1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. コラム

特集一覧 コラム

謎単語だらけのクイーン『ボヘミアン・ラプソディ』

クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』は、1975年10月31日に発表された楽曲です。その歌詞については、そのまま読めば「気ままに生きてきた主人公が人を殺めてしまい逃げ延びようとするものの、ついには悪魔にとらわれてしまい観念する」という内容です。今回はそれ以上の深い意味を求めることはいたしません。

「ありがとう」の言葉以上に大切なもの。二人の輝く未来を作る 「かけがえのない宝物」とは。

「ありがとう」はとても大切です!とよく歌われていますが『ありがとう』『この言葉以上に忘れないでいて欲しいもの』があると歌う3人組がいます。CTS。メンバーがそれぞれ「○」「△」「□」を象ったマスクをかぶっている覆面3人組ユニット。この記号の意味はユニット名「CTS」を意味しています。

SHISHAMOの「メトロ」に乗って

2017年、紅白歌合戦への初出場を決めたSHISHAMOは、宮崎朝子(Gt, Vo)・松岡彩(Ba)・吉川美冴貴(Dr)で構成された3ピースバンドです。特別で壮大な想いではなく、私たちの身近にある飾り気のない感情をメロディーに乗せて表現する、SHISHAMO。だからこそ、彼女達の楽曲には親近感が湧く主人公が多く登場します。

いつも傍で笑顔を支えてくれるあなたの存在。whoに馳せる大切な人は誰?

「平成の歌姫」と呼ばれる程の大ブレークを果たし「ファッションリーダー」「ミリオンセラーメーカー」…有り余る名声に喝采を浴びてきた浜崎あゆみの存在。「あゆ」の愛称で親しまれ、その存在は華やかで圧倒的。無敵にも見えた彼女の歌には悲痛なものが多く存在します。その反面、表舞台にリーダーとして立ち続ける彼女の苦しみを支え励ます歌も数多く存在します。その歌詞には彼女ならではの世界観で絆や希望、愛が描かれています。

原田知世が温めるのはカフェオレだけじゃない!失恋で傷ついた心を温めてくれる曲

原田知世さんに、どんなイメージを持っていますか?カフェオレのCMで、コーヒーカップを片手にほっと一息ついている、なんていう癒し系なイメージでしょうか。雪のような白い肌に、飾らないナチュラルな魅力。本当に素敵な女性ですよね。そんな彼女も、なんと去年で50歳。世の中には美魔女なんていう言葉もありますが、原田知世は永遠の少女だなあと思いますね。

失恋ソングなのにどこか可愛い??「地獄で会いたい/みるきーうぇい」

大阪発、大人になるのを辞めたバンド「みるきーうぇい」。いじめのことを歌った「カセットテープとカッターナイフ」が話題を呼び、アーバンギャルド主催の「鬱フェス」への出演やモーモールルギャバンと対バンを行うなど、今注目を集めている若手バンドだ。

“完結”するチャットモンチーが見せた、たった1つの桃源郷

チャットモンチーが完結を発表した。チャットモンチーは2000年に結成された女の子のみで構成されたロックバンドだ。2011年にドラムの高橋が脱退するまでは3人編成だった。ドラムが抜けたあとも、「チャットモンチーのドラマーに代わりはいない」として、あえて新メンバーを募らず、二人体制で活動を続けた。そのチャットモンチーが、2018年7月をもって、活動を「完結」する、と発表したのだ。

「津軽海峡・冬景色」 には、聴く人を津軽海峡に連れて行く「ある仕掛け」が隠されていた!

演歌といって、一般の若者が思いつく曲は一体どれだけあるでしょうか?1970年代まではしばしばヒットチャートにランクインするなど広い年代に親しまれていましたが、いまではすっかり「年配の人が聴く音楽」と化してしまいました。年末の「紅白歌合戦」ぐらいでしか耳にしない、という方も多いのではないでしょうか。

三行でわかるジェームズ・ブラウンのソウル

「ソウルの帝王」ジェームズ・ブラウンがレコードデビューを果たした1956年前後、ブラックミュージック界隈では新しい表現方法が芽吹き始めていました。レイ・チャールズをはじめとするR&Bアーティストたちが、本来神への信仰心を歌うべきゴスペルのスタイルをあからさまに借りたポップソングを放ち始めたのです。ブラウンのデビュー曲である『プリーズ、プリーズ、プリーズ』もまた、そんな風潮の中で生まれた曲でしたが、特異な点がありました。

私が雪を待つ理由。それは私と僕が雪に描く男女の違い。

空想委員会には、雪に別れた相手への想いを描いた「僕が雪を嫌うわけ」「私が雪を待つ理由」という歌がある。この歌はタイトルからもわかるように、男性の想いは「僕が雪を嫌うわけ」女性の想いは「私が雪を待つ理由」で歌われている。

『冬の散歩道』:つい人生を語るたくなる若者たち

サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)は、アメリカ人であるポール・サイモンとアート・ガーファンクル、2人組の音楽ユニットです。1960年代に活躍しました。1990年にロックの殿堂入りを果たし、歴史上の偉大なアーティストとして認知されています。本日は、そんなサイモン&ガーファンクルの曲について特集したいと思います。

わーすた『恋するにゃこたん』の「?」と選択肢の中に潜む意思

5人組のアイドルグループであるわーすたは、常に猫耳をつけています。多くの衣装で猫耳がついており、曲も猫要素を入れたものが多く存在。これまでの代表作『犬猫青春真っ盛り』『完全なるアイドル』でも、必ず猫要素が入っています。『恋するにゃこたん』は2017年発表の曲。今回も引き続きタイトルから猫要素が入っていますね。このにゃこたんは、誰に恋しているのでしょうか。