特集ランキング J-POP

【J-POP】ランキング(12/13付)
前の週 | 次の週
1位
改めて聴くとやばい!JUJUの『やさしさで溢れるように』が最高
日本を代表するアーティストの一人でもあるJUJU。NYで音楽活動の経験を活かして、日本でも大活躍されている彼女。そんなJUJUの9枚目のシングル『やさしさで溢れるように』には、聞けば温かい気持ちになれます。歌詞の意味に触れつつ、その理由をご紹介します。
Column
2位
中島みゆき『糸』 幸せではなく「仕合わせ」と歌詞に書かれている理由とは・・。
皆さんは、しあわせを漢字で書く時どう書くでしょうか?北海道札幌市出身のシンガーソングライター中島みゆきさんが歌う名曲『糸』の歌詞では『仕合わせ』と書かれているんです。そこには深い意味がありました。
Column 笹谷創
3位
【関ジャム】プロも驚くボイストレーニング!
12月1日に放送された「関ジャム完全燃SHOW」では、ゴスペラーズ、安倉さやか、今井マサキがハーモニーを深堀り!ボーカリストの声を4つに分類し、それぞれのテクニックなど、歌唱のプロたちが解説します!
Report こがさいし
4位
関ジャニ∞新始動!ドラマ主題歌「友よ」に見る等身大の姿
2019年11月27日に関ジャニ∞が、5人体制になって初のシングル『友よ』をリリースしました。ドラマ主題歌にも起用された同楽曲の、熱のこもった人間味溢れる歌詞から関ジャニ∞の「今」を読み解いていきます。
Column 岡野ケイ
5位
スラムダンクED・大黒摩季「あなただけ見つめてる」は、アニメへの皮肉だった?
大黒摩季の名曲「あなただけ見つめてる」。90年代に爆発的人気を博したアニメ「SLAM DUNK」の初代エンディングテーマ
Column 毛布
6位
【関ジャム】スピッツ特集!プロも恐れるスピッツの才能!
数々の名曲を生み出してきたスピッツが持つ、歌詞の深さや、ボーカルの声の魅力、曲調などそのスゴさを徹底解説!ゲストのゲスの極み乙女。の川谷絵音と、作詞・作曲家杉山勝彦がプロの視点でスピッツ音楽をひも解いていきます。
Report こがさいし
7位
アーティストのプロモーションのベストな方法をUtaTenがご提案します!
楽曲リリース時やワンマンライブなど勝負の時には、プロモーションを集中投下する意味があります。日本最大級の歌詞サイト&音楽メディアUtaTenでは、ネットメディアの媒体力とTwitterなどのソーシャルサービスの運営ノウハウでアーティスト・タレント・アイドルのプロモーションをお手伝いします。
Editor UtaTenからのお知らせ
8位
『UtaTen』の“便利な歌詞検索の仕方”とは?
UtaTenのサイトはユーザーさんが使いやすい機能がたくさん!そのうち、今回は「歌詞検索」の便利な活用方法についてお教えいたします!
UtaTenからのお知らせ
9位
井上陽水『少年時代』に散りばめられた造語には本当に意味はないのか?
1990年9月にリリースされた井上陽水の『少年時代』は、自身の最大のヒット曲であり、代表曲の一つに挙げられている。
Column 川崎龍也
10位
そのレシピが2人の夜を幸せに変える。山下達郎の大人なラブソング「RECIPE」
どんな1日を過ごした夜でも、幸せのレシピがあれば幸せになれる。山下達郎が歌う、喜怒哀楽、すべてが幸せへと変える、大人なラブソングです。
Column 桶木英明
前の週 | 次の週