特集ランキング 男性アイドル & 歌詞コラム

【男性アイドル & 歌詞コラム】ランキング(5/14付)
前の週 | 次の週
1位
嵐「カイト」米津玄師のこだわりとは?歌詞に隠された意味に感動がとまらない!
世界中が危機に襲われた2020年。そんな中、多くの人々に寄り添ったであろう楽曲が、嵐の『カイト』です。米津玄師がプロデュースしたことでも大きな話題となりました。この楽曲に秘められた歌詞の意味と音楽の緻密な構成を徹底解説します。
Column kawer
2位
Snow Man「Snow Dream」はファンにデビューを誓った”約束の歌”
2020年1月にデビューを果たし、大活躍中のアイドルグループSnow Man。現在は9人組グループですが、Jr.時代は6人で活動していました。その頃に発表した名曲が『Snow Dream』です。歌詞に込められたメッセージを読み解きます。
Column kawer
3位
Snow Man「君の彼氏になりたい。」はクールだけどじれったい恋心に魅了される!
Snow Manの2ndシングル『KISSIN' MY LIPS / Stories』のカップリング楽曲『君の彼氏になりたい。』好きなのに素直になれない男性の、じれったい恋心を歌っています。かっこいいメロディに乗せたキャッチーな歌詞の意味に迫ります。
Column MarSali
4位
V6「WAになっておどろう」の破壊力。仕掛け人は角松敏生!
1997年、NHKの「みんなのうた」からブレイクし、V6が7枚目のシングルとしてカバーされた『WAになっておどろう』。この曲が当時の日本に与えた影響力を振り返りつつ、23年が過ぎた今もなお、V6の代表曲として愛され続ける理由に迫ります。
Column 岡倉綾子
5位
SixTONES「うやむや」の歌詞を徹底考察!中毒性に翻弄されてしまう人続出?
2021年1月6日に初となるアルバム『1st』を発売したSixTONES。その通常版に収録された『うやむや』が、今大きな話題を呼んでいます。タイトル通りミステリアスなベールに包まれたこの楽曲。早速その歌詞の意味を考察していきたいと思います。
Column kawer
6位
SixTONES「ってあなた」“きょもほく”の卓越した音楽表現!切ない男心を描いた歌詞の意味を考察
SixTONESが2021年1月6日にリリースした1stアルバム『1st』。今回ご紹介するのは、その初回盤B「音色盤」に収録されている、京本大我×松村北斗のユニット曲『ってあなた』です。艶やかな世界観が話題沸騰中のこの楽曲の歌詞を徹底解釈していきます。
Column kawer
7位
二宮和也「虹」極上のラブソングの圧倒的人気の秘密は?
『虹』は、嵐のソロ曲の中でも人気の高い曲です。二宮の曲には独特の世界観が漂っていますが、その中でもとりわけが高い人気を誇るのはなぜか?「虹」が意味するものにも注目し、その秘密に迫ります。
Column 岡野ケイ
8位
Snow Man「Grandeur」歌詞の意味を徹底解明!新進気鋭のアイドルグループが目指す高みとは?
今、Snow Manの『Grandeur』(読み:グランドール)がカッコよすぎると話題になっています。彼らの持ち味であるシンクロ率の高いダンスが見どころの1曲です。新進気鋭のSnow Manが誇る『Grandeur』の世界観を、歌詞の意味から解き明かします。
Column kawer
9位
二宮和也「20825日目の曲」の数字に込められた意味は?
『20825日目の曲』は、嵐の12枚目のアルバム『LOVE』に収録されている、二宮和也のソロ曲です。「20825」という数字が意味するものとは?そこに込められた秘密を読み解いていきましょう。
Column 岡野ケイ
10位
Snow Man「ファンターナモーレ」は毎日がもっと楽しくなるポジティブソング!
Snow Manの2ndシングル『KISSIN' MY LIPS / Stories』に収録されている『ファンターナモーレ』は、毎日を楽しむための前向きな気持ちを歌った楽曲です。爽やかなフレーズが詰まった歌詞の意味に迫ります。
Column MarSali
前の週 | 次の週