特集ランキング ビジュアル系 & コラム

【ビジュアル系 & コラム】ランキング(11/24付)
前の週 | 次の週
1位
幻でも逢いたい…Acid Black Cherry「冬の幻」に見る想いの強さ
今年は、暖かい冬と言われている。しばらく雪を見ていないと思った人は多いはずだ。しかし、降ってしまえば情け容赦なく降り続いて、街を白で覆い尽くすだろう。
Column 空屋まひろ
2位
ラルク「雪の足跡」で知る、わかりにくい冬の優しさ
暖冬から、本格的な冬へ移った今日この頃。 急に寒くなった今年は、風が一層冷たく感じられる。 それに加えて都内では氷点下を記録、大雪に断水と続けば冬に良いイメージを持てというのは今年も難しそうだ。
Column 空屋まひろ
3位
Acid Black Cherry、復活への不安と葛藤の日々が染みこんだ「Re:birth」
Acid Black Cherryの楽曲の中で、Re:birthという曲があります。 メンバーのyasuは、2009年におこなわれたQEDツアーで、初日の越谷公演では、声が出なくなり当日ギリギリで中止となっています。喉に異常をもちながら、初日の越谷以外は、喉の調子をみながらなんとかファイナルの日本武道館まで継続できました。しかし、ファイナルの日本武道館終了後に手術、療養ということになりました。
4位
ラルクが見せたゲーマー魂!「DRINK IT DOWN」恐怖を味わうダークソング
アクションゲームとして海外でも人気を誇る「Devil May Cry(デビルメイクライ)」。 その4作目となる「Devil May Cry4」は人間界を護った悪魔:スパーダの息子たちの物語から話は進み、舞台は城塞都市フォルトゥナへ。
Column 空屋まひろ
5位
その女々しさが大人気で辛いよ!ゴールデンボンバー
「女々しくて」で一気にお茶の間の人気者になったゴールデンボンバー。 この曲が飲み会やカラオケなどの席を盛り上げるようになってから数年が経ちますが、この「女々しくて」には色んなバージョンが存在する事をご存知ですか?
6位
デビュー10周年!武道館目前にして活動休止宣言。V系バンドSuGってどんなバンド?
SuG(サグ)はツインギターの5人組ヴィジュアル系ロックバンドだ。楽曲ごとに作りこんだストーリーを展開し、主に20代のファンが多い。活動初期からHeavy Positive Rock(ヘヴィー・ポジティヴ・ロック)をコンセプトに掲げている。
Column 辻瞼
7位
これは紅白では歌えない。ゴールデンボンバー『死 ん だ 妻 に 似 て い る』
紅白で4年連続で『女々しくて』を披露したゴールデンボンバー。ここ数年の紅白の風物詩のようになってきました。紅白は昔から賑やかし要員のアーティストがいましたが、ここ数年はこのエアバンドの独壇場です。『女々しくて』自体は2009年の曲。ロングランヒット曲なんですね。
Column 改訂木魚(じゃぶけん東京本部)
前の週 | 次の週