白華の檻~緋色の欠片4~四季の詩に関する歌詞