「恋桜」の歌詞 ななみ

2015/2/3 リリース
作詞
ななみ
作曲
ななみ
文字サイズ
よみがな
hidden
こころなかはなづいた
あまりにもおそすぎた
今年ことしはるにこのまち旅立たびだ
貴方あなたむねをはった

そのひとみにはかぞえきれぬほど
未来みらいがつまっていた
おもひろあつめる
わたしとはちがっていた

最後さいごだからとおもいをつたえるのは
わたしのためで 貴方あなたのためじゃないから

なみだとひとひらのはなびらが
しずけさとやさしさとちていく
わたしがおづかぬふりをしてた
貴方あなたづいていた

この気持きもちにのこされた時間じかん
あまりにもすくなすぎた
去年きょねんはるづいていたなら
なにわっていたかな

かがや背中せなか素直すなおせないのは
わたしのせいで 貴方あなたのせいじゃないから

笑顔一粒えがおひとつぶ恋蕾こいつぼみ
さわぎだしたむね花開はなひら
わたし気持きもちにづかぬようにしてた
貴方あなたづかぬまま

できることなら
貴方あなた名前なまえんで
今振いまふかせて『き』とさけびたい

りゆくさくらはなびらと
わたしこいはなはよくていた
あまりにうつくしいおも
まだながめていたいのに

なみだとひとひらのはなびらが
しずけさとやさしさとちていく
旅立たびだ貴方あなた背中せなかとこのおもいを
とも見送みおくった