特集ランキング J-POP & 歌詞コラム

【J-POP & 歌詞コラム】ランキング(1/24付)
1位
【歌詞コラム】GASSHOW「鬼滅の刃」で再燃、野田洋次郎からあなたへのメッセージとは?
2013年の発売から6年を経てillionのアルバム曲『GASSHOW』がSpotify急上昇チャートにランクイン。SNSを中心に話題を呼び、注目を集めています。この記事では、その裏に隠された再ヒットの理由と、楽曲が持つ重厚なテーマを考察します。
Column ヨギ イチロウ
2位
中島みゆき『糸』 幸せではなく「仕合わせ」と歌詞に書かれている理由とは・・。
皆さんは、しあわせを漢字で書く時どう書くでしょうか?北海道札幌市出身のシンガーソングライター中島みゆきさんが歌う名曲『糸』の歌詞では『仕合わせ』と書かれているんです。そこには深い意味がありました。
Column 笹谷創
3位
「ファイト!」は応援ソングじゃない。中島みゆき、自身を鼓舞する闘いの唄
結果を残して欲しいから、本当に頑張ってほしいから人は相手へ言葉を贈る。 相手を想う気持ちは本物なのだろうが、その声援は使い方を間違えるとプレッシャーや、相手を追い詰める言葉にもなる。
Column 空屋まひろ
4位
関ジャニ「Faaaaall in love」で大人の魅力全開!
ニューシングル『友よ』で話題を呼んだ関ジャニ∞ですが、カップリング曲『Faaaaall in love』もファンの間で人気の楽曲です。USJの人気アトラクションとコラボした、ジェットコースターのようなラブソングとは一体!?
Column 岡野ケイ
5位
「アナ雪2」代表曲「イントゥ・ジ・アンノウン」の歌詞に隠されたエルサの心とは
エルサは、なぜ魔法の力を持って生まれたのか。その謎が明らかになるという映画『アナと雪の女王2』。前作『Let It Go~ありのままで』に続き大流行するであろう『イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに』の歌詞を読み解く。
Column 島田たま子
6位
大反響!wacci「別の人の彼女になったよ」が泣ける訳は?
wacciの『別の人の彼女になったよ』が配信されたのは、2018年8月22日。配信から1年近く経った今も人気は衰えない秘密は何か?ボーカルの橋口洋平が放つ歌詞の魅力に迫る。
Column 岡野ケイ
7位
卒業式の定番ソング「蛍の光」の歌詞の意味とは?
童謡「蛍の光」といえば、卒業式の定番ソング。子供の頃は言われるがままに歌っていましたが、よく考えると深い意味は知らない……なんて方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「蛍の光」の意味について解説いたします!
Editor ゆとりーな
8位
「キスだけでfeat.あいみょん」で表現される愛と官能の世界
俳優と歌手という二足のわらじを履いて活動している菅田将暉。あいみょんが作詞・作曲をした「キスだけでfeat,あいみょん」は、どこか色気を含んだ菅田将暉の歌手としての魅力が活かされた楽曲の1つだ。
Column 蓮実 あこ
9位
ユーミンの名曲!『ルージュの伝言』のちょっぴり怖い歌詞
いわずと知れた大物歌手、松任谷由実。ベストアルバム『日本の恋と、ユーミンと。』の完結編となる、自薦によるベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』がリリースされたのも記憶に新しい。
Column 毛布
10位
がっこうぐらし!OP『ふ・れ・ん・ど・し・た・い』明るい歌詞にはSOSが隠されていた!?
アニメ『がっこうぐらし!』そのオープニングテーマとなったのが学園生活部の4人が歌う『ふ・れ・ん・ど・し・た・い』だ。