1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. コラム

特集一覧 バンド & コラム

【意味深】サザンのTSUNAMI、歌詞に隠れる5つの愛とドラマ

8月1日に『海のOh, Yeah!!』をリリースしたサザンオールスターズ。その中に収録されている平成の名曲『TSUNAMI』は、これまで幾度となくリスナーの間で歌詞が読み解かれてきた作品です。今回、また5人の『TSUNAMI』リスナーにそれぞれの観点から歌詞を読み解いて頂き、こちらでご紹介します!5人が考える『TSUNAMI』の背景をご覧ください。

【コラム】LUNA SEAのROSIERを解明して、魅力に迫りたい

圧倒的な美意識にファンを「SLAVE(奴隷)」と呼んでしまうほどのカリスマ性を持つバンド「LUNA SEA」。1989年に結成された彼らだが、デビュー当時から不動の人気を誇る。 メンバーそれぞれの音楽性も違い、個々人の個性も桁違いに強い。それでもバンドを続けられた理由の一つは、「リーダーを決めない」「メンバーの一人でも反対だと否決」などのルールを決めているからであろう。

【コラム】差別ネタから発展したビートルズ『ゲット・バック』

伝説のロックバンド、ザ・ビートルズが残したシングル『ゲット・バック』。この曲を発表した1969年頃にはグループ内の対立が顕著化していました。『ゲット・バック』の歌詞に、そうした対立の反映をみる解釈もあります。しかし歌詞を実際に眺めてみると、なんとも理解しがたい内容であることがわかるでしょう。 そもそもこの曲は当初別のタイトルと歌詞が用意されていました。今回は現在知られているレコードバージョンと初期バージョンの歌詞を比較することで、『ゲット・バック』についての考察を深めていきたいと思います。