといけないなと思います。

ユメノ:私はサビの部分です。そんなにはっきり人に愛してるなんて言ったことないなぁって思って。でも、それを歌で表現できるのは、自分にとっても挑戦で、レコーディングの時に何を思って歌おうかなって考えて、人だったり、物事だったり、対象はいくらでもあると思うんですけど、♪今、今が最高 こえてくけど♪っていうのは、愛に限ったことではないと思うし、愛の先を表現できるんじゃないかなと思いながら、歌に込めました。

聴いていて恥ずかしくなるくらいストレートで、私は表現的なことが屈折しているから(笑)、これだけストレートに伝えることは素敵なことだなと思ったので、もっとまっすぐ向き合っていかなきゃと思いました。人とぶつかることとか、すごく怖かったり、緊張もするし、難しいなと思うのですが、それを打破していかなきゃいけないなって思います。



次ページ : 2人の作詞した楽曲も!

GANG PARADEは、日本の9人組アイドルグループである。所属はWACK。キャッチフレーズは"みんなの遊び場"で、ファンは"遊び人"と呼ばれている。2014年、カミヤサキが所属していたアイドルグループ「BiS」の解散ライブにて、元BiSのカミヤサキと、元いずこねこの茉里改めミズタマリにより、「プラニメ···

愛とホラーと戦いと絆!アニメ「地獄先生…

年齢を重ねるごとに増す魅力。安全地帯「…