1. 真実の羽根歌詞

「真実の羽根」の歌詞 ヨルムンガンド PERFECT ORDER ED やなぎなぎ

2015/3/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
めてつたわる
色艶いろつや温度おんど
がろうとしてくずれていくすなあし

うみのような群青ぐんじょうただよって
わりまでなにえなかった
華奢きゃしゃ輪郭りんかくおも

とおざかる心度しんど距離きょり
ゆっくりちるつぎ記憶きおくはこ
ひらつづけたならいつか出会であえるのだろうか

そんなゆめ見続みつづけてる
おな世界せかい
おな時間じかん
ずっと

まっさらなつばさ一欠片ひとかけらにとって
銀色ぎんいろ上皿うわざら
変化へんかしていくトルク

すのは心臓しんぞう
薄鈍うすにびで どちらにもまりきれなかった
みとなみだざったよう

がる最後さいご羽根はね
しずかにちる
かげのこしたまま
そうして天秤てんびん二度にどかたむくことは

たびてにるだろうか
憧憬しょうけい真実しんじつ場所ばしょ

久遠くおんさきさきまでもとあるいた

らめく視界しかいほのお
ふっつりえて みち途切とぎれさせた
いままぶたうらひかてんたよりにして

たびてにつけるだろう
永遠えいえんこう
真実しんじつ羽根はね