「ビードロ模様」の歌詞 あの夏で待ってる ED やなぎなぎ

2012/2/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
さがしていた きになる理由りゆう
もっともらしい言葉ことばだとか

づいたとき いともつって
固結かたむすびがひどくなってた

躊躇ためらわないでえたのなら

きみはもうかないの

くもかたち けるおもいの衝動描しょうどうえが
ただよ真夏まなつかおりに 何度なんどおもしてる
だれれた軌跡きせきだけ
夕立ゆうだちのように ぽつりといろみだしていた

レンズしにながめてた世界せかい
他人事たにんごとのようにうつ

くしていた気持きもちをったとき
ぼくらの時間じかん うごした

はかりにかけるこい質量しつりょう

どうしたってわない

そらかたち ける
ぎんこうまで
日差ひざしのまぶしさ 温度おんどのこらず全部欲ぜんぶほしい
だれあるいたみちにだけ つづいてくひかり
硝子ガラス反射はんしゃしてそそ

こたえをしたそのさき
どんな未来みらいつづいても
きだといたい
きみきといたい

たしかにあった あのなつ
おさな記憶きおく
とおうみへとばそう