特集ランキング 歌詞コラム

【歌詞コラム】ランキング(6/4付)
1位
「夜に駆ける」の歌詞の意味とは?YOASOBIが物語を音楽で表現した世界に浸る
『夜に駆ける』の歌詞は『タナトスの誘惑』をモチーフに作られた楽曲です。歌詞の意味と、小説を音楽にするために結成されたユニット『YOASOBI』の作り出す世界観を紹介します。
Column ゆとりーな
2位
DECO*27「ヴァンパイア」歌詞の意味を考察!愛を求めた先に待つのは天国?地獄?
2021年3月9日に公開されたDECO*27,Rockwell feat.初音ミク『ヴァンパイア』は、愛する男性への大胆でストレートな愛情を描いたポップナンバーです。ドキッとするような歌詞の意味を紐解きます。
Column MarSali
3位
BLOOM VASE「Bluma to lunch」の中毒性がやばい!「ブルマとランチ」の歌詞の意味を考察
『Bluma to lunch』は3人組アーティスト『BLOOM VASE』の楽曲。「TikTok」で「ブルマとランチとか行きたいね」のフレーズが話題です。中毒性の強い楽曲ですが、歌詞にはどのような意味が込められているのでしょうか?
Column ゆとりーな
4位
「KING」歌詞の意味は王を処刑する物語?Kanariaが作り出す世界観に浸る
『KING』はMV再生回数がミリオンを達成するなど、今大注目の楽曲。独特な歌詞が多く、様々な考察も飛び交っています。そんなKanariaが作り出す世界観にどんな物語が隠されているのでしょうか。歌詞から考察していきます。
Column マチオカ アム
5位
syudou「キュートなカノジョ」のテーマは浮気?狂気的な愛を歌う歌詞の意味を徹底解釈!
ボカロ曲『キュートなカノジョ』は、syudouが初めて可不を用いて作り上げた楽曲です。恋人がいる男性に恋する男の娘の、狂気的なほどの愛情を表現した歌詞の意味を考察します。
Column MarSali
6位
Ado「うっせぇわ」の歌詞の意味に迫る!右に倣えの社会に一喝
今、音楽界で話題になっている女性シンガーの『Ado』。圧倒的な歌唱力も去ることながら、17才という若さや社会を一喝するような辛辣な歌詞が注目されています。彼女のデビューシングルである『うっせぇわ』の歌詞の意味に迫りましょう。
Column ゆとりーな
7位
Ado「ギラギラ」の歌詞の意味は?少女が持つ劣等感や強さに注目。
圧倒的な歌唱力を持つ女子高生シンガーとして注目されている『Ado』。そんな彼女が2021年2月14日に3作目となる『ギラギラ』を配信リリースしました。今回の楽曲は一体何について歌っているのか歌詞の意味を徹底解釈します。
Column ゆとりーな
8位
YOASOBI「優しい彗星」の歌詞に込められた意味が切ない
YOASOBIの『優しい彗星』が2021年1月に配信リリースされました。『BEASTARS』の原作者の小説『獅子座流星群のままに』を元に書き下ろされた楽曲の歌詞の意味を考察していきましょう。
Column 岡野ケイ
9位
Chinozo「グッバイ宣言」疾走感溢れる歌詞から全人類に捧げるメッセージの意味を考察!
『グッバイ宣言』は、ChinozoのFlowerオリジナル曲です。2020年4月にMV動画を投稿後、自身初となる殿堂入りを達成。全人類に捧げる「引きこもりよ、狂い咲け」のメッセージの意味とは?歌詞から考察します!
Column マチオカ アム
10位
YOASOBI「怪物」歌詞の意味を徹底解釈!自身を貫く大切さを教えてくれる?
第71回紅白歌合戦への出演を果たし、国民的アーティストとなった音楽ユニット『YOASOBI』。2021年ますますの活躍が期待される彼らが1月6日に配信限定リリースした、シングル『怪物』の歌詞の意味に迫ります。
Column ゆとりーな