「crab, reactor, future」の歌詞 くるり

2012/9/19 リリース
作詞
岸田繁
作曲
岸田繁,吉田省念
文字サイズ
よみがな
hidden
Maybe there's the plastic paradise マイナス10℃の
The frozen world besides disposing facility いきをひそめて

アトムの夢見ゆめみ太陽照たいようてらす 向日葵ひまわり種持たねもって 永久凍土えいきゅうとうどからせプルートゥ

I am transmitting electricity for your poor-
guitars while eating “echizen-crabs”
that the mayor from somewhere has sent

I'm waiting for the people will forget about this
Then, finally my brain feels locked completely

For future, reactor, taste of crabs
For future, reactor

It is not easy to tell even for a crab expert
It is not easy to tell even for a crab expert

Maybe there's the plastic paradise マイナス10℃の
The frozen world besides disposing facility いきをひそめて

(日本語訳にほんごやく)
多分たぶんそれはプラスチックでつくられたパラダイス
マイナス10℃のてつく世界せかいかたわらにある処理施設しょりしせつ
いきをひそめて

アトムの夢見ゆめみ太陽照たいようてらす 向日葵ひまわり種持たねもって
永久凍土えいきゅうとうどからせ プルートゥ

どっかの市長しちょうさんからいただいた越前えちぜんがにをべながら
きみ下手へたくそなエレキギターに送電そうでんする

みんながわすれてくれるのをっている
そしてぼくのうみそは完全かんぜんざされる

未来みらいのために

原子炉げんしろはどうするの

かにあじ(最高さいこう !!)

未来みらい 原子炉げんしろ

カニの専門家せんもんかでさえそれを見分みわけることは容易よういではない