1. 運命船サラバ号出発歌詞

「運命船サラバ号出発」の歌詞 コブクロ

2010/8/25 リリース
作詞
川畑アキラ
作曲
川畑アキラ
文字サイズ
よみがな
hidden
サラバいとしきひとよ サラバむなしきあい
たきのように涙流なみだながひとがいたら

運命うんめいなんてうな 当然とうぜんかおすんな
ながれたなみだなら ふけばいいじゃないか
運命うんめいだとすれば あきらめもつくか
過去かこなにうまってるの ひか三艘さんそうふね

黄昏たそがれまちおとこふね
わらない、しょうがない」
それがおとこ口癖くちぐせ

見慣みなれぬ風景ふうけいになぜに戸惑とまどうのか
あたらしい このかぜかれようとしないのか

(ひとつ)一人ひとりのために (ふたつ)ながしたなみだ
(みっつ)みんなのために おさえる調和ちょうわ必要ひつよう

あさひるよるこころとらえてはなさない
不安ふあんせてはしひか三艘さんそうふね

霧深きりふかあさ彼女かのじょふね
「がんばろう、とどけよう」
それが彼女かのじょ口癖くちぐせ

見慣みなれた風景ふうけい彼女かのじょはなぜわら
日常にちじょうやさしさをひろつなげられるのか

(一人ひとり)最初さいしょだれも (二人ふたり)あいしあったら
(みんな)自然しぜんたかく うねりをもってきるのさ

だれ一度いちどとおあませつなきみち
期待きたいせてはしひか三艘さんそうふね

ああうちなる自分じぶん そとから自分じぶん 理想りそうめざす自分じぶん
本当ほんとう本当ほんとういまいまいまかがやいているのか

運命うんめいなんてうな 当然とうぜんかおすんな
運命うんめいだとすれば あきらめもつくか
見送みおくひとがいる テープがげられる
さあさあふねる さあさあ出発しゅっぱつ

サラバいとしきひとよ サラバむなしき自分じぶん
ロマンをせてはしひか三艘さんそうふね
ひか三艘さんそうふね ひか三艘さんそうふね

サラバごう サラバごう サラバごうはし
サラバごう サラバごうゆめせて