特集ランキング バンド & 歌詞コラム

【バンド & 歌詞コラム】ランキング(6/11付)
1位
謎単語だらけのクイーン『ボヘミアン・ラプソディ』
クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』は、1975年10月31日に発表された楽曲です。その歌詞については、そのまま読めば「気ままに生きてきた主人公が人を殺めてしまい逃げ延びようとするものの、ついには悪魔にとらわれてしまい観念する」という内容です。今回はそれ以上の深い意味を求めることはいたしません。
Column quenjiro
2位
BUMP OF CHICKEN「なないろ」の歌詞の意味は?朝ドラ「おかえりモネ」に重ねて徹底考察!
朝ドラ『おかえりモネ』の主題歌として話題を呼んでいるBUMP OF CHICKENの『なないろ』が配信シングルでリリースされました。バンプらしい表現に込められたメッセージとは?ドラマの内容やMVを解釈しながら、歌詞の意味を考察します。
Column pony
3位
Novelbright「ツキミソウ」の歌詞が切ない。意味と失恋模様を徹底考察!
突き抜けるようなハイトーンボーカルが魅力の5人組ロックバンド『Novelbright』。爽やかな楽曲が多い彼らですが、2020年12月には切ない歌詞が印象的なバラード『ツキミソウ』をリリースしました。胸に沁みる歌詞の意味を考察します。
Column ゆとりーな
4位
歌詞の意味までキケン!?クリープハイプ「キケンナアソビ」を解説
クリープハイプが2020年1月にリリースした『キケンナアソビ』。過激な歌詞と、放送禁止用語を隠す「ピー」音が使用されていることで話題となった一曲です。そんな『キケンナアソビ』に込められた“キケンな”歌詞の意味を解説していきます!
Column DĀ
5位
King Gnu「白日」の歌詞に込められた意味を徹底解説
特徴的なハイトーンボイスで存在感を示すKing Gnu(キング・ヌー)のシングル『白日』は、ドラマ『イノセンス冤罪弁護士』の主題歌です。歌詞に触れながら、タイトルに込められた意味を読みといていきましょう。
Column 岡野ケイ
6位
Official髭男dism「Laughter」の歌詞に込められているのは、自分自身に勝利を告げるためのメッセージ!
Official髭男dismの新曲『Laughter』が2020年7月10日に配信リリースされました。『ノーダウト』『Pretender』に続き「コンフィデンスマンJP」の主題歌となったヒゲダン最新曲の歌詞を考察していきます。
Column 富本A吉
7位
東京事変「緑酒」歌詞の意味を考察!楽曲から見える矛盾とは
ハレの日に執り行われる宴席。日本の伝統的な美を描きだしたMVが印象的な東京事変『緑酒』。楽しげな宴とは対照的に、人間の性もえぐり出す東京事変『緑酒』の歌詞に込められた意味を独自解釈していきます。
Column 岡野ケイ
8位
あたらよ「10月無口な君を忘れる」歌詞の意味に涙。切なさと2人の関係を探る。
『10月無口な君を忘れる』は、東京を中心に活動する4人組バンド『あたらよ』の楽曲。多くの人の共感を呼んだ切ない歌詞の意味や、楽曲で描かれているカップルの別れの真相を読み解いていきます。
Column ゆとりーな
9位
「Pretender」で描かれる男性目線の恋心
映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌にもなり、美しくポップなピアノの旋律が印象的なOfficial髭男dismの「Pretender」。この曲の歌詞には、好きな女性に対する男性の思いが情緒的に描かれているのだ。
Column 蓮実 あこ
10位
グロテスクの裏に込められた愛のカタチ「五月の蝿/RADWIMPS」
今やRADWIMPSという名は世代を超えてたくさんの人に知られている。昨年社会現象にもなった映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」では、日本中の注目を集め、国民的人気バンドになったといえる。そんな彼らの楽曲の中に、『五月の蝿』という楽曲がある。
Column 松原千紘