特集一覧

音楽は憎しみに勝てるか ―オアシス「Don’t look back in anger」に学ぶ

2017年5月22日、イギリス・マンチェスターアリーナで起きた自爆テロ事件。歌手アリアナ・グランデのコンサート会場を狙った卑劣な犯行によって多くの未来ある命が失われたショッキングな出来事は決して忘れることはできない。そんな中で、アリアナ自身の提案によるチャリティーコンサート「One Love Manchester」にトップアーティストが駆けつけた様子は日本でも大きく報じられた。コールドプレイのボーカル、クリス・マーティンが歌うオアシス(oasis)の「Don’t look back in anger」で会場全体がコーラスする様子は感動的だった。今回はそんなイギリスの国民的バンドの代表曲を取り上げたい。

11月22日にアルバム「ONE」で歌手デビューしたSonmiにインタビュー!

「東京ガールズコレクション」「ガールズアワード」「関西コレクション」など有名なファッションショーへも出演、2010年よりモデルとして活動していたSonmi。もともと歌唱力には定評があり、「関ジャニの仕分け∞」「歌がうまい王座決定戦」「ものまね紅白歌合戦」などに出演し高得点を獲得していた。その実力が認められ、11月22日にアルバム『ONE』を発売しデビュー。みずから作詞も行うように表現には貪欲な彼女。その心模様を少しでも伝えられたら幸いだ。

「ブラッククローバー」OPを歌う感覚ピエロ、初シングル『#HAL』の楽曲制作秘話!【インタビュー】

11/22に初シングル「#HAL」をリリースする感覚ピエロ。楽曲制作秘話や独自のスタイルを貫く音楽活動について、横山直弘(Vo&Gt)と秋月琢登(Gt)のお二人に語っていただきました!

Stager Live、音楽メディアUtaTenとのコラボイベント「インタビュー権争奪戦!私にインタビュー!?」が開催!

Stager Live初のインタビュー記事企画が11月15日から開催中です! 様々なアーティストのインタビュー記事を掲載している音楽メディアUtaTenが、Stager Liveで今、輝いている貴方にインタビュー!有名アーティストの記事と並んじゃうかも!

西野カナは会いたくて震えるだけじゃない!身体が心で温もる暖かい恋もある!

「会いたくて会いたくて震える」西野カナと言うと、この歌詞が一番に浮かぶといったらわりと共感してもらえるはず。もちろん他にも失恋ソングや明るくかわいらしい恋歌を歌い、その歌詞は女子の恋心に共鳴し人気を博している。そんな西野カナが歌う『手をつなぐ理由』。会いたくて会いたくて震えていた、恋の歌とは違う。温もり溢れる想いがたくさん詰まっているこの曲は、ピアノ伴奏と歌声で構成されている。

歌詞検索急上昇!Hilcrhymeが『大丈夫』と同じような安心感を感じられる新曲『涙の種、幸せの花』をリリース!【インタビュー】

10月18日に21stシングル『恋の炎』をリリースし、11月22日に22ndシングル『涙の種、幸せの花』をリリースしたHilcrhyme。 東海テレビ・フジテレビ系全国ネット オトナの土ドラ「さくらの親子丼」の主題歌となった『涙の種、幸せの花』はドラマ放送開始より歌詞検索が急上昇!そんな新曲と前作「恋の炎」についてインタビューして参りましたのでどうぞご覧ください!

Your Friends、地元・新潟でゼロから作り上げた音楽フェス「秋の音2017」ついに開催!

10月14、15日の日程で新潟県立植物園・屋外園地にて今年初めて開催された音楽フェス「秋の音2017 supported by麒麟山」。新潟の自然の中で音楽や食を楽しめる、そんな温かい空間をレポートします。

「虹を待つな、虹になれ」全ての夢追い人に贈る応援ソング/ 高橋優「虹」

「素晴らしき日常」でメジャーデビューした高橋優。自らが持つコンプレックスをバネにここまで駆け上がってきた。大学生の時に始めた路上ライブだが、周囲の視線は決して温かいものではなかったという。学校の先生からも「歌ではなく勉強をしろ」と言われていたが、高橋優はその言葉を原動力とした。そんな彼は今でも「全人類自分以上」という言葉を掲げており、有名になった今でも彼の力の源となっているのだ。

風男塾が語る『新たなる幕開けのための幕開けによる狂詩曲~キミがいればオレたちも笑顔∞~』の魅力【インタビュー】

今年デビュー10周年を迎えた風男塾。現在、風男塾の10年間の歩みを集大成したベスト盤『All Time Best』を発売中。11月15日には、最新シングル『新たなる幕開けのための幕開けによる狂詩曲~キミがいればオレたちも笑顔∞~』をリリース。同作品の魅力を6人に伺った。