1. 東京の冬歌詞

「東京の冬」の歌詞 コブクロ

2004/11/3 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
東京とうきょうふゆさむくて きみ手紙てがみいた
ゆう電話でんわはなした事全部ことぜんぶ うつしてるみたいで やめた
線路沿せんろぞいのがったかべ一面いちめんのグラフィティー
まるで いまにもさけびだしそうな ざしてしまったような ひとみ

このまちこわれたメリーゴーランド とされないように
このともしたねがいをそっとらすよ

ゆきわる 雨粒あまつぶがまつげにぶらがって
一瞬いっしゅんだけぼんやりと きみえたがした
とどとどけとらしてるこのメロディー
まだまだとおはるやさしいきみもと

道玄坂どうげんざか雑踏ざっとうびる 孤独こどくかぜ
せまい ビルの隙間すきまながんで 青枯あおがいろそらけた

未来みらいげかけたこたえが かえされたっていい
このばしてつかんだいまつなぐよ

ゆめのカタチ このまち何処どこかにつけして
よどんだくも隙間すきまから にかざすよ
とどとどけとらしてる このひかり
まだまだとおはるちかいをてるように

ゆきわる 雨粒あまつぶがまつげにぶらがって
一瞬いっしゅんだけぼんやりと きみえたがした
とどとどけとらしてるこのメロディー
まだまだとおはるやさしいきみもと
まだまだとおはるへ あのきみもと