「朝顔」の歌詞 コブクロ

2001/8/29 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
あんまりとおくへかないで
いつでもそばにいてくれたから なおさら
すこしでもちかくに いてほしい

こんなになみだるのなら
あのままあめにうたれてしまえば
きみ涙見なみだみられずにすんだのに

こわれたラジオ みどりいろのギター
あの部屋へやさえも いまだれかのもの

学校がっこうがえりまちあわせた
堤防沿ていぼうぞいの公園こうえん いま時々ときどき
ベンチにひとり ムネがドキドキ

なんだか一人ひとりれました
今度君こんどきみえるなつおもうだけで
さみしさ せることをおぼえた

最近電話さいきんでんわおおいのは
ゆめまちったきみでさえ
都会とかいかぜつよすぎるのか

よるければ きみえるのに
あさてない 朝顔あさがおのようにさ

なんだかすこしやせちゃったね
言葉ことばすこわってしまってたけど
笑顔えがおいまもあのころのまま

(このままどこへもかないで)
本音ほんねがホロリ てしまいそうになるから
電車でんしゃのドアよ はやまって
ホームに一人ひとり
なつまで ひとり