特集一覧 アニメ・声優

進撃の巨人・リヴァイの心の闇が隠されたテーマソング

2011年に「このマンガがすごい!大賞」で1位を取り、2013年にはアニメ化、2014年には劇場版アニメ化、2015年には実写映画化を果たすなど今も人気沸騰中の「進撃の巨人」。主人公が、人喰い巨人を駆逐するがべく仲間と共に戦闘を繰り広げる何ともスリリングでドキドキハラハラさせられるストーリーだ。そのアニメで最も人気といえるのが、リヴァイ兵長というキャラクターである。作中では「人類最強」と謳われ、主人公の直属の上司である彼に、実はテーマソングが存在するのをご存知だろうか。

これぞ『僕街』が起こしたリバイバル!ASIAN KUNG-FU GENERATION『Re:Re:』

ASIAN KUNG-FU GENERATION『Re:Re:』はアニメ『僕だけがいない街』のオープニングテーマ。もともとこの『Re:Re:』は、2004年のアルバム『ソルファ』収録の曲。2016年1月にこのアニメの主題歌に採用となり、2016年3月にシングルとして発売されます。

『おそ松さん』ヒットの流れで細川たかしの『おそ松くん音頭』も再評価してほしい

現在、テレビアニメ『おそ松さん』が大ヒット中です。もともとは赤塚不二夫の大ヒット漫画『おそ松くん』。かつて大ヒットを飛ばし、日本中の子供が「シェー」をやったほど影響力を持った作品です。そんな『おそ松くん』が赤塚不二夫生誕80周年を記念し、27年ぶりの再アニメ化。大人になった六つ子を描いた『おそ松さん』はなんと女性人気を獲得してしまいました。松ガール急増中という現象を起こしている『おそ松さん』。

ドラえもんへの敬意を忘れないBUMP OF CHICKENの『友達の唄』

BUMP OF CHICKENの『友達の唄』は『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち』主題歌です。メンバーもドラえもん好きで、まさに理想のコラボと言えるでしょう。毎回のことですが、バンプはとにかくタイアップがうまいバンド。歌詞が見事に内容と対応しているのが分かります。自分達のカラーを守りつつ、タイアップ作品の本質をとらえる曲作り。ずっと第一線で活躍できるのも頷けます。

一万年と二千年を超える歌詞!AKINOの『創聖のアクエリオン』

サビが印象的なAKINOが歌う曲、『創聖のアクエリオン』。同名のロボットアニメ主題歌です。このロボットアニメは、続編シリーズも作られたヒット作。そして、印象的なオープニング主題歌は、アニメ本編以上に知られています。もともと主題歌の評価は高かった作品ですが、パチンコ化でより広く知られるようになりました。

『ワンピース』と共に出港したBUMP OF CHICKENの『sailing day』

BUMP OF CHICKENはタイアップのうまいバンドです。多くの楽曲が映画やゲーム、アニメなどのタイアップ曲。きちんと映画やアニメの内容にそっていて、かつ自分たちの音楽として違和感なく仕上げています。これがすごいですね。