1. RAIN RAIN歌詞

「RAIN RAIN」の歌詞 とんねるず

1992/7/24 リリース
作詞
秋元康
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
いとしさをれずに
真夜中まよなかにかけた電話でんわ
アンサーフォン 受話器じゅわき らずに
いているおまえがいる

できるならば このうで
きしめたいけど
かなしくさせるだけ

RAIN RAIN
あめだけはってるだろう
おれこころ
みるバラード
RAIN RAIN
あめだけはってるだろう
くるおしいほど
あいしているぜ
おまえにいたい
あめいている

どれくらい おまえのことを
たせれば いいのだろう
おれだけをきずつけてくれ
そのさきえないあい

めぐりいの順番じゅんばん
いまさら めても
運命うんめいわらない

RAIN RAIN
おまえにも こえるだろう
はなれていても
おな雨音あまおと
RAIN RAIN
おまえにも こえるだろう
一瞬いっしゅんだって
わすれちゃいない
いますぐ いたい
あめまない

RAIN RAIN
あめだけはってるだろう
おれこころ
みるバラード
RAIN RAIN
あめだけはってるだろう

くるおしいほど
あいしているぜ
おまえにいたい
あめいている

RAIN RAIN
あめなか あるいてこう
つらいさびしさ
まぎらすように
RAIN RAIN
あめなか あるいてこう
馬鹿ばかおとこ
本気ほんきなものさ
おまえにうまで
あめ