「願いの詩」の歌詞 コブクロ

2002/7/10 リリース
作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
どろだらけのふくしたまた今日きょうもひとつ
えたきず パパにだけせてわらってた
夢見ゆめみたもの ひとつずつはこにしまって
いつかぼく大人おとなという けがらになる

なつわりにうつむく向日葵ひまわり
太陽昇たいようのぼれとまたときってる
やっと気付きづいたこころきずあと
そっとかくしながら

もしもぼくがあのころぼく手紙てがみ
せるならどれくらい真実しんじつけるだろう

まばゆひかりにうつむくもある
希望きぼうおもさにけない孤独こどくつよさを
おもいは未来みらい運命さだめえてく
きっとこんな時代じだいでも…

かごれられたとりはいつしか自由じゆううしなってた
あるあさ してみたけれど もうべなくて…

なつわりにうつむく向日葵ひまわり
ぬぐいきれないかなしみのあめかさ
とがったこころにやわらかな毛布もうふ
つめたいかべにはきみ

無名むめいのランナーに声援せいえんかぜ
れにはぐれたひつじにママの居場所いばしょ
あいするひとうたがいのりを
このぼくねがいを このうたきみ
あのころぼく