1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. 歌詞コラム
  5. Lovelys!!!!
  6. Yes Happy!(Lovelys!!!!)『natural may good』でハンバーグとカレーライスを作る

【歌詞コラム】Yes Happy!(Lovelys!!!!)『natural may good』でハンバーグとカレーライスを作る

Yes Happy!(いえす はっぴー)は、アップフロント関西に所属する2人組ユニット。アップフロント関西は、ハロプロが所属するアップフロント傘下の企業。ハロプロとアーティスト同士の交流はないですが、ハロプロの曲をカバーしていたりします。所属アイドルは、関西地域で主に活動中。

公開日:2016年5月19日 更新日:2017年5月30日




Yes Happy!(いえす はっぴー)は、アップフロント関西に所属する2人組ユニット。アップフロント関西は、ハロプロが所属するアップフロントの関西地域の窓口で、ハロプロの曲をカバーしていたりします。所属アイドルは、関西地域で主に活動中。

Yes Happy! はLovelys!!!!という4人グループの中の2人。2人組として2008年から活動しています。松江市観光大使に就任していて、メンバーが作詞をしているのが特徴。



”どっちがスキなの? どっちを選ぶの? 今日の気分は?
だめだわ 選べないわ それならいっそ 作っちゃうわよ”


『natural may good』はメンバーのさやかが作詞しているノリのいい曲。インド風のイントロが入り勢いよくスタートします。「どっちがスキなの?」とスタートする歌詞。冒頭で2人組のどちらがいいか聞いているように思えます。しかし、直後にくる「いっそ作っちゃう」というフレーズで、この曲が料理の歌であることが判明。現在のアイドルソングの定番でもある「はい!はい!はい!はい!」という観客のあいの手も忘れません。


”「I'm starved to death!(腹ペコだー)」
ナツメグ クローブ オールスパイス万能!”


「I'm starved to death」「私は腹が減って餓死した」の意味ですが、あえて「腹ペコだ」と表記しています。英語の勉強になりますね。

「ナツメグ」はハンバーグに使う香辛料。タイトル『natural may good』は通称ナツメグであり、字をあてています。こういうところもよく考えてありますね。「クローブ」も肉料理で使う香辛料、「オレガノ」も香辛料です。ひき肉と共にこれらを「knead knead」=ニードニードします。こねるの意味ですね。こうしてハンバーグが完成。


”カルダモン ターメリック ご飯はサフランライス
煮込んで Good day! Good day!”


2番では「カルダモン」「ターメリック」「サフランライス」が登場。「カルダモン」はカレー料理のスパイス。ターメリックはカレーに使う香辛料。そしてサフランライスは、カレーに使うごはん。2番はカレーを作っていることが分かります。「煮込んで Good day!Good day!」という歌詞も良いですね。グッデイグッデイという繰り返しが、グツグツと似るアクションを連想させます。ニードニードという1番の歌詞は、ここと音を対応させているんですね。


手作り感のあるMVも味がありますね。主演している男性は、ライブハウスのブッキングマネージャー。MVで「ハッピーハンバーグ」と書かれたTシャツをメンバーが着ていますが、「ハッピーハンバーグ」というブランドが実在します。「ハッピーハンバーグ」というのは、おめでたい席でする挨拶だそうです。

ハンバーグとカレーを作る中で、色々なことが学べる曲。意外と知的な曲です。このグループの存在や曲の存在がもっと広まると良いですね。



TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部)

5月病のそこのあなた!ベッドから抜け出…

最強歌少女「リトグリ」の音楽性のルーツ…