「青春ノート」の歌詞 アリス

1974/6/20 リリース
作詞
なかにし礼
作曲
都倉俊一
文字サイズ
よみがな
hidden
ベージュいろ落葉おちばひとふたならべながら
ぼくはきみ名前なまえあさ舗道ほどういた
はとにえさをあげてる そんなきみのスケッチした
ぼくのノートブックは いまきかけのまま
青春せいしゅんきずついて
季節きせつながれすぎて
きみのいないこのむねかぜきぬける
ひとはみんなだれでも きるためにくるしむもの
だからきみあい大切たいせつにしたかった

あめかぜでペンキのいろもはげたベンチだけど
今日きょうこしをおろして きみをしのんでいるよ
並木道なみきみち銀杏いちょうゆびってかぞえられる
きみとぼくの季節きせつ二度にどかえってない
青春せいしゅんきずついて
季節きせつながれすぎて
きみはどこの街角まちかど枯葉かれはてるの
こいはガラスみたいにこわれやすくはかないもの
だからきみあい大切たいせつにしたかった