1. むすんでひらいて歌詞

「むすんでひらいて」の歌詞 キンモクセイ

2004/12/1 リリース
作詞
伊藤俊吾
作曲
伊藤俊吾
文字サイズ
よみがな
hidden
このわりにかいすすふね季節きせつうつわりまでくるわせる
ちちははひかりびてきたから きてる

二人ふたり びることをのぞむならば じらいなどててひととしてある
桃色ももいろけてるきみみみてると こころ

むすんで ひらいてやさしくなれる たしかにながれる血潮ちしお いて
なみだながしてきてもいいなら ぬまできみはなさないと
そうおもえる このごろ

わたしこころみる季節きせつはな 節目ふしめおとずれにいた一輪いちりん
またうたおうか 一頃ひところとはちがわたしねがって

むすんだこぶし小指こゆびからかぞえ いつしか両手りょうてりぬほど
月日つきひはやさにけないように ぬまできみはなさないと
そうおもえる このごろ

むすんで ひらいてやさしくなれる たしかにながれる血潮ちしお いて
なみだながしてきてもいいなら ぬまできみはなさないと
そうおもえるこのごろ
そしてながれるなみだ