「一雫」の歌詞 やなぎなぎ

2015/3/1 リリース
作詞
町田紀彦
作曲
羽岡佳
文字サイズ
よみがな
hidden
部屋へやあかりをすべてして
まどからえるなつよる
ほしささやきやさしいかぜ
つつみんでこころさそ

とまどいつづけて
素直すなおになれずにいたけど

やさしさにはじめて出逢であったころ
このむねおくがハガユクかん
何故なぜひとしずくなみだほお
そっとつたわったよ
それはあなたがこころなかに…ふれたの

ふっとづくととおえてた
そらあかるくあたたかくて
両手りょうてばしてきしめてた
まよいも不安ふあんえていた

あなたの存在そんざい
すべてをめつくしていた

ずっとそばにいたいとおも気持きもちは
次々つぎつぎあふさえれずに
自然しぜん素直すなおいまわる自分じぶん
つたえたいおもい…
それはあなたがこころなかに…いるから

やさしさにはじめて出逢であったころ
このむねおくがハガユクかん
何故なぜひとしずくなみだほお
そっとつたわったよ

ずっとそばにいたいとおも気持きもちは
次々つぎつぎあふさえれずに
自然しぜん素直すなおいまわる自分じぶん
つたえたいおもい…
それはあなたがこころなかに…いるから