1. 自分白書歌詞

「自分白書」の歌詞 アリス

1980/8/25 リリース
作詞
谷村新司
作曲
矢沢透
文字サイズ
よみがな
hidden
本棚ほんだなのすみに見付みつけた いろあせた教科書きょうかしょ
ペイジをめくれば かすかに
ほこりのにおいがした
わすれていたあのあつ胸騒むなさわぎが
こころ水面すいめん波紋はもんひろげてゆく

落書らくがきなのかもしれない
なぐりきのペンの文字もじ
"はや大人おとなになりたい"と それだけがいてある
溜息ためいきまじりの 頬杖ほおづえをつきながら
やりのない いらだちをかんつづけていた

かえればふゆほし
ベンチにねころびながら
こんな大人おとなになるなんて
これがわたしのスティトメント

わかいと言葉ことばだけで ゆるされてたあのころ
としかさねれば たしかにかなしみがえてくる
いつかはおれもと つぶやけばまたさむ
臆病おくびょうにならなければ きてゆけないのか

かえればふゆほし
ベンチにねころびながら
こんな大人おとなになるなんて
これがわたしのスティトメント

少年しょうねんAにもどれたら
いまさらやんでみても
こんな大人おとなになるなんて
これがわたしのスティトメント

あのころ ゆるせなかった 大人おとないまここにいる
あのころ ゆるせなかった 大人おとないまここにいる